ビデオ授業の活用法

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT Verbal のビデオ授業では、授業教材である紙のテキストやOfficial Guide Book等の問題集がなくても、ノートPCまたはiPad等タブレットとネット環境さえあれば、受講&問題演習できることをご存知だったでしょうか?

通学クラスに欠席、遅刻、早退した際の内容や、クラス内で聞き逃したり、よく理解できなかった箇所などを、ビデオで24時間いつでも何度でも視聴し直して理解を深めていただくことができます。

ビデオ受講の方法は、以下の通りです。

(1) 授業シラバスでその日に学習する内容と問題を確認し、該当箇所のビデオを再生します。

(2) テキストの例題やOG等の問題がビデオ画面に出ますので、画面を最大化して再生後、画質が見やすくなった時点でビデオを一時停止して問題を解きます。

(3) 解答後、解説ビデオを視聴します。

(4) 解説をご覧になってもご不明な点がありましたら、ビデオ受講ページの質問欄またはメールでご質問ください。

Official Guide for Verbal Review の Sentence Correction / Critical Reasoning については、全ての問題をビデオで解説しています。

Official Guide 問題に取り組む場合は、ビデオを一時停止して問題を解く代わりに、本に添付されているアクセスコードを使ってオンライン上で問題を解いてから、ビデオ解説をご覧になるという方法もあります。

一度クラスで解説を聴いたりビデオ視聴したことがある問題を復習する際には、電車の中などでスマホを使って音声を聴き直すだけでも、十分に高い学習効果が得られるのではないかと思います

Mathが苦手な方が「やってはいけないこと」

アゴス・ジャパンの中山です。

「GMAT Math の対策を始めたいけれど、いきなりアゴスの数学授業を受講しても、ついていけるかどうかが心配」という方は、まずは Math Pre-Strategy Textbook で基礎固めをすることをお奨めします。

Textbook紹介ビデオの中で、当校の舘講師がGMAT Math対策において「やってはいけないこと」や「効果的な学習法」について解説しています。

数学が苦手な方は、がむしゃらに片っ端からGMATの練習問題を解いていくだけでは、時間とエネルギーを大きく浪費することになるだけではなく、苦手意識が募ってしまうという弊害もあります。

まずは、「Math実力チェックテスト」で現時点の数学力を確認されることをお奨めします。

チェックテストで正解が2問以下という方には、今回紹介したMath Pre-Strategy Textbookよりもさらに基礎から日本語の問題でじっくりと学習できるMath Foundationビデオがお奨めです。

どのコースや教材を使って学習を始めるべきかについてのご相談は、アゴス留学アドバイザーまでお気軽にお問い合わせください。

現時点での実力・目標達成期限・GMATに使える学習時間などから総合的に判断して、適切なアドバイスを差し上げます。

Official Guide 2018 が発売されます

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT Official Guide 2018 が日本では6月19日に発売されます。

GMAT OG 2018

2016 → 2017 の改訂同様、約15%の問題が入れ替えになるとのことです。

アゴスでは、緑と紫の Official Guide for Verbal Review および Official Guide for Quantitative Review をVerbal/Math の授業内で使用します。

また、ピンク色のOfficial Guide 2018の方は、アゴス IR Strategy クラスで配布しますので、IR クラスを受講予定の方は購入不要です。

したがって、将来アゴスのクラスを受講予定の方は、この3冊の購入は不要です。

アゴスのクラス教材に関してご不明な点等がありましたら、中山またはスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

試験直前に見ておきたいページ

アゴス・ジャパンの中山です。

今回は、アゴス受講生の方だけを対象にした記事として、試験直前にぜひ再確認しておくことをお奨めしたいマニュアル(GMAT Verbal Strategy Manual)のページについて紹介したいと思います。

1.罪の重さの判断基準(P. 7)

Sentence Correctionで、「大量の問題をこなしてたくさん知識や経験を積んでいるのに、なかなか正解率が上がらない」という方に具体的な問題の解法プロセスを伺ってみると、根本原則である P. 7 の理解がすっかり抜けてしまっているケースが非常に多いです。

「曖昧なものは切る」あるいは「気持ち悪い冗長な選択肢は落とす」という乱暴な解き方をしている間は、なかなか正解率7割を超えることができないのではないでしょうか。

Sentence Correction上級レベルの問題で正解するために重要なのは、「文法違反」、「意味が不適切」、「曖昧さがある」、「冗長」、「不要な繰り返し」、「普通ではない言い方」などの選択肢があった時に、どの欠点の方がどの欠点よりも罪が重いか、軽いかを正確に理解しておくことです。

すべての選択肢のエラー・パターンをマニュアル7ページの4段階に落とし込むことができれば、速く正確にロジカルにSentence Correction問題を解いていくことができます。

2.語法(P.22~P.23)

数十年前から何度も繰り返し出題されている語法に関しては、すべて憶えておいて損はしないはずです。

授業メモも参照して、なぜこの意味でこの言葉を使うのはよくないとされているか、という理由を理解しておかれると憶えやすいと思います。

3.SC一発斬り!(P.34~P.36)

Official Guideの中で、Sentence Correctionでは語法違反と明言されているものを中心に、文法違反・語法違反とされているため見た瞬間に一発で落としてよい語句のリストを集めてあります。

4.SC解法テクニック集(P.37~P.39)

Sentence Correctionで選択肢を見た瞬間に、「何に気づくべきか」と「それに気づいた後に何を確認すべきか」をリストにしたページです。

SC初心者や独学または他校でGMATを学習している方々がこのページを見ても、何のことだかさっぱりわからないという項目も多いと思いますが、GMAT Verbal Strategyコースを修了したアゴス受講生の皆さんには、1つ1つの内容を確実に理解した上で大いに活用していただきたいテクニック集です。

5.Assumption問題「怪しい言葉」(P. 49)

なぜ、これらがAssumption問題で「怪しい言葉」なのか、その理由(Assumption問題の特徴)を理解しておくことが非常に重要です。

6.三大頻出Assumptions(P.50)

AWAのすべての出題トピックに関して、このページのassumptionsのみで対応することが可能です。

特にcausal assumptionsはしっかり暗記してしまい、argumentを読んだ後、5秒以内に3つとも言えるくらいになるまで応用できるようにしておくと非常に有利です。

7.Reading Comprehension頻出語彙に見られる傾向(P. 65)

RC選択肢で頻出の語句を集めたページです。

このページにある単語をすべて憶えておくのはもちろん、正解になりやすい理由と不正解になりやすい理由を理解しておくこのも重要です。

———————————-

以上、ご不明な点がありましたら、中山までメールください。