GMAT受験を事前キャンセルした場合の回数制限

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

受験制限について受講生の方から以下のご質問を受けたのですが、もしかすると同じ疑問を抱いている方もいらっしゃるかと思いましたので、ここに掲載しておきます。

質問:
GMAT試験日をリスケジュールせずに、受験申し込みをいったんキャンセルした場合、「12か月に5回」という受験制限の1回分としてカウントされるのですか?

回答:
カウントされません。受験当日に試験会場に行き受付を済ませない限り、1回分の受験とは見なされません。

ただし、試験日前7日以内のキャンセルでは受験料は全額没収され、試験日の8日以上前のキャンセルであれば80ドルの手数料がかかります。

試験日の変更ではなく、事前キャンセルまたは当日に試験を欠席した場合に受験回数がどうなるのかについてはmba.com(GMAT公式サイト)やGMAT handbookにも明確には記載されていないのですが、過去に初回の試験をキャンセルしたことがある受講生の方が、キャンセル後も5回分受験の権利が残りましたので、ご安心ください。

正式スコアレポート

アゴス・ジャパンの中山です。

いよいよ今年度もビジネススクール第2ラウンドの出願締め切りが近づいてきました。

この時期に多い質問が、「出願締め切りの何日前までにGMATを受験する必要がありますか?」というものです。

トータルスコアとIR, Verbal, Math 各科目の非公式スコアは試験当日に見ることができますが、AWAスコアも含めた正式なスコアレポートは受験後20日以内に参照可能になります。

http://www.mba.com/global/the-gmat-exam/gmat-exam-scoring/your-score-report/obtain-your-score-report.aspx

正式な期限は「20日以内」とされていますが、実際には平均1週間程度で受験者のもとにEメールが届き、リンクをクリックするとPDFファイルで正式なスコアを参照することができるようになります。

私自身が1年ほど前に受験した際には、なんと試験の2日後にEメールが届き正式スコアを見ることができました。

したがって、運がよければ最短で試験の数日後に正式スコアが参照可能になるということもありえるわけですが、、、、確実に出願締切までにスクールに正式スコアを送付したい場合は、やはり締切の20日以上前に受験しておく方が無難ではあります。

GMATが受験16日後に再受験可能に

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

2015年7月19日より、GMAT試験が16日に1回、受験できるようになります。

http://www.mba.com/global/the-gmat-blog-hub/the-official-gmat-blog/2015/june/july-19-new-gmat-exam-features

現在は31日に1回しか受験できませんが、7月以降は16日に1回受けられるようになることで、出願締め切りとGMAT受験とのタイミングが合わなくて困るケースが減少することと思います。(ただし、12か月間に5回しか受験できないという制限は今後も現行通りです。)

また、現時点では、当日にスコアをキャンセルすると「C」という文字がスコアレポートに表示されますが、7月19日以降は表示されなくなり、キャンセルした記録が残らなくなります。

さらに、過去のスコアを見たい場合に今までは試験当日に渡される紙にあるAuthentication Codeというものが必要でしたが、7月以降は誕生日を入力すれば自分のスコアレポートを見ることができるようになります。

試験のルールが柔軟で便利になるのは、歓迎すべきことですね。

GMATスコアアップ体験談 (610→610→640→610→720)

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

先日、GMAT720点を獲得された原崎賢朗さんから、GMAT学習についての詳細な体験談を頂きましたので、ご紹介いたします。

(お名前・スコア・体験談すべて公開OKとのご快諾を頂いています。) 続きを読む GMATスコアアップ体験談 (610→610→640→610→720)

GMAT本試験の科目別成績を分析できるツールが発売開始

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

昨日、GMAT Enhanced Score Reportというツールが公開されました。

http://www.mba.com/global/the-gmat-exam/gmat-exam-scoring/your-score-report/enhanced-score-report-demo.aspx

これは、24.95ドルを追加で払うことにより、今までよりも詳細なGMAT本試験結果の分析が可能になるというソフトウェアです。

Verbalセクションでは、SC, CR, RC各科目ごとのpercentile(自分より下位に何%の受験者がいるかを示す数値)が表示され、Quantitativeセクションでは、PS, DS, Arithmetic, Algebra/Geometryという分類で科目ごとにpercentileが表示されます。また、各科目ごとの平均解答時間も表示されます。

IRでは、正解した問題数の合計が表示されます。

私自身、早速購入して実際に過去の試験結果を閲覧してみましたが・・・

以下のような物足りない部分も見受けられました。

・25ドルで1回分の試験結果しか参照できません。たとえば3回分の結果を参照したい場合は75ドル払う必要があります。

・Mathセクションでは、不等式、統計、一次関数といった分野別のデータ分析はできません。PS, DS, arithmetic, algebra/geometryという大きな問題分類のみでのpercentileが表示されます。

・IRでは、Multi-Source ReasoningやTable Analysisといった4科目ごとの分析ではなく、単に全体の正解数とpercentileのみが表示されます。

・このレポートは、AWAエッセイが採点される前に閲覧可能になります。そのため、AWAエッセイの評価については全く示されません。

総評として、特に Verbalセクションで期待をはるかに下回るスコアだった場合には、SC, CR, RC 各科目ごとの成績と解答時間の平均を確認できるという点で、非常に有用なツールになると思います。

しかし Math, IR, AWA の弱点分析にはあまり役立たないと思われますので、本試験でのVerbalのパフォーマンスを大体推測できる人にとっては今のところ特に必要ないツールという印象です。

GMAT試験会場について

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

最近は年に2回くらい、GMAT本試験を受験することにしています。

例年、問題の傾向やパターンにはほとんど変化はありませんが、GMAT試験会場の設備や状況は、時折、微妙に変化しています。

今回の記事では、試験会場の様子について新たに気づいた点も含めて、GMAT受験当日の流れについて紹介したいと思います。

GMATの受験会場は、2014年12月現在、首都圏では東京都千代田区内幸町にある帝国ホテルタワー1か所のみです。(追記: 2019年10月に新宿会場が追加されました)

ビルの1階にはコンビニがあり、試験会場に持ち込む飲み物や食べ物を入手することができます。

会場に入ってから受験までの流れは、以下の通りです。

  1. 受付時にパスポートを提出し、顔写真撮影、手のひら静脈認証、規約を読んだ後デジタル署名を行います。
  2. GMAT試験会場では、受付を済ませた後は教材を参照することができません。私物はすべてロッカーに保管することになっています。
  3. 10人程度が受験できる会場ではGMAT以外にIT試験なども同時に実施されていることもありますが、気になるような物音はなく、非常に静かです。
  4. 持ち物は、腕時計、ハンカチ、ティッシュなども含めて、ポケットの中の物もすべて待合室のロッカーに収納しなければなりません。予備の上着は、会場に持ち込んで椅子に掛けておくことができます。また、ティッシュは入室前に試験官から必要な枚数をもらうことができます。
  5. 待合ロビーには給水器があり、試験前や休憩時間中に水やお湯を自由に飲むことができます。
  6. 飲食物をロッカーの中に入れておき、休憩時間中に取り出して食べたり飲んだりすることはできますが、飲食物はロッカーの中のカバンの外に出しておくように指示されます。
  7. あらかじめ机の上にヘッドフォン・タイプの高性能の防音器具が用意されていますが、使い捨て型の耳栓をもらうこともできます。使い捨て耳栓は、試験後に持ち帰ることができます。
  8. 試験中は、天井の監視カメラで終始ビデオ撮影され、音声も録音されています。
  9. 各科目間の休憩は8分間で、時間内に戻らない場合でも、8分経過後、自動的に次の科目が開始されます。
  10. AWAを始める前にスコアを送付するスクールを選ぶ時間があります。受験後にはスコアを確認した後、「スコアをレポートする」か「キャンセルす る」かいずれかを選択します。「レポートする」を選ぶと、そのスコアは5年間有効になります。「キャンセルする」を選ぶとスコアを見ることができず、記録 から永久に抹消されます(受験してキャンセルした、という記録は残ります)。また、2分以内にいずれかを選択しない場合は、自動的にスコアはキャンセルさ れます。
  11. AWAのキーボードは、英字配列です。日本語配列キーボードに慣れている場合は、試験開始前にアポストロフィや引用符の位置を確認しておかないと戸惑うかもしれません。

今回から、椅子の高さだけでなく、ディスプレイモニターの高さも調節できるようになりました。以前はPC本体が机の上に置かれ、その上にモニターが置かれていたため、モニターの位置がかなり高かったのですが、今回はPC本体が机の下に置かれていました。

AWAが始まる前に、試験全体に関するTutorialセクションが5分あるので、その時間にメモを取ることができるかどうか試験官に確認したとこ ろ、AWA/IR/Quantitative/Verbalセクションで使用するためのメモをTutorialの時間に書き留めておいてもよいとのことで した。予め(A)~(E)の選択肢の表などを書いておき、Math/Verbalの時間にメモしておいたものを利用してもOKとのことです。
以上、GMAT試験会場について、これから受験する方の参考になりそうな内容を紹介しました。

ご不明な点がありましたら、お気軽に中山までお知らせください。

GMATスコアアップ体験談(590→620→710)

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

先日、GMAT710点を獲得された田中威津馬さんから、GMAT学習についての詳細な体験談を頂きましたので、ご紹介いたします。

(お名前・スコア・体験談すべて公開OKとのご快諾を頂いています。)

続きを読む GMATスコアアップ体験談(590→620→710)

GMAT試験対策サミット 2014 に参加しました!

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

9月17日、北京のCrowne PlazaホテルでGMAC主催の2014 GMAT Test Prep Summitが開催されました。
GMATの中心的プログラム開発者であるGMAC Vice PresidentのFanmin Guo博士をはじめとするGMACスタッフ6人のスピーカーによる9:00amから5:00pmまでのイベントに、中国、台湾、アメリカ合衆国、ロシア、韓国、日本から約100人のGMAT試験対策校関係者が参加しました。
イベント参加者の9割以上は中国本土の試験対策校関係者で、アメリカ、ロシア、台湾、韓国からはそれぞれ1~2人ずつ出席していました。日本からの参加は私1人だけでした。

 

会場では何度も爆笑が起きるようなカジュアルでフレンドリーな雰囲気の中で、GMATの採点の仕組み、スコアの信頼性、問題のクオリティ確保、受験戦略、試験準備、国別の受験者のトレンドや属性、GMACと試験対策校との提携ポリシーなどについて、詳細な説明が行われました。
会議中だけでなく、昼食や夕食会、休憩時間などでも、GMACスタッフたちは丁寧に私たち試験対策校関係者の質問に答えてくれました。

GMAT試験に関する情報としては、以下のような内容が紹介されました。

  • IRスコアを試験当日に確認できるようになり、正式なスコアが受験者やビジネススクールに送付される平均期日が約1週間に短縮された
  • GMAT4セクションのうち、MBAプログラム入学後の成績と最も相関性が高いのはIRセクションのスコア。
  • VerbalとQuantitativeの最高スコアは、それぞれ51点。公式な発表である0~60点というのは、古いバージョンのGMATの名残。実際には6点~51点で採点される。
  • 1問にかける時間は、採点に無関係。たとえば、ランダムクリックして1問1秒で正解した場合でも、1問に数分かけて正解した場合でも配点は同じ。
  • Verbal3科目(SC, CR, RC)とQuantitative2科目(PS, DS)は、それぞれセクション内で平等の重みで扱われる。たとえば、RCの方がSCよりも一般的に配点が高い、というようなことはない。
  • 最後の方の問題で時間が足りなくなった場合、およそVerbal25点以上、Quantitative35点以上ではランダムクリックした方がスコアは少しだけ高くなり、それ以下のスコアではランダムクリックせずに試験を終えた場合でも同じスコアになるか少しだけスコアが高くなる。

GMAT-CATの採点方法に関する公表資料は、こちらのページなどで参照することができます。

中国、台湾、韓国、日本のGMAT受験数の推移に関する最新情報も公開されました。

国別、年齢別などに分類されたGMATスコア分布が一目でわかるインタラクティブなグラフはこちらのページで参照することができます。

イベント後の夕食会では、GMACのスタッフや中国・台湾・韓国・ロシア・アメリカの試験対策校の役員や講師たちと知り合い、各国のGMAT事情について話を聴くことができました。

今回、初めて北京を訪れて自動車や自転車の交通の激しさに軽いカルチャーショックを受けました。
しかし、空気汚染は予想していた程ひどいものでもなく、確かに空気は多少濁っていましたが、生活に支障をきたすほどのものではありませんでした。
GMACスタッフに、「次回のサミットは日本の京都あたりで開催しませんか」と提案しておきましたが、さて、どうなるでしょうか。

何はともあれ、全体的に非常に情報満載で有意義なイベントでした。

GMAT試験の最新情報に関して何かご質問がありましたら、中山までお気軽にご連絡ください。

GMAT Official Guide 2015 発売開始

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

数日前に3種類の GMAT Official Guide (GMAT Review / Verbal Review / Quantitative Review)電子書籍版が発売開始されました。

Official Guide for GMAT Review 2015

Official Guide for Verbal Review 2015

Official Guide for Quantitative Review 2015

紙の本も今月中には発売開始されるようです。

ただ、名前は変わりましたが、これら3冊に収録されている問題は、100%旧バージョンのオフィシャルガイドの問題と同じです。

したがって、「OG 13thや OG for Verbal/Quantitative 2ndの問題を終了したので、もっと新しい問題が欲しい」という方には、お薦めできません

新バージョンと旧バージョンとの相違点と共通点は、以下の通りです。

<共通点>
問題が100%重複。問題番号も同じ

・Verbal/Quantitative ReviewにIRへの言及が追加された以外、全般的な試験の解説部分は全く同じ。

・各問題の解説は全く同じ。

<相違点>
オンラインで全問題を閲覧することができる。

・KindleやKobo等対応の安価な電子書籍版が購入可能

・GMATの一般的な学習法に関するビデオが閲覧可能。

3冊とも、本のタイトルに”with Online Question Bank and Exclusive Video”とありますが、オンライン問題は本に収録されている問題と100%同じであり、ビデオのアドバイスの内容も本の冒頭の部分で書かれている一般 論の内容とそれほど違いはありません。

したがって、すでに OG 13th や OG 2nd をお持ちの方は、オンライン版・電子書籍版が欲しいという場合でないかぎり、わざわざ購入する必要はないように思います。

GMAT スコアをスクールに送る前に確認できるようになりました

こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

本日、GMAT スコアに関して重要な変更がありましたので、お知らせします。

2014年6月27日以降、GMAT 試験当日にスコアを確認してからスクールに送付するかどうかを決めることができるようになりました

http://www.mba.com/global/the-gmat-exam/gmat-exam-scoring/your-score-report/preview-your-gmat-score.aspx

今まで、GMAT スコアは、試験直後にスコアを確認する前に「スコアを送付する」か「キャンセルする」かを選択する必要がありました。

しかし今回の変更により、まずスコアを確認してから、出願したいMBAプログラムにスコアを送るか、キャンセルするかを決定できるようになりました。

さらに、6月27日以降は、試験当日にスコアをキャンセルしてスクールに送付しないことを選んだ場合でも、試験終了後60日以内に100ドル支払うことで、一度キャンセルしたスコアを復活させることができるようになりました

これまでは、試験当日に「スコアをキャンセルする」を選択すると、スコアは永久に記録から抹消されてしまいました。

そのため、よほどの事情がないかぎり、スコアをキャンセルせずに記録に残し、スクールに送付するのが通常でした。
(仮に試験中の手応えが悪くても、試験後、スコアを確認すると意外なほど高いスコアだった、ということがGMATではよくあるからです)

しかし今後は、目標よりもはるかに低いスコアだった場合は、いったんスコアをキャンセルするという決定が容易にできるようになります。

ちなみに、今回の変更により試験直後にスコアを確認できるのは、Integrated Reasoning, Quantitative, Verbalの3科目です。

Analytical Writing Assessmentに関しては、これまで通り20日以内に採点され、スコアを見ることができます。

試験当日に「スコアを送付する」を選択すると、AWAのスコアは自動的にスクールに送付されることになります。
【追記】
試験当日にスコアをキャンセルした場合でも、1回分の受験回数としてカウントされます。キャンセルすれば12か月間に5回という回数制限を超えて受験できるわけではありません。
また、試験当日にスコアをキャンセルしたという履歴は “C”(self-canceled) という表示でスコアレポートに残ります。