IR (Integrated Reasoning)の採点の仕組み

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

2012年に AWA が1つに減り IR が導入された直後に、IRセクションで何問正解すれば何点になるかを当時の公式模擬試験 GMATPrepで検証したことがあります。

その時に作成したのが以下の表です。

スコア 正解数 スコア 正解数
8点 9~12問 4点 5問
7点 7~9問 3点 4問
6点 7~8問 2点 2~3問
5点 6~8問 1点 0~1問

ところが先日、授業後に「IRセクションに採点されない問題が3問あるにもかかわらず、正解数が4問と5問の場合だけ必ず3点または4点になるのは矛盾しているのではないでしょうか」という趣旨のご質問がありました。(上表の赤字部分)

実は、2012年にこの表を作成した当時は IR にダミー問題があることが明言されていなかったため、「問題の難易度によってスコアの重みが違うということだろう」と納得して不思議に思わなかったわけでした。

しかしその後の「IRにはダミー問題が3問含まれている」というGMACの発表を考慮に入れると、確かに「正解が5問の場合にはそれらのうち何問かが採点されてもされなくても必ず4点になる」というのはおかしなことです。

そこで、本当に上の表が正しいのか、現行の Official Practice Examsで再検証してみました。

いくつかパターンを変えて、12問のうち最初の方を間違えたり最後の方を間違えたりと正解・不正解問題を変えて試してみたところ、上の表と全く同じ結果になりました。(IRセクションは Computer Adaptiveではないため、公式模擬試験では何度受験しても全く同じ問題が順序を変えて出題されます。)

つまり、現行の本試験でも、GMATPrep 時代と採点アルゴリズムには変更がないようです。

どうやら、正解数が5問以下だった場合は「ダミー問題」は存在せず全問題を採点していて、6問以上正解した場合のみダミー問題を計算に入れるという仕組みになっているようです。

「採点されない問題が含まれている」および「難問の方が易しい問題よりも重みが大きい」という公式発表と、今回の再検証結果を踏まえると、結論として、IR の採点の仕組みは以下のようになっているようです。

・正解数3問以下・・・1問あたり0〜1点

・正解数4〜6問・・・1問1点

・正解数7〜12問・・・1問あたり0〜1点

以上、IR 採点の仕組み再検証結果のご報告でした。

採点の仕組みを踏まえた上での目標スコア別の最適な試験戦略については、IR Strategy クラスの中で具体的に解説しています。

GMAT Official Guide 2017 IR 問題へのアクセス方法

2016年6月に GMAT Official Guide 2017 が発売され、オンライン上で参照する IR 問題へのアクセス方法が 2015/2016 版とは異なるものに変更されました。

OG 2017 IR 問題へのアクセス方法は、以下の通りです。

1.gmat.wiley.com (www.なし) にアクセス

2.白い表紙の「Official Guide」をクリック

OG 2017

3. Login をクリックした後、Register のタブでAccess Codeやメールアドレスを登録した後、Loginタブをクリックして、ログインします。

4. ログインした後、最初に現れる「Exam Mode」または「Practice Mode」の画面で、下の方にスクロールすると、4種類のIR問題が選択できます。

Practice Mode

 

ご不明な点がありましたら、アゴス・ジャパン中山まで、お気軽にお知らせください。

【解決済み】Official Guide IR 問題にアクセスできない状態です

アゴス・ジャパンの中山です。

2016年6月6日の時点で、Official Guide 2015~2016 のオンライン IR 問題へのリンクが消えているという現象が確認されています。

IR link missing

この現象は、今月になって新たに登録したユーザーのみに起きるもので、Official Guideのアクセスコードを使用してここ数日以内に新しく登録したユーザーは、現時点でIR問題にアクセスすることができない状態です。

5月以前に登録したユーザーには、IR問題へのリンクが問題なく表示されます。

早速、Official Guide 出版社でありサイトの管理者である Wiley の方にメールで連絡しておきましたので、まもなく修正されることと思います。

(以前、同様のミスが起きた際には、メールした後、24時間以内に修正されました。)

【追記】

6月9日現在、まだ問題が修正されていません。Wiley社のサポート・スタッフから「今回の問題は解決が難しいため、修正にもう少し時間がかかります。心からお詫びします」との趣旨のメールが来ました。

【再追記】

6月10日現在、問題が解決されました。新規登録ユーザーにもIRリンクが表示されるようになったはずです。

GMAT OG 2015/2016 IR 問題へのアクセス方法

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

GMAT Official Guide問題はネット上でも参照することができますが、6月のOfficial Guide 2017の発売に向けて、参照ページが先日リニューアルされました。

Home

新しいページでは、IR問題にアクセスするためのリンクがわかりにくくなっていますので、以下、アクセス方法を紹介します。

(1) OGオンライン問題にログインしたら、Diagnostic Examというタブをクリックします。

diagnostic exam

(2) OG 表紙の下に表示される「IR」というリンクをクリックすれば、問題にアクセスできます。

IR

 

ちなみに、2016年5月23日現在、Official Guide 2015 の IR 問題はアクセスできない状態になっています。ページのリニューアル直後は、出版社のミスで2016の方もアクセスできない状態でしたので、2015もエンジニアのミスによるリンクの付け忘れだと思います。出版社に連絡しておきましたので、間もなく修正されることと思います。

【追記】 5/25日に確認したところ、OG 2015 の方でも IR 問題にアクセスできるように修正されていました。

GMAT IR Prep Tool が発売開始

こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

4月に、インターネット上で GMAT IR 問題の練習ができるツール IR Prep Tool が発売開始されました。

http://www.mba.com/global/store/store-catalog/gmat-preparation/ir-prep-tool.aspx

特長は、以下の通りです。

・48問の IR 問題をオンライン上で練習できる。

・各問題は、Hard, Medium, Easyのレベル別になっていて、自分の好きなレベルの問題のみ練習することもできる。

・Graphics Interpretation, Table Analysis, Two-Part Analysis, Multi-Source Reasoningの中から、自分の好きな種類の問題を選んで練習することができる。

・1問ずつ解説を参照できる「学習モード」と、選択した問題数を終えてからレビューする「試験モード」との2つの学習スタイルを選択できる。

・レビュー画面に視覚的なグラフが使われていて、自分の弱点を一目で把握しやすい。

・時間配分や他のユーザーとの比較なども参照できる。

価格は $19.99 です。

IR の公式練習問題としては、すでに GMATPrep で練習するための Practice Questions(無料) や Verbal, Quantitative も含まれた Question Pack(有料:$29.99)があります。

GMATPrep と比較した場合、今回発売された IR Prep Tool の最大の長所は、レビュー画面がきれいで見やすいことと、問題数が多いことだと思います。一方、短所としては、ネットに接続できる環境でないと使えないことがあります。

個人的には、まず GMATPrep に付属の問題で練習して、さらにもっと IR 用の練習問題が必要になったら、IT Prep Tool を購入するのがよいのではないかと思います。

GMAT IR スコアが試験当日参照可能に

こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

2013年10月から、Integrated Reasoning (IR) セクションのスコアが、試験当日に参照可能になり、プリント・アウトして渡される Unofficial Score Report に掲載されるようになりました。

http://www.gmac.com/why-gmac/gmac-news/gmnews/2013/october-2013/unofficial-gmat-score-reports-include-integrated-reasoning-scores.aspx

先月までは、試験当日にVerbal, Quantitative, Totalスコアだけが記載されたUnofficial Score Reportが渡され、IR, AWAのスコアは、試験後20日以内に参照可能になるOfficial Score Reportに記載されていました。

しかし、2012年6月のIRセクションの開始以来、25万件以上の受験データが集まったことから、試験後にスコアを集計して他の受験者と比較したり、統計的な調整をしたりするための期間が不要になったようです。

早めに IR スコアがわかるようになったことで、少しでも出願戦略が立てやすくなったのは、ありがたいですね。

Integrated Reasoningのスコアと採点方法の不思議

こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

最近改めて思うのですが、つくづく、GMATは謎が多い試験です。

特に今年6月5日以降に導入の Integrated Reasoning のスコアと採点方法に関しては、「なぜ、わざわざそのような不公平な仕組みにするのだろう?」と言いたくなるような不思議だらけです。

■ IR の問題数とスコア

Integrated Reasoning セクションは合計12問、1点~8点(整数)で採点されます。

1つの問題に3~4問の小問があり、小問を1つでも間違えると大問1問全体が「不正解」ということになります。

つまり、小問4問中3問まで正解できた非常に惜しい場合でも、全く考えずに間違えた場合でも、その大問は不正解とされます。

問題数が少ないことに加えて、そのような採点方法であることから、相当に運・不運が影響するのではないかと思われます。

■ スコア採点方法の不思議

また、本試験と同じプログラムを使っている GMATPrep で何度も実験したところ、もう1つ不思議なことに気付きました。

なんと、3問くらい間違えても、最高点の8点が出てしまうのです。

GMAC による Web セミナーの記録で確認したところ、IR セクションにも Verbal / Quantitative セクション同様、採点されない実験問題が含まれているとのことです。

実験問題が何問含まれているかは公表されていませんが、Verbal / Quantitative セクション同様に全体の 1/4 である3問が実験問題である可能性が高いのではないかと推測しています。

12問中3問が実験問題だとすると、一生懸命に解いた問題が実験問題で、ランダム・クリックした問題が実際に採点される問題だった場合と、その逆だった場合との不公平が非常に大きくなる可能性が高いことになります。

そもそも、受験者の何%がその問題を正解したかというデータが必要なのであれば、通常の問題からでも十分に収集できるはずだと思うのですが、なぜわざわざ「採点されない問題」を入れるのか、不思議です。

■ IR セクションの時間戦略

IR は、問題の種類によって難易度が大きく異なります。

難しいタイプの問題を潔く捨て、正解できるタイプの問題にきちんと時間をかけることが非常に重要です。

また、最後の方で時間が足りなくなった場合は、時間切れで問題を残してしまうよりも、ランダム・クリックで最後まで解答した方がスコアが高くなる可能性が高いと GMAC によって明言されています。

どのようなタイプの問題を解くべきか、飛ばすべきか等も含めて、IR の時間戦略に関しては、IR Strategy クラスの中で詳しく紹介しています。

GMAT Integrated Reasoning スコア

こんにちは。アゴス・ジャパン GMAT 講師の中山です。

2012年6月5日に開始される新セクション、Integrated Reasoning のスコアが公表されました。

http://www.gmac.com/gmat/next-generation-gmat-information-center/scoring.aspx

Integrated Reasoning(IR)セクションのスコアは、「1~8点(1点刻み)」になるとのことです。

最低点が1点、最高点が8点になりますが、何点程度であればMBA出願に十分なスコアと言えるかに関しては、まだ何も公表されていない状況です。

試験運営機関である GMAC も、最初の6ヶ月間は1か月ごとに IR セクションの percentile(当該受験者が上位何パーセントに位置するかを示す数値)を変更していくと明言しています。

IR セクションについては、新たな情報が入り次第、随時、このブログでお知らせしていきます。

また、5月からアゴス・ジャパンでも Integrated Reasoning (IR) Strategy クラスを開講する予定です。

ご興味がある方は、ぜひお気軽に 03-3463-1343 までお問い合わせください。

Integrated Reasoning (GMAT新セクション)の概要

こんにちは。アゴス・ジャパンの中山です。

今回は、GMATに2012年6月から新しく追加されるセクション「Integrated Reasoning」の問題について解説します。

■ Integrated Reasoningとは?

Integrated Reasoningは、直訳すると「統合推論」という意味です。

その名前の通り、Integrated Reasoningセクションで出題される問題は、従来のQuantitativeセクション問題とVerbal問題とを「統合」したような内容になっています。

■ 問題の種類

Integrated Reasoning問題のタイプには以下の4種類があり、試験で出題されるのは合計12問です。

<Graphics Interpretation(図表解析)>
グラフや図表の内容を理解し、そこから読み取れる内容に関して正しい選択肢をドロップダウンリストの中から選ぶ問題。

<Two-Part Analysis(二項目分析)>
2つの項目に関して、表の中から適切な解答を選択する問題。

<Table Analysis(表分析)>
条件に合わせて表をソートしながら二者択一の設問に解答する問題。

<Multi-Source Reasoning(複数資料推論)>
必要に応じてタブを選択しながら資料を読解し、内容に関して正しく述べられている選択肢を選ぶ問題。

■ サンプル問題にチャレンジ!!

各問題のサンプル(合計19問)は、以下のGMAT公式ページで見ることができます。

http://www.mba.com/the-gmat/nex-gen/integrated-reasoning-question-formats.aspx

それでは、上記サンプル問題のGraphics Interpretationの第1問を解いてみましょう。

第1問:
If one student is selected at random from the 300 surveyed, the chance that the student will be under 30 or a high school graduate or both is ______________ .

選択肢:1 out of 6 / 1 out of 3 / 2 out of 3 / 5 out of 6.

<和訳>
調査対象の300人から無作為に1人の学生を選んだ場合、その学生が30歳未満または高卒者、あるいはその両方である確率は ________________ 。

選択肢: 6人中1人 / 3人中1人 / 3人中2人 / 6人中5人

<解き方のポイント>

(1)「30歳未満」の学生は、左側の円の外にいる学生全員。
(2)「高卒者」は、右側の円の外にいる学生全員。
(3)「その両方(30歳未満でもあり高卒者でもある学生)」という条件を満たす学生は、2つの円の外側にいる学生。
(4)上記の1~3の条件のいずれかを満たす学生は、2つの円が重なる部分にいる学生以外の全員。
(5)2つの円が重なる部分にいる学生は50人。したがって、それ以外の学生の数は、300-50=250人。
(6)条件を満たす学生を選ぶ確率は、300人中250人、すなわち「6人中5人」が正解。

いかがでしたか?

今回の問題は、基本的な数学の知識があれば解ける比較的易しい問題でした。

しかし、Integrated Reasoningセクションでは、Quantitativeセクションの中で最も難しい問題、またはVerbalセクションの中で最も難しい問題と同等のレベルの難問もいくつか出題されます。

1月14日以降にアゴス・ジャパンで開催される「What’s GMATセミナー」では、GMATの全般的な概要についての話とともに、Integrated Reasoningセクションに関する最新情報もお伝えしていく予定です。

GMAT 新セクション: 2011年7月から実験開始

こんにちは。アゴス・ジャパンの中山です。

2012年6月から GMAT に新たに加わる Integrated Reasoning セクションの実験問題が来月(2011年7月)から実施されることになりました。

7月5日~8月19日のあいだにGMATの受験を申し込もうとすると、申し込み画面で以下のようなメッセージが表示されます。

GMATResearch.png

上の画像のテキスト全文は、以下の通りです。

“During these dates, your test appointment will last approximately 4½ hours. At the end of your standard GMAT exam, you will be asked to answer 12-15 additional questions during a special 30-minute research session. These questions will not count toward your GMAT score and will not be shared with schools. You will receive a reward if you put forth reasonable effort to answer these questions.”
「この期間中は、試験時間が約4時間半になります。通常のGMAT試験最後に、30分間の実験セッションがあり、12~15問の追加問題が出題されます。 これらの問題はGMATスコアには影響を与えず、スクールにも送付されません。これらの問題に適切に解答したと判断された受験者には、報酬が与えられま す。」

新セクションの実験モニタリングに協力したくない場合は、強制的に「7月5日~8月19日」以外の日程を選ばなければならないことになります。

実験問題を本気で解き、全力で協力したと思われる受験者には、受験料が20ドル返金されるという特典があります。

さらに、抽選で500人に「受験料が全額返金」されるとのことです。