GMAT 科目別の学習開始のタイミング

こんにちは。アゴス・ジャパンの中山です。
今回は、これからGMAT の学習を開始しようと予定している方や、すでに学習を開始して次にどの科目を学習するか迷っている方のために、科目別の学習開始のタイミングについて紹介したいと思います。
GMAT4科目それぞれの学習開始の一般的なお奨めのタイミングは、以下の通りです。

Integrated Reasoning

IRはVerbal/Quantitativeを統合した科目であるため、Verbal, Mathの両方のクラスを受講した後にIRクラスを受講することをお奨めします。
GMATについて何も知らない初心者の方が、まず最初にIR問題を解くと、その難しさにびっくりしてしまい、必要以上にGMATが難しい試験だという印象を受けてしまうかもしれません。
VerbalとMathの問題に慣れ、実力が十分についてからIRの学習を開始する方が、一般的には学習効果が高いです。

Analytical Writing Assessment

AWAは、ある主張を読んで、そのロジックのおかしいところを指摘したり、その主張をより論理的なものにするにはどのような前提を述べればよいかなどを指摘したりする作文の試験です。
英語で作文する能力が必要とされますので、目安としてはTOEFL Writingで20点以上が出るようになってから学習開始するのがお奨めです。
また、VerbalのCritical Reasoningで頻出ロジックのパターンを学習した後の方がAWAのコツを身につけやすいはずですので、スケジュールに差支えがなければVerbal でCRの概要を学習した後にAWAの学習を開始する方が、効率がよいのではないかと思います。

Verbal

一般的には、GMATの中で最も難関と言われる科目がVerbalです。
4科目の中では、通常、Verbalが目標達成までに最も時間がかかりますので、できるだけ早く学習開始をするのがお奨めです。
ただ、クラスを受講したり問題を解いたりする際に、あまりにも不明な単語が多かったり理解できない文が多かったりすると、せっかく早く学習を開始しても、苦手意識やストレスを蓄積してしまうだけの結果になりかねません。
ある程度十分な読解力を身につけてからGMAT Verbalの学習を開始する方が、効果は高くなります。
目安として、TOEFL Readingで22点以上程度が出るようになれば、GMAT Verbalの学習を開始しても理解に大きな支障はないのではないかと思います。

Quantitative (Math)

GMATの数学問題は、日本の中学校で学習する知識があれば解けるはずの問題が7~8割くらいあります。
したがって、多くの日本人はQuantitativeセクションで満点近くを取って総合点を大きく上げることで目標スコアを達成するという戦略を採ることになります。
ただ、高度な数学知識は必要とされないのですが、GMAT Math独特のひっかけ問題は非常に多いですので、かなり数学が得意な方でも、出題形式に慣れていないと多くの問題を間違えてしまうことになるはずです。
また、GMAT Mathセクションのために必要な数学用語や公式等の出題範囲については、公式問題集であるOfficial Guideや、模擬試験と練習問題が収録されている無料ソフトウェアGMATPrepの中に、Math Reviewという章があります。
すでにクラスを受講開始してMathの学習を始めた方も、まだ本格的にGMAT学習を開始していない方も、できるだけ早めにMath Reviewの章に一通り目を通しておかれて、GMAT Mathで使われる用語に親しんでおいて損はしないのではないかと思います。
いったん数学用語に慣れた後でしたら、Math学習開始時期は、AWAやVerbalの後でも先でも、どちらでもよいと思います。ただし、非常に数学が苦 手な方は、遅く学習開始すると最終的に目標スコアに届かない可能性も高いですので、学習開始時期は早ければ早いほどよいです。

以上が、一般的にお奨めできるGMAT科目別の学習開始のタイミングですが、最も効果的な学習の順序は、人によって大きく異なるものです。
GMAT学習スケジュールの立て方に関して少しでも迷うことがありましたら、アゴス・ジャパンのスタッフにお気軽にお声かけください。

GMAT Verbal 効率的な学習法 vs 非効率な学習法

こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

同じくらいの英語レベルでスタートして、同じ授業を受けていても、そして同じくらいに宿題や復習をきちんとこなしていても、早々と目標スコアを達成してしまう方と、何度か試験を受けてもなかなかスコアが上がらない方とがいらっしゃいます。

何が原因なのでしょうか?

■ 非効率な学習法の例

「たくさんの勉強時間をGMATのために費やして、何度も授業の復習をしているのだけれど、長い間スコアが伸び悩んでいる」という、ある受講生の方から学習法の相談を受けたことがあります。

使っている問題集を見せていただいて、驚きました。

SC, CR, RCどの科目でも、問題文の中で知らなかった単語のそばに1つ1つ日本語の意味が書かれていたのです。

多いときは、たった1行の英文に2つか3つの日本語訳がメモしてありました。

英文を読解する訓練をすべきCritical ReasoningやReading Comprehensionの学習で、日本語メモがびっしりと書き込まれた教材を使って何度も復習するということは、ほとんど日本語を読む練習をしているようなものです。

英語を英語のまま理解する習慣が身につかないだけでなく、GMATの問題を独力で正解できるようになるための英語力をつけるためには、むしろ弊害になるような勉強法をしてしまっていた典型例と言えるのではないでしょうか。

■ 効率的な学習法の例

それでは、効率的なGMAT学習法とは、どのようなものでしょうか。

コースを受講後、1回目か2回目の受験で早々と目標スコアを達成した、というご報告をくださった方の問題集やノートを見せていただくと、多くの方に以下のような共通点があることに気づきました。

*テキストやノートには、わかりやすく要点が整理されている。

*問題集の問題部分には、メモがない。(「間違えた」という印があるのみ)

*問題集の解説部分には、重要事項のメモや注意すべき点が詳細に書き込まれている。

*間違えた問題をカード化し、表に問題、裏に解説のコピーを貼って繰り返し復習している。

もちろん、上記のような方法は一般的な共通点というだけであって、絶対にそうしなければならないというものではありません。

しかし少なくとも、問題集の問題部分には直接メモを書き込まない方法の方が、一般的には学習効果が高いことは確かであるようです。

楽な勉強(最初からメモを見ながら、解法をなぞるだけの表層的な復習)を繰り返すだけでは、なかなか試験に対処できる実戦的な力はつきにくいものです。

1問1問、しっかりと苦労して頭を使って問題を解き直し、解法を丁寧に憶え込むことの方が、目標達成のための近道となる効率的な学習法と言えるのではないでしょうか。

GMAT Verbal Strategy クラスでは、短期間で効果的に目標スコアを達成するための効果的な学習法も紹介しています。

GMATスコア採点の仕組みと試験戦略

皆さん、こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

今回は、「GMATスコア採点の仕組みと試験戦略」というテーマで紹介したいと思います。

GMATのQuantitative(数学)とVerbal(英語)セクションのスコア算出方法はComputer-Adaptive方式と呼ば れ、1問ごとの正解・不正解に応じて受験者のレベルに適した問題をコンピューターが自動的に選んで出題する特殊な試験形式になっています。

受験者が正解すると難しい問題が出題され、間違えると易しい問題が出題されることになります。したがって、問題を解かずに飛ばしたり、前の問題に戻って解きなおしたりすることはできません。

■ Computer-Adaptive試験の採点方法

GMATの試験運営機関であるGMACの公式な発表によると、「解答した問題数、正解率、各問題のレベル、統計学的な特性」がスコアを決定するとされています。

時間がない場合や問題の正確な意味がわからない場合などにランダムに解答すると実力が低いと評価されて、予想以上にスコアが低くなる可能性があるの で、そのような場合、できるだけ消去法を使って正解になる確率を高めるべきです。(過去問の膨大な事例を研究した結果、どのような選択肢が正解になりやす いか、なりにくいかは、クラスの中で詳しく紹介します。)

また、試験を最後まで完了しないで時間切れになると厳しいペナルティがあります。

特に高いスコア(Verbal 35点以上、Quantitative 45点以上)のレベルでは、試験の最後の方の問題をランダムに解答した場合と、時間切れで最後まで終わらなかった場合の差が大きく、時間切れになった場合 の方が2~3点低くなるということも発表されています。

各セクションには、将来の試験に使用する目的で正解率をモニターするための実験的な問題が約4分の1含まれています。これらの問題はスコアとは無関係ですが、どの問題が実験問題なのかは受験者にはわからないため、全ての問題を全力で解く必要があります。

■ GMAT採点の仕組みに関する誤解

GMAT試験の採点の仕組みに関する非常によくある大きな誤解に、「試験の最初の5問(10問)が非常に重要」というものがあります。

インターネットのGMAT情報に関するページのほとんどが当然の事実であるかのように「最初の数問を間違えると高得点は取れない」などと書いていますが、GMAT公式サイトやOfficial Guideで、誤りであると明確に否定されています。

GMATの採点方法について唯一信頼できる情報は、GMAT公式サイトであるmba.comまたはGMAT運営機関であるGMACの公式サイトgmac.comに掲載されている情報です。

それ以外のページに掲載されているGMAT採点方法に関する情報やそれに基づいた試験戦略は、そのまま鵜呑みにすべきではありません。

アゴス・ジャパンで開催している無料の「What’s GMATセミナー」や「GMAT体験授業」では、上記のmba.comで公式に発表されているGMAT最新情報ついても詳しく紹介しています。

【2021年5月14日追記】

本稿で「誤解」と呼んでいるのは「試験の最初の5問(10問)が非常に重要」「最初の数問を間違えると高得点は取れない」という噂に関してであり、「最初の方の問題が非常に重要」という点については事実です。

1問目が最も重要で、次に2問目、次に3問目、、、と重要度が落ちていくものですので、最初の「5問」あるいは「10問」が重要というわけではありません。また、最初に間違えると高得点が「取れない」なわけではないのですが、「非常に困難」であることは確かです。