GMAT試験会場の計算・メモ用ボード

アゴス・ジャパンの中山です。

今回は、GMAT 試験会場で使用される筆記用具(ペンとメモ用紙)を紹介します。

GMATでは全科目でメモや計算ができることになっていますが、GMAT試験会場には自分の筆記用具を持ち込むことはできず、会場に用意されているペンとプラスチックのボードにメモや計算を書き込むことになります。

メモ用のペンとボードは、以下のようなものです。

GMAT ペンと計算メモ用紙

(上の写真は、受講生の方が以下のページから購入した商品を撮影させていただいたものです。試験会場の実物と見た目は同じですが、本物ではありません)

Manhattan GMAT Test Simulation Booklet w/ Marker

両面に書ける5枚つづり10ページで、足りなくなった場合は試験官に頼めば何枚でも追加してもらうことができます。(私個人的には、IR と Math の計算に5~6ページくらい、Verbalの出題内容のメモに1ページ使用する程度なので大体半分くらい余り、追加をもらったことはありません。)

黄色い背景に方眼が入っているので、計算などは大きな字ではっきり書かないと見間違えてしまうことがあるため注意が必要です。

水性ペンでホワイトボードのような書き味のラミネートされたプラスチックボードに書くのですが、受験者が文字を消すことはできません。(試験官が流し場で石鹸を使ってゴシゴシと洗っているのを目撃したことがあります。)また、書いてすぐに触ると、手が汚れます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。