GMAT Official Guide 2019 は6月発売予定です

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT Official Guide 2019 が日本では6月26日に発売される予定です。

従来の改訂同様、約15%の問題が入れ替えになるとのことです。

アゴスでは、緑と紫の Official Guide for Verbal Review および Official Guide for Quantitative Review をVerbal/Math の授業内で使用します。

また、青色のOfficial Guide 2019の方は、アゴス IR Strategy クラスで配布しますので、IR クラスを受講予定の方は購入不要です。

したがって、将来アゴスのクラスを受講予定の方は、この3冊の購入は不要です。

アゴスのクラス教材に関してご不明な点等がありましたら、講師またはスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

GMAT試験時間が30分短くなります!

2018年4月16日より、GMATの試験時間が30分短くなるとの発表がありました。

https://www.mba.com/global/frequently-asked-questions/shorter-gmat-exam

MathとVerbalは、それぞれ62分、65分へと短縮され、試験全般のTutorialセクションも短くなるようです。(AWAとIRは従来通りです。)

この変更により、採点に影響がない実験問題が今までよりも減ることになり、スコアや解答時間には影響がないとのことです。

しかし特にVarbalセクションでは、RCパッセージや問題数がどう変わるかによって、人によっては試験戦略も大きく変える必要が出てくるかもしれません。

4月後半には、GMATPrep模擬試験がGMAT® Official Starter Kit + Practice Exams 1 & 2と名前を変えてオンライン提供に変更されるとのことです。

新バージョンの模擬試験が入手できましたら、お薦めの試験戦略等についてクラスやセミナーで紹介していきたいと思います。

OG 2017 以前のGMATオンライン・サイトは廃止

アゴス・ジャパンの中山です。

2018年3月28日以降、GMAT Official Guide の2017年版以前のサイトは廃止されてOG オンライン問題は2018版のみに統一されました。

それに伴い、OG 2017 以前のバージョンを持っている人も、OG 2018版サイトにアクセスできることになりました。(旧バージョンでオンライン登録済みの方には、新サイトへのアクセス方法を記載したメールが届いているはずです)

2017以前バージョン → 2018 バージョンの変更点は以下の通りです。

<OG 2018 Online の新機能>

・各問題に「ノート」や「ハイライト」を追加することが可能。

・過去の全学習履歴・成績をグラフや表で一覧可能。(2017以前では、セッションごとに正解・不正解数を確認できるだけ)

・既習・未習の問題を保存するセッション数が無制限。(2017以前では、セッション数に制限があり、古いセッションを削除してから新しいセッションを追加する必要があった)

・科目ごと・レベルごとに、全問題または以前スキップしたり不正解だったりした問題のみを選択して復習することが可能。(2017以前では、セッションに保存した問題のみ、正解・不正解にかかわらず復習するという形式)

・セッションごとの問題番号と本の問題番号が併記(2017から追加された機能。2016以前は本の問題番号の併記なし)

<OG 2018 Online で廃止された機能>

・本の順序どおりに出題する機能

以前の記事にも書きましたが、なぜこの機能を廃止して、学習を不便にしてしまったのか謎です。。。

ちなみに、Verbal の Reading Comprehension の文章や、IR の Multi-Source Reasoning の文章が 2017 以前と比較して視野が狭くなり読みにくい点は依然として改善されていません。

ただ、この問題については、画面の解像度やディスプレイの文字の大きさを変更することである程度は調節できます。

たとえば、12インチのノートパソコンで以下のようにWindows推奨の設定にしてみると・・・

↓このような表示になります。本試験の画面と比較して、視野が非常に狭いです。

そこで、文字の大きさを小さくしてみます。

表示される行数が大幅に増えます!

文字の大きさを取るか、視野の広さを取るかの選択ですが、、、OG 2017 以前のバージョンのサイトの視野でしたら、文字が大きいままでも違和感はなかったです。

おそらく、OG 出版社 Wiley 社のエンジニアたちが OG 2018 バージョンではデスクトップのコンピュータ画面を基準にして本試験問題と表示を合致させるように開発したため、ノートパソコンで見ると違和感が出てしまうようです。

GMAT OG 2017以前を2018版に無料アップグレード

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

すでに Official Guide 2017以前をお持ちの方にはメールが届いていることと思いますが、OG 2017 以前を購入していれば、無料で2018版のオンライン問題にアップグレードすることができるようになりました

(下の画像をクリックすると、案内のページに飛びます。)

私自身はプライベートメールアドレスの1つで OG 2015 オンライン問題のアクセス権を持っていたのですが、今回の無料アップグレードにより、そちらのアドレスでも2018版にアクセスできるようになりました。

なお、従来のオンライン問題のページを参照できるのは2018年3月26日までになります。

今までのOGオンライン問題のフォーマットが気に入っていた方、また、OG 2015-2017の問題をオンラインで解きたい方は、旧サイトが参照可能な間にアクセスして存分に練習しておかれてください。

GMATPrepで先に進めない場合の対処法

アゴス・ジャパン GMAT 講師の中山です。

今回は、GMATPrep模擬試験を受けようとした受講生の方から、アゴスのカスタマーサポートに頂いたお問い合わせにお答えします。

「GMATPrep をインストールできたのに、Next ボタンが見えない状態で先に進めないため、模擬試験を受けることができません。どうすればいいでしょうか?」というお問い合わせが何件かありました。

以下の図のように、パソコン画面上には次に進むための「Next」ボタンが出ないため、進むことも戻ることもできない状態になったとのことです。

GMATPrepウィンドウの下半分が切れてしまうのは、ディスプレイの解像度に原因があります。

この状態になるとプログラムを閉じるボタンもないので、Windows でしたら、キーボード左下のWindowsキー(Windowsロゴ)を押してタスクバーのGMATPrepアイコンを右クリックして「ウィンドウを閉じる」で、Macでしたら「command」+「tab」を同時に押してウィンドウを「ファインダー」に切り替えてから、GMATPrepを閉じます。

GMATPrep を閉じることができたら、ディスプレイ設定を変更します。

Windows 10 では、「すべての設定」→「システム」でディスプレイ設定をします。

Mac では、「アップルメニュー」→「システム環境設定」→「ディスプレイ」で設定します。

GMATPrep を開く場合の画面の解像度の設定は、1024×768 ~ 2000台くらいまでがお奨めです。 (4K 以上の高すぎる解像度でも上記の現象が起こることが確認されています。)

GMAT OG 2018 に新プラットフォームが追加されました

アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

GMAT OG 2018 のオンライン問題に新しいプラットフォームが追加されました。

GMAT OG 2018

今回のアップデートにより、GMAT Official Guide 2018の解答結果を今までより詳細に分析できるようになりました。

以下のリンクにアップデートの方法が説明されています。

http://app.news.wiley.com/e/es?s=1133198723&e=743156

ただ、個人的な感想としては、以前のプラットフォームの方が実際の学習には便利だったように思います。

旧プラットフォームでは、以下のように本と同じ順序で問題を解くというオプションがありましたが、新バージョンでは、今のところ、そのオプションがありません。

さらに、新プラットフォームでは、ウィンドウの上下にメニューやスイッチが多く、その分、問題部分の縦幅が短く、視野が狭くなってしまっています。

Reading 問題では、文章や選択肢のスクロールが今まで以上に必要になり、解答に不便です。

ただ、使い勝手が以前よりもよくなった点として、画面上の電卓が大きくなり、自由な場所に動かせるようになったことがあります。

以前のバージョンではウィンドウの右上に固定されていてボタンも小さかったのですが、より本試験の形式に近いものになりました。

また、前後の問題に行ったり来たりする速度が2016~2017年版よりも向上し、ページ切り替えがさくさく快適だった2015年版のレベルに戻った印象です。

GMATPrep™でもセクションの順序を選択できるようになりました

アゴス・ジャパンの中山です。

2017年7月11日からGMAT本試験で受験するセクションの順番を選択できるようになりましたが、それに合わせて公式のGMAT試験準備ソフトウェアであるGMATPrepでもセクション順序を選択できるようになりました。

GMAT Section Order

Verbal や Quantitative を最初に受験する場合には、IR → AWA という順序になる点も従来とは異なっています。

今回のアップデートで本試験で選択するセクション順序と同じ順番で練習できるようになったのは、学習者にとってありがたいことです。

さらに欲を言えば、Verbalセクションのみ、あるいは Quantitative セクションのみを受験した後、他のセクションをスキップして1科目だけスコアを表示できるような機能があると、学習者にとっては非常に便利ですね。後ほど、GMACにリクエストしてみようと思います。

Official Guide 2017 → 2018 の改善点

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT Official Guide 2018 が手元に届きました。

2018版もこれまで同様、本の表紙の袋を破ってURLとアクセスコードを参照することによってインターネット上で問題を解くことができます。

しかし今回のOG 2017 から OG 2018 への改訂で特筆すべきなのは、オンライン上で解く際に問題の順序を選択できる、という点です。

“Question Order” というドロップダウンメニューで “Sequential” を選択すると、本の問題番号と同じ順序で解くことができます。

2015~2017では、Verbal/Quantitative の問題をオンラインで練習しようとする場合、本の問題番号とは無関係にランダムな順序でしか出題されませんでした。

IR セクションについては、2015/2016 版では問題番号が決まっていたのですが、2017 版では Verbal / Mathに合わせた形でランダムな順序でしか問題を解けないという『改悪』がなされていました。

しかし今回の改訂で、OG 2018版では、全セクションで決まった順序でオンライン問題を解くことができるようになりました。

実は昨年の2017の発売以来、GMAT Official Guide 出版社である Wiley に何度も「順番どおりに解けるように改善してほしい」とメールで依頼し続けたのですが、「ランダムに出題するというのはGMACの意向なので変更は難しい」「次回の改訂で検討する」などという返信で拒否され続け、Wiley のWeb担当エンジニアと10通以上メールを往復したという経緯があります。その 執拗さにうんざりしたのか 熱意が伝わったのか、あるいはやはり世界中から同じような苦情が多かったのか、いずれにしても今回の改訂はありがたいことです。

問題自体については、前回同様、約15%が入れ替わっています。また、従来の改訂同様、新たに追加された問題も特に新しい傾向というわけではなく、易しい問題から難しい問題までをランダムに選択して15%を削除し、同数の問題を追加した形になっています。

しかしそれにしても、、、相変わらずExam Mode でもPractice Modeでも毎回自分でセッション名を考えて付ける必要があることや、その度に”This session name is available.” という無用なポップアップメッセージが表示されるのは全く余計な機能なのですが、こちらは改善してもらえなかったようです。

さらに、Exam Mode では2分経過すると「平均2分以内で解くべきです」という趣旨の長々としたメッセージがポップアップで必ず表示されます。しかしこれは、実際に GMAT を本気で解いたことがないGMACの職員たちが会議室で考え出したような全くお節介な機能で、こちらも削除すべきだとGMACと出版社に指摘したことがあるのですが、OG 2018でも改善されていません。IR Multi-Source Reasoning や Verbal Reading Comprehensionで、文章全体を読んでから解くべき1問目を他の問題同様2分以内で解くというのは、ほとんどありえないことなのですが。。。

GMAT OG 2017 / 2018 問題番号の対照表

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT Official Guide 2018 に新規に追加された問題と OG 2017 から削除された問題、および変更された問題番号の一覧表がGMAC®から提供されましたので、紹介します。

続きを読む GMAT OG 2017 / 2018 問題番号の対照表

Official Guide 2018 が発売されます

アゴス・ジャパンの中山です。

GMAT Official Guide 2018 が日本では6月19日に発売されます。

GMAT OG 2018

2016 → 2017 の改訂同様、約15%の問題が入れ替えになるとのことです。

アゴスでは、緑と紫の Official Guide for Verbal Review および Official Guide for Quantitative Review をVerbal/Math の授業内で使用します。

また、ピンク色のOfficial Guide 2018の方は、アゴス IR Strategy クラスで配布しますので、IR クラスを受講予定の方は購入不要です。

したがって、将来アゴスのクラスを受講予定の方は、この3冊の購入は不要です。

アゴスのクラス教材に関してご不明な点等がありましたら、中山またはスタッフまでお気軽にお問い合わせください。