GMATPrep™でもセクションの順序を選択できるようになりました

アゴス・ジャパンの中山です。

2017年7月11日からGMAT本試験で受験するセクションの順番を選択できるようになりましたが、それに合わせて公式のGMAT試験準備ソフトウェアであるGMATPrepでもセクション順序を選択できるようになりました。

GMAT Section Order

Verbal や Quantitative を最初に受験する場合には、IR → AWA という順序になる点も従来とは異なっています。

今回のアップデートで本試験で選択するセクション順序と同じ順番で練習できるようになったのは、学習者にとってありがたいことです。

さらに欲を言えば、Verbalセクションのみ、あるいは Quantitative セクションのみを受験した後、他のセクションをスキップして1科目だけスコアを表示できるような機能があると、学習者にとっては非常に便利ですね。後ほど、GMACにリクエストしてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。