GMAT試験会場の計算・メモ用ボード

アゴス・ジャパンの中山です。

今回は、GMAT 試験会場で使用される筆記用具(ペンとメモ用紙)を紹介します。

GMATでは全科目でメモや計算ができることになっていますが、GMAT試験会場には自分の筆記用具を持ち込むことはできず、会場に用意されているペンとプラスチックのボードにメモや計算を書き込むことになります。

メモ用のペンとボードは、以下のようなものです。

GMAT ペンと計算メモ用紙

(上の写真は、受講生の方が以下のページから購入した商品を撮影させていただいたものです。試験会場の実物と見た目は同じですが、本物ではありません)

Manhattan GMAT Test Simulation Booklet w/ Marker

両面に書ける5枚つづり10ページで、足りなくなった場合は試験官に頼めば何枚でも追加してもらうことができます。(私個人的には、IR と Math の計算に5~6ページくらい、Verbalの出題内容のメモに1ページ使用する程度なので大体半分くらい余り、追加をもらったことはありません。)

黄色い背景に方眼が入っているので、計算などは大きな字ではっきり書かないと見間違えてしまうことがあるため注意が必要です。

水性ペンでホワイトボードのような書き味のラミネートされたプラスチックボードに書くのですが、受験者が文字を消すことはできません。(試験官が流し場で石鹸を使ってゴシゴシと洗っているのを目撃したことがあります。)また、書いてすぐに触ると、手が汚れます。

 

GMAT 試験でセクション順序を選択できるようになります

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

2017年7月11日より、GMAT 試験の受験科目(セクション)の順序を変更できるようになります。

以下の3通りの組み合わせのいずれかを試験直前に選択できます。

GMATの試験開始前にはスコアを送付するスクールの選択と Tutorial(試験の解説)の時間がありますが、それらが終了して試験を開始する直前に上記のいずれかの順序を選ぶことになります。

どの順序で受験するかを選択するための時間は2分間です。2分以内に選択しなかった場合は、自動的に「順序1」になります。

現行の「順序1」では、Verbalが最後に来るためスタミナに自信がないという方もいるかと思いますので、そのような場合、「順序2」を試してみる価値はあるかもしれません。

ちなみに、2016年に実施されたセクション順序選択のパイロット実験によると、自由な順序選択のうち、今回採用された「順序2」と「順序3」が最も人気が高かったため、この組み合わせが採用されたそうです。

また、どの順序を選択した場合でもスコアには大きな違いが見られなかったとのことです。

科目の順序選択は、スコアを左右するほどのものではなく、単に「好み」の選択という程度に考えておく方がよいかもしれません。

公式サイト mba.com による詳細な解説は、以下のURLからご覧ください。

http://www.mba.com/global/frequently-asked-questions/gmat-select-section-order.aspx

GMAT試験会場のモニター

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT試験会場のモニターは、視野が大きいため大画面のPCスクリーンに慣れていない方にとっては文章が読みにくく、「本試験では、なかなか普段のように文章の意味が頭に入ってこない」という受講生の方は多いです。

ある受講生の方が、本試験と同じパソコン・モニターを使って問題を解く訓練をするために、GMAT試験運営機関であるPEARSON VUE に問い合わせて試験会場のモニターのメーカー・型番・サイズを調査して得た情報を「ぜひブログでご紹介ください」と仰っていただきました。

GMAT試験会場のモニター情報をご紹介します。

——————————————-

メーカー: ViewSonic

型番: VG2439M-LED

モニターのサイズ: 24インチ

実測寸法: 560.28 mm (幅) x 435.22 mm (高さ) x 238.94 mm (奥行き)

——————————————-

この方は、なんと同じモニターを2台購入して、ご自宅と職場に1台ずつ置いて毎日、PC画面上で問題を解く訓練をされていました。

普段はノートパソコンを愛用されているため、このモニターを使ってGMAT問題を解く訓練を始めた直後は、今までと違う姿勢で何時間も画面に集中したことで、肩が凝ったり、異様に疲労感に襲われたりといった症状が現れたとのことです。

そのまま訓練を継続し、本試験受験当日までには十分にモニターに慣れることができたようです。

GMAT 「前半の問題の重要性」について

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

今回は、GMATの採点方法に関しての有名な都市伝説の1つに関して、詳しく解説したいと思います。

GMAT Verbal/Quantitativeセクションの採点方法については、「受験者のレベルに合わせて問題の難易度が変動する」「難しい問題ほど重要度が高い」「最後まで終わらないと厳しいペナルティがある」ということ以外、詳しいアルゴリズムは正式に発表されていません。

そのため、1997年にGMATがペーパー試験からコンピュータ試験に変わって以来、試験での時間配分のベスト戦略については、試験対策校や受験者の間で様々な憶測がなされてきました。

広く語り継がれているGMAT都市伝説としては、「GMATの試験では、最初の10問が決定的に重要だ」あるいは「最初の5問は絶対に間違えてはいけない。最初を間違えると、後半どんなにがんばっても、高得点は出ない」などという話が有名です。

しかし、試験運営会社であるGMACは、公式サイトでもOfficial Guideの中でも、「最初の10問が決定的に重要である」という「神話」をはっきりと否定しています。

この都市伝説がもたらす最も大きな弊害は、試験の途中で易しい問題に出合ったとき、「前半で間違えてしまったので、ここからは、どんなにがんばっても今回のテストでは高得点を取れないのではないか?」と不安にさせられてしまうことです。

たしかに、ほとんどの日本人が満点を目指すMathセクションでは、最初の方の平均レベルの問題を間違えてしまうと満点近くを取ることが難しくなるため、50~51点を目指す場合は1問も落とさないほうがいいのは事実です。(最初の何問かを間違えても48~49点を出すことは可能です)

一方、Verbalでは、そもそもMathとは前提となる「目標スコア」が大きく異なります。

例えば、トップ校と言われるビジネススクール出願で有利になるGMATトータル700点~740点以上のスコアを狙う場合でも、Verbalの場合は45点以上を取る必要がありません。

Math が50点近くあれば、Verbal 30~40点でトータル680~740点になります。

したがって、Verbalセクションでは、最初の問題にそれほど極端にこだわる必要はないのです。

Verbal 30~40点を目指そうとする場合には、最初の方で何問か間違えても、後半で挽回して、全体的に相当の実力を発揮できさえすれば十分に目標スコアを達成できるわけです。

以上の点を踏まえると、やはり試験の前半で時間をかけすぎて後半を急いでしまうのは、賢明な時間配分とは言えません。

ただ、多くの受験者の方は、苦手意識があるVerbalセクションに入ると緊張してしまうからか、「Verbalの最初の数問が非常に難しく感じた」という失敗談を語ることが多いです。

それを踏まえると、「最初の数問は慎重に解き始めるべき」という試験戦略はある程度、理にかなっているとも言えます。

結論としては、特にVerbalセクションでは、試験の最初から最後までコンスタントなペースで実力を発揮できるように、「どちらかと言うと、最初の方を慎重に」という程度のバランスの取れた時間配分がベストなのではないでしょうか。

GMAT が一生に8回しか受験できなくなります!

アゴス・ジャパンの中山です。

2016年12月17日以降、GMATが生涯通算8回までしか受けられなくなります。

http://www.mba.com/global/the-gmat-exam/register.aspx#tab5

12か月間に5回、16日に1回というこれまでの受験制限に加えて、「一生に8回」という新たな制限が設けられたことになります。

GMAC / Pearson VUEに詳細を問い合わせたところ、このルールは過去にさかのぼって適用され、例えばこれまでに5回受験したことがある人は今後3回だけ受けることができ、私自身のようにこれまでに既に8回以上受験した人は、今後は1回も受験できないとのことです。

今回の制限が創設された理由としては、MBAプログラムに出願することもなく、本試験で出題された問題の内容や正解の情報を他人に提供してお金を得るためだけに毎年何度もGMATを受ける「プロの受験屋」を防止するため、というのが最大の原因らしいです。

私のように真面目にこれまで何十回もGMATを受験してきたGMAT講師にとっては、一部の不正な受験者のためにGMAT本試験と今後永遠にお別れしなければならないというのは、何とも残念なことです。

と、思ったのですが、、、諦めきれずに、12月17日になる前に将来の予約をしたらどうなるだろうと思って今(12月13日現在)試してみたら、問題なく2月の試験を予約できてしまいました!!

・・・しかし、12月17日になったら、やはりこの予約もルール違反で無効なものとして取り消されてしまうのでしょうか。

おそらく取り消されてしまうでしょうね。。。

AWA対策: 英文(US)キーボードに慣れておきましょう

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT AWAで使用されるキーボードは、英語配列キーボードです。

@マークの位置や、アポストロフィ、コロンなどの入力のしかたが日本語配列と英語配列とでは異なるので、注意が必要です。

<英語 (US) 配列キーボード>

us

<日本語配列キーボード>

jpn

AWAの途中で、アポストロフィの入力方法を探すのに40秒くらいロスしてしまったという受講生の方がいらっしゃいました。

そのような失敗をしないために、試験当日までに英語配列のキーボードに十分に慣れておくことをお奨めします。

Windows 10 でしたら、タスクバーを右クリックして「タッチキーボードボタンを表示」をオンにすることで、画面右下にタッチキーボードのアイコンが表示されます。

%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%92%e8%a1%a8%e7%a4%ba

 

キーボードアイコンをクリックすると、タッチキーボードが現れますので、右下のキーで「日本語」「英語」を切り替えることでキーボードの英語配列を確認することができます。

もし試験当日まで英語キーボード配列を確認できなかった場合は、試験当日の “Tutorial” の時間に確認しておきましょう。

AWA開始前には、”Tutorial”という受験方法の案内を読む時間がありますので、その時間に AWA の実際の回答画面を使ってテキスト入力の練習ができます。

日本語キーボードとは配列が異なり、AWAの答案作成に必要になる可能性が高い記号は、コロンとアポストロフィになると思います。

慣れていない方は、AWA開始までにぜひ入力方法を確認しておかれてください。

過去のGMAT本試験スコア履歴の参照方法

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

最近まで、GMATの本試験スコアはEメールで送られてきたURLをクリックして受験番号(Authentication code)を入力しないと参照することができませんでした。

上記 URL からダウンロードしたPDFを紛失してしまったり、URLがわからない場合は、過去の本試験スコアを見ることができなかったため非常に不便でした。

しかし現在では、公式サイトmba.comのMy Account にログインし、”My GMAT & Scores”ページから過去5年分のスコア履歴を簡単に見ることができるようになりました。

<過去のGMAT本試験スコアの参照方法>

1. mba.com にログインします。

2. My Accountのページ・メニューの”My GMAT & Scores”をクリックします。

3. “VIEW OFFICIAL SCORES” をクリックします。

view-official-scores

4. 本人確認のため誕生日を入力する画面が出ますので、自分の誕生日を入力します。

5. 過去5年分のスコアレポートPDFをダウンロードすることができます。

以上です。

 

試験中のメモについて

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

まだGMAT本試験を受験したことがない方はご存じないかもしれませんが、試験会場で提供される「メモ用紙」は「紙」ではなくプラスチック製のノートパッドで、その上に水性ペンで文字や図を書きます。

書いた字は自分では消すことができず、試験官が後で洗剤を使ってインクを落とし再利用されます。

最初に5枚(裏表で10ページ)のノートパッドと2本のペンが机に置かれていますが、足りなくなった場合は試験官に言えばいくらでも追加をもらうことができます。

以下のページの下の方に、このペンとノートパッドを模した製品の購入者が撮影したサンプル写真があります。

https://www.amazon.com/dp/0979017580

大きさ、色、質感などは実物とほぼ同じです。(ただ、色については、実際の試験ではなぜか黄色の場合と白色の場合があります)

GMAT の IR や Quantitative セクションでは、ほとんど全員の受験者がこのペンとノートパッドを使用すると思いますが、Verbal セクションでは、メモをするかどうかは人によって好みが分かれるようです。

私自身は、Verbalセクションでは問題傾向やカテゴリー毎の問題数等をメモする以外の用途ではメモ用紙はほとんど使ったことがありません。問題を解く際には、画面上の選択肢を両手の指で押さえながら選択肢を絞っています。

一方、前述のサンプル写真の購入者のように、最初からメモパッドに 問題番号やA, B, C, D, E の記号を書いておき、問題を解きながら、A×、B△、C、D△、E×、などとメモをして欠点がない(C)を選択する、というような使い方をする方も多いようです。

ReadingたCR問題を解く際にも、私自身はメモをせずに文章内容を一時記憶をしながら読むのが好みですが、手を動かしながらの方が頭に残りやすいという方も多いです。

普段の練習で、メモを取りながら解く方法と、メモをしない方法とを試してみて、自分に合ったやり方で臨むのがベストなのではないでしょうか。

 

 

GMAT Enhanced Score Report が改善されました

最近本試験を受験された方は既にご存知かもしれませんが、GMAT試験の科目ごとのパフォーマンスを詳細に報告してくれる有料オプションである Enhanced Score Report (ESR) の内容が、さらに詳しくなりました。

以下の URL でサンプルの ESR を見ることができます。

https://scores.gmac.com/gmat-esr/7051D34C-21D0-420C-9B5B-F1613E8A3799?

ページの上部の「Integrated Reasonig (IR)」や「Verbal」といったタブをクリックすると、各科目のレポートを参照することができます。

1

今回のアップデートでの最大の改善点は、各科目4分の1毎の正解率や時間配分がどうだったかを知ることができるようになったことです。

2

たとえば、Verbal では、「最初の約10問での正解率・時間配分と、最後の約10問では正解率や時間配分が大きく異なっていた」などといったパフォーマンス・データが一目でわかります。

Verbal では SC, CR, RC 各科目ごとの比較、Quantitative では DS, PS の比較と Arithmetic, Algebra/Geometry の比較として成績をパーセンタイル(自分よりも下位に約何%の受験者がいるか)で表示されます。

本試験で手ごたえがよかったはずなのに意外にスコアが低かったというような場合などに、どの科目が悪かったのか、あるいは時間配分はどうだったか等を分析するツールとして、さらに有用なツールになりました。

価格は $24.95 です。

以下のページから ESR を購入することができます。

http://www.mba.com/global/store/store-catalog/gmat-preparation/gmat-enhanced-score-report.aspx

ESR を購入後、mba.com の My Account にログインして、メニューの My GMAT & Scores をクリックし、 レポートを表示したい試験の隣の Enter ESR Code をクリックして購入したコードを入力すると、Enhanced Score Report を見ることができます。

不本意なスコアだったためにキャンセルした試験の ESR を参照することもできますので、ぜひ反省材料としてご活用ください。

GMAT試験日程の予約変更・キャンセルのルール

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

GMATテスト日程の予約キャンセルまたは試験日程変更のルールについて、わかりやすくまとまった情報が欲しいというリクエストがありましたので、解説します。

試験日程の変更およびキャンセルは、試験を申し込んだmba.comのサイトで行います。

GMAT試験日程の変更をした場合、以下の料金がかかります。

・試験日の8日以上前・・・60USドル

・試験日の7日前以内・・・変更前の受験料250ドル+変更後の受験料250ドル

GMAT試験をキャンセルした場合、以下の料金が返金されます。

・試験日の8日以上前・・・80USドル

・試験日の7日前以内・・・返金なし

GMATには、「12か月間に5回まで」という受験制限がありますが、試験日程を変更したりキャンセルした場合は、1回分の受験にはカウントされませんので、料金さえ気にしなければ日程変更やキャンセルは何回でもできます。