GMAT 学習が留学中の英語生活に大いに貢献

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

現在、米国の某州立大学Executive MBAプログラムに留学中の方から近況のご報告を頂きました。GMAT 試験対策が留学後の英語力の向上に大いに役立ったとのコメントを頂きましたので、ご紹介します。(ご本人から公開のご承諾をいただいています)

留学中に純粋に英語の実力確認のため GMATPrep を受験されたというご報告は、20年にわたる私の講師経験の中でも初めてかもしれません。(笑)

———————-

大変ご無沙汰いたしております。一年ほど前GMATの講座でお世話になりました○○です。覚えていらっしゃるでしょうか。

昨年末、○○ EMBA に合格し、今年の3月より○○に留学しております。

GMATに関しましては大変お世話になりました。結局、三回受験した時点で600を超えることができず(むしろスコアは下がり続けました)、スケジュール的にも精神的にもかなり煮詰まってしまい、より過去のキャリアを活かせる道を探った結果、ミッドキャリア向けのMBAプログラムに落ち着きました。

そういう訳で、結局GMATでは目標点に到達しなかったのですが、先生に教えて頂いたことは思わぬ点でとても効果がありました。まず、TOEFLのReadingとWritingです。GMAT講座受講後にTOEFLをぶっつけで受験したのですが、Readingについては満点、Writingについても27まで上昇し、一回でRequirementをパスすることができました。GMATの難解なRCを経験していたこと、また、Verbalの授業で文法を徹底的に基礎から学習し直したことで、文章の表現の幅が大きく広がったことが要因と思います。

また、先日まで大学の語学コースにも参加していたのですが、ここでもGMATの学習で培った英文法の知識が大いに役に立ち、Outstanding Student Awardを受賞するとともに、特にWritingのクラスでは数十か国、数百人の生徒が集う中で首席を獲得することができました。これまでWritingは自分にとって苦手分野だったのですが、英語表現の幅が大きく広がったことで、今は英文を書くことを楽しく思えるまでになりました。

ただ、GMATについてはずっと自分の中で挫折経験として心に引っかかっておりました(30代後半という年齢的な制約もあり、トップ校を目指していた訳ではありませんでしたので、今の選択に後悔はないのですが)。そこで、今回改めて一年振りにGMAT Prepに挑戦してみましたところ、Verbal 31という結果が出ました。必死に勉強していた一年前には決して取ることができなかったスコアです。

以前、先生から知識の定着には一定の時間がかかる、というアドバイスを頂きましたが、まさにその通りだったのだな、と今更ながら実感した次第です。自分の中で具体的に何かが変わったという意識はないのですが、以前よりはるかに問題が「見える」ように感じました(勿論、プレッシャーを感じなくて済んだという点も大きいかと思いますが)。本番で結果を出せなかったことは今以って残念ではあるのですが、これでようやくGMATの呪縛から卒業できたような気がします。

GMATの学習は単にGMATだけのものではなく、本当の意味で英語力を底上げするものだったと感じており、先生には大変感謝しております。また、今現在GMATのスコアが伸び悩んでいる方も、教えられたことをきちんと身に着けて行けば、時間はかかろうともいつかきっと物になるということを知って頂ければと思いメールを差し上げた次第です。

残念ながら試験は結果が全てですので、GMATにおいて私は決して出来の良い生徒であったと言うことはできないのですが、今後GMATに挑まれる後進の方々へ少しでも参考になればと思います。

ありがとうございました。

—————————–

GMAT試験対策サミット 2014 に参加しました!

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

9月17日、北京のCrowne PlazaホテルでGMAC主催の2014 GMAT Test Prep Summitが開催されました。
GMATの中心的プログラム開発者であるGMAC Vice PresidentのFanmin Guo博士をはじめとするGMACスタッフ6人のスピーカーによる9:00amから5:00pmまでのイベントに、中国、台湾、アメリカ合衆国、ロシア、韓国、日本から約100人のGMAT試験対策校関係者が参加しました。
イベント参加者の9割以上は中国本土の試験対策校関係者で、アメリカ、ロシア、台湾、韓国からはそれぞれ1~2人ずつ出席していました。日本からの参加は私1人だけでした。

3.jpg

会場では何度も爆笑が起きるようなカジュアルでフレンドリーな雰囲気の中で、GMATの採点の仕組み、スコアの信頼性、問題のクオリティ確保、受験戦略、試験準備、国別の受験者のトレンドや属性、GMACと試験対策校との提携ポリシーなどについて、詳細な説明が行われました。
会議中だけでなく、昼食や夕食会、休憩時間などでも、GMACスタッフたちは丁寧に私たち試験対策校関係者の質問に答えてくれました。

GMAT試験に関する情報としては、以下のような内容が紹介されました。

  • IRスコアを試験当日に確認できるようになり、正式なスコアが受験者やビジネススクールに送付される平均期日が約1週間に短縮された
  • GMAT4セクションのうち、MBAプログラム入学後の成績と最も相関性が高いのはIRセクションのスコア。
  • VerbalとQuantitativeの最高スコアは、それぞれ51点。公式な発表である0~60点というのは、古いバージョンのGMATの名残。実際には6点~51点で採点される。
  • 1問にかける時間は、採点に無関係。たとえば、ランダムクリックして1問1秒で正解した場合でも、1問に数分かけて正解した場合でも配点は同じ。
  • Verbal3科目(SC, CR, RC)とQuantitative2科目(PS, DS)は、それぞれセクション内で平等の重みで扱われる。たとえば、RCの方がSCよりも一般的に配点が高い、というようなことはない。
  • 最後の方の問題で時間が足りなくなった場合、およそVerbal25点以上、Quantitative35点以上ではランダムクリックした方がスコアは少しだけ高くなり、それ以下のスコアではランダムクリックせずに試験を終えた場合でも同じスコアになるか少しだけスコアが高くなる。

GMAT-CATの採点方法に関する公表資料は、こちらのページなどで参照することができます。

中国、台湾、韓国、日本のGMAT受験数の推移に関する最新情報も公開されました。

2.JPG

国別、年齢別などに分類されたGMATスコア分布が一目でわかるインタラクティブなグラフはこちらのページで参照することができます。

1.jpg

イベント後の夕食会では、GMACのスタッフや中国・台湾・韓国・ロシア・アメリカの試験対策校の役員や講師たちと知り合い、各国のGMAT事情について話を聴くことができました。

今回、初めて北京を訪れて自動車や自転車の交通の激しさに軽いカルチャーショックを受けました。
しかし、空気汚染は予想していた程ひどいものでもなく、確かに空気は多少濁っていましたが、生活に支障をきたすほどのものではありませんでした。
GMACスタッフに、「次回のサミットは日本の京都あたりで開催しませんか」と提案しておきましたが、さて、どうなるでしょうか。

何はともあれ、全体的に非常に情報満載で有意義なイベントでした。

GMAT試験の最新情報に関して何かご質問がありましたら、中山までお気軽にご連絡ください。

GMAT: 壁を乗り越えて目標スコアをクリアした事例

こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

今回は、なかなかスコアが上がらずに苦しんだ結果、最終的に目標スコアを達成した方の事例を紹介します。

ここでは、仮にFさんと呼ぶことにします。

Fさんは、GMAT学習開始の時点でTOEFLが70点台でした。GMAT学習を開始する英語力が十分とは言えなかったのですが、企業派遣生でもあり、出願までの試験準備スケジュールを考えると、その時点でGMATクラスの受講を開始せざるをえないタイミングでした。

GMAT Strategy, Practiceクラスを受講しているあいだは、日々の忙しい仕事とTOEFLの学習に時間を取られてしまい、GMATの勉強にはあまり身が入らなかったそうです。

その後しばらくしてTOEFLの目標スコアが出た後に本格的にGMATの復習を開始したわけですが、クラスで学んだことを忘れていたり誤解していたりしたため、必死にどんどん多くの問題を解くものの、正解率はなかなか上がらない日々がしばらく続きました。

しかしそれでも出願締め切りまでに何度かGMATを受験しておく必要があるということで、第1回目の受験をした結果、Verbalは10点台前半。目標スコアとは大きくかけ離れたスコアでした。

その後、GMAT Verbalの学習に1日平均3時間をかける毎日が続き、2~4回目の受験をしましたが、スコアは20点前後で伸び悩み、壁にぶつかった状態でした。

出願締め切りも迫り、エッセイの執筆も並行しなければならず、肉体的にも精神的にも辛い日々が続いていたことと思います。

Fさんが私の個別レッスンを初めて受講したのは、そんな時期です。

初回のレッスンで、実力診断として何問かその場で問題を解いていただいたのですが、予想通り、Sentence Correction基本知識に関していくつかびっくりするほどの誤解があったり、完全に忘れてしまったりしている重要事項が見つかりました。

そこで、どんどん練習問題を解くというこれまでの学習法はいったん中止してもらい、Strategyのテキスト(マニュアル)に記載されている重要事項の知識を次回レッスンまでに確実に憶えてくることを宿題にしました。

Critical ReasoningとReading Comprehensionに関しては、疲れているときとそうでないときとで読解力や集中力が大きくぶれることから、疲れているときは単語やイディオム等 の暗記を中心にして、集中力が高く頭が冴えているときにCritical ReasoningやReading Comprehensionの難問にチャレンジするようにとアドバイスしました。

また、Fさんの勉強スタイルや性格、生活習慣などを詳しく伺い、じっくりと相談した結果、試験前日や当日にも納得するまで勉強してもらうことにしました。

本試験での時間配分や前日と当日の学習法などに関しては、人によってベストな方法は異なります。

Fさんの場合は、これまでの受験経験から、心身ともにベストなコンディションで試験に臨むとかえって試験中に余計な雑念が湧いてしまい、問題に集中できなくなることが多かったそうです。

そこで、多少の疲れがある状態で試験に臨み、頭を目の前の問題を解くことで精いっぱいな状態にしておくことで実力を最大限に発揮する、という作戦をお奨めしました。

また、じっくり慎重に解こうとすると、ムダにもたついた解き方になり、頭の回転も鈍くなるような傾向がありましたので、試験中に慎重になりすぎることなく、普段通りのリズムで解くことをお奨めしました。

GMAT受験当日、試験が終わった直後に、Fさんがアゴスのオフィスに電話で朗報を知らせてくれました。

5回目の試験で、大きくスコアが飛躍。

ぎりぎりのところではありましたが、目標スコアを達成することができました。

最後まであきらめずに、やれるだけのことをやった努力が結果に結びついたことで、ご本人も私自身も感無量でした。

5回目のスコアをスクールに送付した結果、見事、志望校から合格通知が届きました。

Fさんの場合は、最後の最後にスコアを伸ばすことができたのでよかったのですが、理想を言えば、何度か本試験を受験した後に個別レッスン受講中に見 せた気迫や集中力を、Strategy / Practice授業を受講している間に発揮していれば、はるかに短期間でGMATを攻略できたのではないかと思います。

GMAT Verbal Strategy クラスでは、短期間で効果的に目標スコアを達成するための効果的な学習法を紹介しています。