Integrated Reasoning (GMAT新セクション)の概要

こんにちは。アゴス・ジャパンの中山です。

今回は、GMATに2012年6月から新しく追加されるセクション「Integrated Reasoning」の問題について解説します。

■ Integrated Reasoningとは?

Integrated Reasoningは、直訳すると「統合推論」という意味です。

その名前の通り、Integrated Reasoningセクションで出題される問題は、従来のQuantitativeセクション問題とVerbal問題とを「統合」したような内容になっています。

■ 問題の種類

Integrated Reasoning問題のタイプには以下の4種類があり、試験で出題されるのは合計12問です。

<Graphics Interpretation(図表解析)>
グラフや図表の内容を理解し、そこから読み取れる内容に関して正しい選択肢をドロップダウンリストの中から選ぶ問題。

<Two-Part Analysis(二項目分析)>
2つの項目に関して、表の中から適切な解答を選択する問題。

<Table Analysis(表分析)>
条件に合わせて表をソートしながら二者択一の設問に解答する問題。

<Multi-Source Reasoning(複数資料推論)>
必要に応じてタブを選択しながら資料を読解し、内容に関して正しく述べられている選択肢を選ぶ問題。

■ サンプル問題にチャレンジ!!

各問題のサンプル(合計19問)は、以下のGMAT公式ページで見ることができます。

http://www.mba.com/the-gmat/nex-gen/integrated-reasoning-question-formats.aspx

それでは、上記サンプル問題のGraphics Interpretationの第1問を解いてみましょう。

第1問:
If one student is selected at random from the 300 surveyed, the chance that the student will be under 30 or a high school graduate or both is ______________ .

選択肢:1 out of 6 / 1 out of 3 / 2 out of 3 / 5 out of 6.

<和訳>
調査対象の300人から無作為に1人の学生を選んだ場合、その学生が30歳未満または高卒者、あるいはその両方である確率は ________________ 。

選択肢: 6人中1人 / 3人中1人 / 3人中2人 / 6人中5人

<解き方のポイント>

(1)「30歳未満」の学生は、左側の円の外にいる学生全員。
(2)「高卒者」は、右側の円の外にいる学生全員。
(3)「その両方(30歳未満でもあり高卒者でもある学生)」という条件を満たす学生は、2つの円の外側にいる学生。
(4)上記の1~3の条件のいずれかを満たす学生は、2つの円が重なる部分にいる学生以外の全員。
(5)2つの円が重なる部分にいる学生は50人。したがって、それ以外の学生の数は、300-50=250人。
(6)条件を満たす学生を選ぶ確率は、300人中250人、すなわち「6人中5人」が正解。

いかがでしたか?

今回の問題は、基本的な数学の知識があれば解ける比較的易しい問題でした。

しかし、Integrated Reasoningセクションでは、Quantitativeセクションの中で最も難しい問題、またはVerbalセクションの中で最も難しい問題と同等のレベルの難問もいくつか出題されます。

1月14日以降にアゴス・ジャパンで開催される「What’s GMATセミナー」では、GMATの全般的な概要についての話とともに、Integrated Reasoningセクションに関する最新情報もお伝えしていく予定です。