GMAT 目標達成までの期間

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

これから学習を開始する方のためのセミナーなどで非常に多いご質問が、「人によって違うとは思いますが、GMATの学習を開始してから目標達成までに一般的にどのくらいの期間がかかるものですか?」というものです。

GMATの目標スコア達成までに必要な学習時間は数学が得意かどうかによって大きく異なります。

GMAT Mathに関しては、1年以上かけて中学数学から復習が必要な方や、少し問題練習してGMATの引っかけパターンに慣れるだけでほぼ満点を出せる方まで、様々なレベルの方がいらっしゃいます。

したがって、Mathについては必要な学習期間はなかなか予見できないものです。

一方、Verbalに関しては、日本人の平均的な学習期間の目安はだいたい5~6か月程度と言えると思います。

アゴス受講生の合格者のデータを集計した際に、Verbal Strategyクラス受講初日から目標スコアを達成した試験日までの平均的な期間が「5.4か月」だったというデータがあります。

もちろん、学習開始から2か月程度で目標スコアを達成した方もいらっしゃいますし、1年以上かかる方もいらっしゃいます。日常的にどれだけGMAT学習に時間が割けるかということと、学習法の効率がよいか悪いかによって学習期間は大きく異なります。

「GMAT Verbalの学習期間の目安は?」と訊かれた際には、「3か月から半年で目標スコアを達成することを目指しましょう」と答えることにしています。

最初から平均学習期間を目安にするよりも、可能な限りなるべく短期間で終えることを目標に設定するわけです。

学習開始から3か月で目標スコアを達成することを目指して勉強した結果、最終的に5~6か月以内に結果を出せれば、順調な出願準備が可能になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。