GMAT対策に必要な学習時間の目安

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

これからGMAT学習を開始しようとする方からよくあるご質問の1つに「GMAT対策にはどのくらいの時間がかかりますか?」というものがあります。

以下、一問一答形式で、よくあるご質問にお答えします。

Q1. GMAT対策にかかる合計時間はどのくらいですか?

A1. 大雑把にいえば、300時間くらいになるのではないでしょうか。

数学が得意か苦手か、英語が最初から得意か勉強して伸ばすか等で、この時間は大きく変わります。少ない方で100時間以内、多い方で500時間くらいです。

Q2. 1週間の学習時間の目安は?

A2. 最低で3〜5時間、平均で5〜10時間くらいになると思います。

通学またはオンラインのクラス受講を開始した後、授業の復習と宿題をこなすのに3〜5時間かかります。それ以外に、単語を覚えたり読解の訓練をしたり、数学であれば公式や解法等の必要事項を自分で学習したりするのに2〜5時間かける方が多いようです。

平日の平均学習時間は1時間程度で、週末にまとめて学習するというパターンが最も多いです。

Q3. GMAT対策を開始してから目標達成までの期間は?

A3. 3〜6か月くらいが目安です。

試験結果のご報告をお送りいただいた方のデータのうち、最終的に目標スコアを達成できた方の統計を取ると、GMAT Verbalクラス初回授業の受講開始から目標スコア達成した試験日までの平均期間は5.4か月です。

早い方で学習開始から3か月以内、仕事の都合で学習休止期間等も挟みながら対策をした場合等、遅い方で2年くらいです。


以上は、アゴスのクラスを受講した場合の一般的な日本人の方の学習時間の目安です。数学・英語に得意・不得意の差が大きい場合は、上記の目安が当てはまらないケースも多いです。

また、学習期間について上記以外のご質問がありましたら、回答を追記しますので、お知らせください。

ビデオ授業の活用法

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT Verbal のビデオ授業では、授業教材である紙のテキストやOfficial Guide Book等の問題集がなくても、ノートPCまたはiPad等タブレットとネット環境さえあれば、受講&問題演習できることをご存知だったでしょうか?

通学クラスに欠席、遅刻、早退した際の内容や、クラス内で聞き逃したり、よく理解できなかった箇所などを、ビデオで24時間いつでも何度でも視聴し直して理解を深めていただくことができます。

ビデオ受講の方法は、以下の通りです。

(1) 授業シラバスでその日に学習する内容と問題を確認し、該当箇所のビデオを再生します。

(2) テキストの例題やOG等の問題がビデオ画面に出ますので、画面を最大化して再生後、画質が見やすくなった時点でビデオを一時停止して問題を解きます。

(3) 解答後、解説ビデオを視聴します。

(4) 解説をご覧になってもご不明な点がありましたら、ビデオ受講ページの質問欄またはメールでご質問ください。

Official Guide for Verbal Review の Sentence Correction / Critical Reasoning については、全ての問題をビデオで解説しています。

Official Guide 問題に取り組む場合は、ビデオを一時停止して問題を解く代わりに、本に添付されているアクセスコードを使ってオンライン上で問題を解いてから、ビデオ解説をご覧になるという方法もあります。

一度クラスで解説を聴いたりビデオ視聴したことがある問題を復習する際には、電車の中などでスマホを使って音声を聴き直すだけでも、十分に高い学習効果が得られるのではないかと思います

勉強すればするほど GMAT Verbal スコアが下がるという現象

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT Verbal 学習に多くの時間を費やしている方が、「勉強すればするほど試験のスコアが下がっていく」という状態に陥ることは実は非常によくあることです。

そのような方に具体的な解法プロセスをうかがった際、最もありがちなのは、経験則に依存した解き方や、「学習した知識やスキルを使うことを優先した解き方」を無意識にしてしまっている、というパターンです。

高いレベルの読解力やGMAT知識を持っていても、たとえばSCで「過去問でこのような表現が不正解というのを見た記憶があるので、まず(B)(C)を切りました」「不定詞と動名詞では不定詞の方が正解が多い気がするので、(D)(E)を落としました」「これは正解になりにくいとどこかに書いてあった気がするので(A)をまず外しました」といった中途半端な経験則を優先させてしまうのは、せっかくの英語力を殺してしまう解き方と言えます。

CR でも、「過去問で似たようなロジックを見たことがあったので、今回もそのパターンだと思って(C)を選んだら間違っていました」というような知識頼りの解法では、6割程度は正解できるようになるかもしれませんが、そこから先のひねった難問になると悉く引っかかってしまうということが起こります。

そもそもGMAT試験で、多くの受験者がすぐに思いつくようなロジックだけで全ての問題が正解できてしまうようでは、一通りGMAT対策をした受験者たちの間に差をつけることができません。通常は思いつかないような視点で正解を選ぶ難問があるからこそ、GMATが全世界の優秀な受験者に差をつける試験であり続けることができるわけです。

Verbal で安定して高得点を取れる方は、たとえばSCで「通常ならここでは in を使うのが普通だが、on を使っても必ずしも誤りではない」というようなケースでは、迷わずいったん判断を保留して、選択肢どうしの別の部分の違いを探しにいくものです。SC 難問では、あえて「通常は使わない表現」を正解にすることで受験者に差をつけようとするものだからです。通常の表現を正解にする易しい問題なのか、通常ではない表現を正解にする難問なのかは、選択肢どうしを総合的に比較しないかぎり判断できないものです。

アゴスの StrategyやPracticeコースを短期間で受講した後、そこから出願までの期間に独学でどんどん問題を解いて訓練しているような場合に、下図「伸び悩む場合のイメージ」になる方が多いです。

授業で紹介している知識やスキル、問題傾向や特徴については、正確に理解して試験問題を解く際に応用していくべきです。

一方、自分で過去問を解いて感じた生兵法の経験則や、中途半端に聞きかじった知識やうろ覚えの試験スキルをそのまま実戦に応用することは弊害の方がはるかに大きいです。

本当に重要な試験だからこそ、「憶えた知識を使おう」という意識をむしろいったん捨て去って、目の前の問題に合わせて臨機応変に取り組む姿勢も大切です。

Verbal セクションに対して純粋な英語試験として取り組む初心者的な虚心坦懐な視点と、活かすべき時に試験スキルを活かす上級者的な視点とをバランスよく融合させて問題に取り組むことで、「理想的な上達イメージ」を実現させることができるものなのだと思います。

GMAT®単語帳アプリをリリースしました

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

iOS用の「GMAT®単語帳」アプリをApp Storeからリリースしました。(iPhone / iPad に対応しています。)

単語カード(フラッシュカード)と辞書を活用することにより、より短期間で、より深く、GMATの目標スコア達成に必要な語彙の学習ができるように工夫された GMAT 試験対策専用アプリです。

TOEIC 600点未満レベルくらいから学習開始できる「日常単語」レベルから、GMAT 740点以上を目指すための「GMAT上級レベル」まで、合計4800語以上を収録しています。

以下は、操作方法の解説ビデオです。

https://youtu.be/1wLgsbI2F5c

<App Storeプレビュー >

https://apps.apple.com/jp/app/id1477714070

iPhone / iPad で上のリンクをクリックするか、App Storeで「アゴス」を検索していただくとアプリを見つけることができると思います。

【2018/12/22 追記】

音声機能を追加しました。

単語帳アプリに音声を追加しました

GMAT公式試験準備タイムライン無料ダウンロード

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

mba.com が、GMAT 試験準備のための流れを表にまとめた The GMAT Prep Timeline を公開しました。

GMATPrepTimeline.jpg

↑画像をクリックすると PDF をダウンロードできます。

アゴスGMATコース受講予定または受講中の方も、だいたいこの見本スケジュールにしたがって STEP 1 → STEP 2 のあたりでVerbalまたはMathクラス受講を開始されれば問題ないと思います。

このタイムラインの中で唯一、気になる部分は STEP 2  “Register for the GMAT exam” のタイミングが早すぎるかもしれないという点ですが、、、、受験日を早めに定めておき、その日までに目標スコアを出せるように自分を追い込むという意味では、よいのかもしれません。

一般的には、出願の締め切りが切迫しているという場合でないかぎり、公式の模擬試験などを使って目標スコアを取れる自信がついてから本試験を受験するのが理想です。

速さ vs. 正確さ

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

GMAT 初学者の方々からよくある質問に、「練習問題を解く際に、今のうちから1問ずつ時間を守って制限時間以内に解くようにした方がよいですか、それとも、最初のうちは時間を気にしないでじっくり考えて正解率を上げることを目指した方がよいですか?」というものがあります。

「速度」を重視するか「正解率」を重視するか、そのバランスをいかに維持するかはあらゆる試験における大きなテーマだと思います。

初心者のうちから、最終的に試験を受ける段階で守るべき制限時間を意識することは非常に重要です。

かといって、時間内に急いで解答しようとすると、ほとんどの問題を間違えてしまうようであれば、練習問題をこなす意味があまりなくなってしまいます。

そこでお奨めなのが、「解答欄2つ」方式の練習法です。

手順は以下の通りです。

———————–

(1)「時間厳守」の解答欄と、「正解率重視」の解答欄の2つを用意しておきます。

(2) 1問ずつ、時間を測りながら問題を解きます。

(3) 制限時間になったら、どんなに難しい問題であっても、消去法テクニックなどを活用しながら「時間厳守」の解答欄に解答します。

(4) 制限時間内に納得した回答を選べていない場合は、いったん「時間厳守」の解答欄に解答した後、納得できるまで考えてから「正解率重視」の解答を選びます。(この場合でも、5分以内が目安です)

———————-

「時間厳守」の解答欄と「正解率重視」の解答欄の答えが一致しないことが多い間は、まずは正解率を一定レベルまで向上させることを最優先し、正解するためにどのように考える必要があったのかを心から納得するまで復習することが重要です。

もし、「時間厳守」の解答欄と「正解率重視」の解答欄の答えが一致する問題が多い場合は、消去法テクニックで十分に正解率を高めることができるということですので、完全に納得するまで余分に考えた時間はほとんど無用であったことになります。

ここで重要なのが、考えている途中は、できるだけ時間を確認しないことです。

GMAT 本試験では、スクリーン上で残り時間は確認できますが、1問1問の経過時間は確認できないからです。

感覚的に「まだ1分以内のはず」「もう2分以上経過してしまっているかも・・」などと自分で判断しながら、解答します。最終的に解答する選択肢を決めた時点で時間を確認して、予測よりオーバーしてしまったか等、感覚がずれていないかを確認します。

試験では、ほぼ必ず「どんなに時間をかけても正解するのが難しい」という問題に出合うものです。

試験の序盤であっても、体内時計の感覚で制限時間になったと感じたら、選択肢のどれかを選んで、心の未練を断ち切って次の問題に進むことが重要です。

アゴス・ジャパンGMATクラスでは、短時間でも正解率を落とさずに速く正確に解答するテクニックを数多く紹介しています。

今回の内容に関してご不明な点がありましたら、講師にお気軽にご質問ください。

AWA対策: 英文(US)キーボードに慣れておきましょう

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT AWAで使用されるキーボードは、英語配列キーボードです。

@マークの位置や、アポストロフィ、コロンなどの入力のしかたが日本語配列と英語配列とでは異なるので、注意が必要です。

<英語 (US) 配列キーボード>

us

<日本語配列キーボード>

jpn

AWAの途中で、アポストロフィの入力方法を探すのに40秒くらいロスしてしまったという受講生の方がいらっしゃいました。

そのような失敗をしないために、試験当日までに英語配列のキーボードに十分に慣れておくことをお奨めします。

Windows 10 でしたら、タスクバーを右クリックして「タッチキーボードボタンを表示」をオンにすることで、画面右下にタッチキーボードのアイコンが表示されます。

%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%92%e8%a1%a8%e7%a4%ba

 

キーボードアイコンをクリックすると、タッチキーボードが現れますので、右下のキーで「日本語」「英語」を切り替えることでキーボードの英語配列を確認することができます。

もし試験当日まで英語キーボード配列を確認できなかった場合は、試験当日の “Tutorial” の時間に確認しておきましょう。

AWA開始前には、”Tutorial”という受験方法の案内を読む時間がありますので、その時間に AWA の実際の回答画面を使ってテキスト入力の練習ができます。

日本語キーボードとは配列が異なり、AWAの答案作成に必要になる可能性が高い記号は、コロンとアポストロフィになると思います。

慣れていない方は、AWA開始までにぜひ入力方法を確認しておかれてください。

「本試験で最初の数問が頭に入ってこない」現象

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

模擬試験では高いスコアが出ているのに、本番では(特にVerbalの)最初の数問で問題の意味が頭に入ってこなくて何度も読んでしまい、時間が足りなくなってその後あせって失敗したという方は、枚挙にいとまがないほど、数多くいらっしゃいます。

おそらく、模擬試験同様の万全のパフォーマンスを期待して1問目に臨んだところ、一読目で理解できないことにあせって無用な雑念が入ることで、ますます集中力を乱し、さらに理解度が下がって何度も読み直してしまう、ということが起こるのだと思います。

対策としては、以下のようなものが考えられます。

(1) 試験当日、試験会場に入る直前のプレッシャーがかかっている状況で、やや難しめの Verbal問題を何問か解いて十分にウォーミングアップしておく。

(2) 普段の訓練で、GMAT と全く関係ないことに集中した直後、CR, RCの文章を読んで一読目で理解できるように訓練をする。

(3) 試験当日は完璧主義にならず、「最初の2~3問は2回読まないと頭に入らないもの」と割り切って臨む。

(4) 試験中は、何があろうと(「こんなはずじゃない」「こんなに時間がかかっていたら終わらない」「こんなに自信がない問題が多いと目標点が取れないはず」などという)雑念や感情をゼロにして、マシンのように淡々と、目の前の問題を最適な速度と精度で処理していく。

「普段なら一読で理解できるはずのレベルの文章でも、本試験になると何度か読み返してしまう」ということが起きるということは、おそらく試験当日に限らず、ふだんの学習においても、模擬試験でも、少し集中力が乱れたときや難しい問題では何回か読み返すということは起きているはずです。

普段それが起きているということは、試験でも起きると思った方がよいですので、上記 (2) で、難問に対してもできるだけスイッチを切り替えて集中できるように訓練しておかれるのがお奨めです。

模擬試験では、上記のような余計な雑念や感情が邪魔する割合が低いため、読み返しがあっても2~3問で済むのかもしれません。本試験では、2~3問に時間がかかってしまうと、ますます動揺して集中力を乱し、その後の問題も理解に時間がかかる、ということが起こるのだと思います。

「本番を練習通りに、練習を本番通りに」ということを実現させるためには、目の前の問題が模擬試験であろうと雑多な過去問であろうと本試験であろうと、常に『頭のスイッチ』の入り方を同じにしておくことが重要なのだろうと思います。

GMAT 目標達成までの期間

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

これから学習を開始する方のためのセミナーなどで非常に多いご質問が、「人によって違うとは思いますが、GMATの学習を開始してから目標達成までに一般的にどのくらいの期間がかかるものですか?」というものです。

GMATの目標スコア達成までに必要な学習時間は数学が得意かどうかによって大きく異なります。

GMAT Mathに関しては、1年以上かけて中学数学から復習が必要な方や、少し問題練習してGMATの引っかけパターンに慣れるだけでほぼ満点を出せる方まで、様々なレベルの方がいらっしゃいます。

したがって、Mathについては必要な学習期間はなかなか予見できないものです。

一方、Verbalに関しては、日本人の平均的な学習期間の目安はだいたい5~6か月程度と言えると思います。

アゴス受講生の合格者のデータを集計した際に、Verbal Strategyクラス受講初日から目標スコアを達成した試験日までの平均的な期間が「5.4か月」だったというデータがあります。

もちろん、学習開始から2か月程度で目標スコアを達成した方もいらっしゃいますし、1年以上かかる方もいらっしゃいます。日常的にどれだけGMAT学習に時間が割けるかということと、学習法の効率がよいか悪いかによって学習期間は大きく異なります。

「GMAT Verbalの学習期間の目安は?」と訊かれた際には、「3か月から半年で目標スコアを達成することを目指しましょう」と答えることにしています。

最初から平均学習期間を目安にするよりも、可能な限りなるべく短期間で終えることを目標に設定するわけです。

学習開始から3か月で目標スコアを達成することを目指して勉強した結果、最終的に5~6か月以内に結果を出せれば、順調な出願準備が可能になるはずです。

試験直前に見ておきたいページ

アゴス・ジャパンの中山です。

今回は、アゴス受講生の方だけを対象にした記事として、試験直前にぜひ再確認しておくことをお奨めしたいマニュアル(GMAT Verbal Strategy Manual)のページについて紹介したいと思います。

1.罪の重さの判断基準(P. 7)

Sentence Correctionで、「大量の問題をこなしてたくさん知識や経験を積んでいるのに、なかなか正解率が上がらない」という方に具体的な問題の解法プロセスを伺ってみると、根本原則である P. 7 の理解がすっかり抜けてしまっているケースが非常に多いです。

「曖昧なものは切る」あるいは「気持ち悪い冗長な選択肢は落とす」という乱暴な解き方をしている間は、なかなか正解率7割を超えることができないのではないでしょうか。

Sentence Correction上級レベルの問題で正解するために重要なのは、「文法違反」、「意味が不適切」、「曖昧さがある」、「冗長」、「不要な繰り返し」、「普通ではない言い方」などの選択肢があった時に、どの欠点の方がどの欠点よりも罪が重いか、軽いかを正確に理解しておくことです。

すべての選択肢のエラー・パターンをマニュアル7ページの4段階に落とし込むことができれば、速く正確にロジカルにSentence Correction問題を解いていくことができます。

2.語法(P.22~P.23)

数十年前から何度も繰り返し出題されている語法に関しては、すべて憶えておいて損はしないはずです。

授業メモも参照して、なぜこの意味でこの言葉を使うのはよくないとされているか、という理由を理解しておかれると憶えやすいと思います。

3.SC一発斬り!(P.34~P.36)

Official Guideの中で、Sentence Correctionでは語法違反と明言されているものを中心に、文法違反・語法違反とされているため見た瞬間に一発で落としてよい語句のリストを集めてあります。

4.SC解法テクニック集(P.37~P.39)

Sentence Correctionで選択肢を見た瞬間に、「何に気づくべきか」と「それに気づいた後に何を確認すべきか」をリストにしたページです。

SC初心者や独学または他校でGMATを学習している方々がこのページを見ても、何のことだかさっぱりわからないという項目も多いと思いますが、GMAT Verbal Strategyコースを修了したアゴス受講生の皆さんには、1つ1つの内容を確実に理解した上で大いに活用していただきたいテクニック集です。

5.Assumption問題「怪しい言葉」(P. 49)

なぜ、これらがAssumption問題で「怪しい言葉」なのか、その理由(Assumption問題の特徴)を理解しておくことが非常に重要です。

6.三大頻出Assumptions(P.50)

AWAのすべての出題トピックに関して、このページのassumptionsのみで対応することが可能です。

特にcausal assumptionsはしっかり暗記してしまい、argumentを読んだ後、5秒以内に3つとも言えるくらいになるまで応用できるようにしておくと非常に有利です。

7.Reading Comprehension頻出語彙に見られる傾向(P. 65)

RC選択肢で頻出の語句を集めたページです。

このページにある単語をすべて憶えておくのはもちろん、正解になりやすい理由と不正解になりやすい理由を理解しておくこのも重要です。

———————————-

以上、ご不明な点がありましたら、中山までメールください。