GMAT 単語学習: 本 vs アプリ

アゴス・ジャパンの中山です。

「GMAT単語学習を本格的に開始したいのですが、本とアプリのどちらを使うべきか迷っています。どちらが学習効果が高いでしょうか?」という質問を受けましたので、以下、「GMAT重要単熟語」と「GMAT Test 単語帳」のそれぞれの特長について、比較したいと思います。

<「GMAT重要単熟語」の利点>
・1つ1つの単語や熟語に対して、著者&編集者が厳選した定義のみが掲載されている
・重要単語には例文や憶え方のコツ、類義語や反意語等の関連事項が掲載されている
・実際にアメリカ人が発音した音声ファイルが付属している
・数学単語に図がある
・Reading 分野別単語集に、RCトピックについての簡単な解説がある
・暗記用の赤シートが付属
・Kindle版なら、ノートPCやiPad、Android端末など、いろいろなデバイスで参照可能

<「単語帳 – GMAT Test」の利点>
・収録語数が本よりも多い(本:3989  <  アプリ:5000以上)
・ほとんどの単語について、iOS内蔵辞書の詳しい定義や用例を参照できる(より深い語彙力の養成が可能)
・スマホは本よりコンパクトで常に携帯しているので、場所を問わず勉強しやすい
・一通り学習した後、未記憶単語のみをリスト化して、一気にまとめて復習できる
・アプリに予め収録されていない単語も、辞書で意味を調べたりリストに追加したりすることができる(My List 機能)

以上を総合的に検討しますと、机の上やパソコン上などで本格的に単語学習したい場合は「GMAT重要単熟語」、外出先などの小刻みな隙き間時間を利用するには「単語帳 – GMAT Test」という使い分けがベストなのではないでしょうか。

ちなみに、本の単語を全部憶えれば V. 45 以上、アプリの単語を全部憶えれば V. 51 を取るのに十分な語彙力になることを意図して作成してあります。

本でしたら Level B まで90%以上と Level C の半分くらい、アプリでしたら基礎レベルまでと上級レベルの20%くらいを憶えていれば十分に V. 40 以上を取るレベルの語彙力になります。

単語帳アプリに「My List」を追加しました。

アゴス・ジャパンの中山です。

単語帳アプリに、自由に単語を追加したり削除したりできる「My List」機能を追加しました。

単語を入力して辞書ボタンを押すと意味が表示されますので、手軽な辞書アプリとしても使用することができます。

また、iPhone / iPad には「日本語⇔英語」だけでなく「英語⇔中国語」「英語⇔フランス語」など多くの言語の辞書をインストールすることができますので、学習したい言語に応じてお好みの辞書を利用できます。

 

アプリを最新版にアップデートしても、今までの学習記録はそのまま残ります。

今後も安心してアプリを常に最新の状態にしておかれることをお奨めします。

単語帳アプリに音声を追加しました

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT®単語帳4800」にアメリカ英語とイギリス英語を聴き比べることができる発音ボタンを追加しました。

フラッシュカードの画面でアメリカまたはイギリスの国旗をタップすると、それぞれの国の発音で音声を聞くことができます。

 

【動画】GMAT®単語帳5000の使い方

アゴス・ジャパンの中山です。

単語学習アプリ「GMAT®単語帳5000」の使い方を詳しく解説したビデオを作成しました。

(動画を再生すると音声が出ますので、ご注意ください。)

 

アプリの使い方に関して、ご不明な点がありましたら、コメント欄からお気軽にお問い合わせください。

GMAT®単語帳アプリが iPad マルチタスクに対応しました

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT®単語帳4800」「GRE®単語帳5800」アプリが iPad のマルチタスクに対応しました。

これまでは単語アプリを立ち上げるとiPadの大きな画面全体を占領してしまっていたのですが、今回のアップデートで上の図のようにiPadの Slide Over 機能を使って画面の端に小さく寄せることができるようになりました。小画面は左右にスライドさせて好きな位置にずらすことができます。

iPad Air 2 / iPad Pro / iPad 5th以降 / iPad mini 4 でしたら、画面を分割するSplit View にも対応しています。

画面で問題演習をしながら、iPad内蔵辞書で単語の意味を調べたいときやアプリに学習記録を残したいときなどに、ぜひご活用ください。(アプリに収録されている「全単語リスト」が、そのまま辞書として使えます。)

Split View / Slide Over といったマルチタスク機能は残念ながら今のところ iPhoneへの搭載はなく、iPadのみの機能になっています。iPadマルチタスクについて詳しくは、Appleの解説ページをご覧ください。

GMAT®単語帳アプリをリリースしました

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

iOS用の「GMAT®単語帳」アプリをApp Storeからリリースしました。(iPhone / iPad に対応しています。)

単語カード(フラッシュカード)と辞書を活用することにより、より短期間で、より深く、GMATの目標スコア達成に必要な語彙の学習ができるように工夫された GMAT 試験対策専用アプリです。

TOEIC 600点未満レベルくらいから学習開始できる「日常単語」レベルから、GMAT 740点以上を目指すための「GMAT上級レベル」まで、合計4800語以上を収録しています。

以下は、操作方法の解説ビデオです。

https://youtu.be/1wLgsbI2F5c

<App Storeプレビュー >

https://apps.apple.com/jp/app/id1477714070

iPhone / iPad で上のリンクをクリックするか、App Storeで「アゴス」を検索していただくとアプリを見つけることができると思います。

【2018/12/22 追記】

音声機能を追加しました。

単語帳アプリに音声を追加しました