Columbia University LL.M. Program 締切日発表

Columbia University LL.M. Programが早々に出願締め切り日を発表しました。

Early Review 2020年11月1日
同校を第一志望とする受験生を対象としたものです。ここでの注意すべき点は、11月1日までに大学以降の教育機関で発行された成績表、推薦状、レジュメ、エッセイ、アプリケーションフォーム、テストスコアの全書類がAdmissions Officeに必着という点です。

Regular Review 2020年12月18日
Regular Reviewは、その他の主要なLL.M.プログラムと同様に12月中旬に設定されております。Early Reviewの時と同じく全出願書類がAdmissions Officeに必着です。

https://www.law.columbia.edu/admissions/llm/apply-llm-program

Early Reviewで出願した方が有利になるのか?
早く出願することだけではなく、提出書類の質を高めることが最優先です。プログラムが求めるMinimum Requirementに達しない状態、さらにはEssayが80%程度の出来栄えで出願したとしても合格は極めて難しいと言わざるを得ません。受験生の目標は出願ではではなく、志望校への合格です。
Columbiaのように、複数の締め切り日を設定するLL.M.プログラムは他にも存在します。出願書類、スコアを検討した結果、Early ReviewではなくRegular Reviewにむけてそれぞれの質を高めて出願したほうが、合格の可能性を高める場合もあります。自らが納得する書類のクオリティー、スコアを揃えた上で出願へと踏み切っていきましょう。

皆さんの現状を確認し、正しい準備プランを作成いたしましょう
LLM出願戦略コンサルティング 個別クイックアドバイス実施中!
2021年の留学を目指す方限定で、アゴス・ジャパン出願戦略コンサルタントによる個別アドバイスセッションを実施します。
こちらからご予約ください
https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/eventreservation/index.php?op=cal&cid=11

次回の投稿では質の高い書類のクオリティ、出願要件を満たすスコアについてColumbia LL.M.のFAQサイト(以下をご参照ください)を皆さんと一緒に確認しながら、重要なポイントを解説いたします。

Columbia LL.M. FAQ
https://www.law.columbia.edu/admissions/llm-admissions/frequently-asked-questions-faq

Eiki Satori

Author: AGOS Consulting Team

@AgosJapan (formerly Princeton Review of Japan) – 25 years of experience. Best MBA, LL.M, and MPP admissions results in Japan.