OG 2020発売は5月7日に延期

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

4月末に予定されていたOfficial Guide 2020の日本でのリリースが延期されて、発売予定日が5月7日に変更されることになったようです。

ゴールデンウィークの前に OG 2020 を購入して、連休中にたっぷり勉強しようと計画していた方々にとっては、ちょっと予定が狂ってしまったかもしれません。(「代わりにGMATは何を勉強しよう・・・」という方には、GW集中コースがお奨めです。)

さて、出版社Wileyの御好意で、発売に先行してOG 2020オンライン問題のアクセス権を頂きましたので、少しだけ内容をご紹介します。

Official Guide 2020 は、2019 から問題数が各科目10%以上増加しています。

<OG 2019> Quantitative: 404問、Verbal: 403問、IR: 66問

<OG 2020> Quantitative: 459問、Verbal: 447問、IR: 74

オンライン問題の操作方法や外観は、OG 2019 と全く同じです。

サマリー画面では、OG 2019同様、各問題の正解・不正解、レベル、正解率、解答時間、フラグ、メモの有無などを一覧することができます。

OG 2020には、オフラインでも問題を解くことができるモバイルアプリが無料で付くようです。こちらについては発売日を待ってレビューしたいと思います。


Official Guide 2020 の発売は延期されてしまいましたが、「GW を利用して GMAT Verbal を仕上げたい!」という方には、GMAT Verbal Strategy Intensiveクラスがお奨めです。

GMAT Verbal 初級レベルから、5日間で一気に上級レベルに到達することを目指した集中コースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。