GMAT IR Prep Tool が発売開始

こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

4月に、インターネット上で GMAT IR 問題の練習ができるツール IR Prep Tool が発売開始されました。

http://www.mba.com/global/store/store-catalog/gmat-preparation/ir-prep-tool.aspx

特長は、以下の通りです。

・48問の IR 問題をオンライン上で練習できる。

・各問題は、Hard, Medium, Easyのレベル別になっていて、自分の好きなレベルの問題のみ練習することもできる。

・Graphics Interpretation, Table Analysis, Two-Part Analysis, Multi-Source Reasoningの中から、自分の好きな種類の問題を選んで練習することができる。

・1問ずつ解説を参照できる「学習モード」と、選択した問題数を終えてからレビューする「試験モード」との2つの学習スタイルを選択できる。

・レビュー画面に視覚的なグラフが使われていて、自分の弱点を一目で把握しやすい。

・時間配分や他のユーザーとの比較なども参照できる。

価格は $19.99 です。

IR の公式練習問題としては、すでに GMATPrep で練習するための Practice Questions(無料) や Verbal, Quantitative も含まれた Question Pack(有料:$29.99)があります。

GMATPrep と比較した場合、今回発売された IR Prep Tool の最大の長所は、レビュー画面がきれいで見やすいことと、問題数が多いことだと思います。一方、短所としては、ネットに接続できる環境でないと使えないことがあります。

個人的には、まず GMATPrep に付属の問題で練習して、さらにもっと IR 用の練習問題が必要になったら、IT Prep Tool を購入するのがよいのではないかと思います。

GMATPrep Verbalセクションのみを再受験する方法

こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

今日は、GMATPrep Practice Tests (模擬試験)で、Verbal Section のみを再受験する方法を紹介したいと思います。

GMATPrep 模擬試験では、通常は、AWA → IR → Quantitative → Verbal の順番で受験することになっています。

最初から Verbal セクションを受験したり、Verbal セクションだけを受験するということはできません。

Verbal だけの実力診断をしたい場合は、まず、AWA, IR, Quantitative 各セクションで全ての問題に回答する必要があり、各問題1つ1つの選択肢をクリックして、さらに確認のために Next ボタンや OK ボタンをクリックするという手間もかかり、非常に面倒です。

そこで、裏技の紹介です。

GMATPrep Verbal セクションのみを再受験する方法
(GMATPrep Version 2, Windows 7 or 8 の場合)

1.まず、AWA → IR → Quantitative の順に、ランダムクリックをして、Verbal セクション開始前のBreak(休憩)まで到達。

2.いったん GMATPrep ソフトウェアを終了する。

3.以下のフォルダから、「preptool.db」という名前のファイルをコピーする。

C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Roaming\GMATPrep\Local Store

(↑{ユーザー名} の部分は、ウィンドウズのユーザー名に変えてください。)

4.Verbal セクションのみを受験する。

5.スコアを確認する。

6.GMATPrep を終了する。

7.以下のフォルダに、上記でコピーしたファイル(「preptool.db」)を上書きコピーする。

C:\Users\{ユーザー名}\AppData\Roaming\GMATPrep\Local Store

8.再び GMATPrep を起動する。

9.Practice Tests を選択する画面で、”Continue”をクリックすると、Verbal セクション直前の Break から開始できるはずです。
以上です。

もし、上記の方法に関してご質問がありましたら、中山宛にお気軽にメールでご質問ください。

GMATPrep模擬テスト(有料)が発売開始

こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

今日は、GMAT公式模擬試験ソフトウェアであるGMATPrepに関するニュースです。

GMATPrepには無料で模擬試験が2つ含まれていますが、今回、新たに有料の模擬試験を追加で2回分購入できることになりました。

GMATPrep® Exam Pack 1という商品です。

GMATPrep模擬試験では本試験と同じプログラムが使用されているため、受験者の実力に合った問題をコンピューターが選択して出題します。

つまり、同じ試験を何度か受験しても、以前と違う解答をすると違う問題に出合うことになります。

したがって、模擬試験受験後に正解を確認しないでおけば、同じテストを何度か受験してもある程度正確な実力診断をすることができます。

しかし今回、新たな模擬試験が販売されたことで、より正確に実力診断ができる機会が増えたわけですので、受験者の方々にとっては朗報ですね。

GMATPrep用の追加練習問題であるQuestion Pack 1に引き続き、商品名に「1」と名付けているということは、今後さらに「2」以降が発売される可能性が高いのではないでしょうか。

iPhone, iPad, iPod用GMAT公式アプリが発売開始

皆さんこんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

2011年5月下旬に、iPhone, iPad, iPod用GMAT公式アプリが発売されました。

<MBA.com のアプリ紹介ページ>
http://www.mba.com/mobileapp?WT.svl=HPCmobileapp&WT.mc_ID=55.0016

<APPLE iTunes GMAT公式アプリ購入ページ>
http://itunes.apple.com/us/app/the-official-guide-for-gmat/id417778212?mt=8

モバイルでThe Official Guide for GMAT 12th Editionの問題を学習できるソフトウェアです。

問題はすべて The Official Guide for GMAT 12th Edition と同じもので、最初に購入した時点では Quantitative, Verbal の問題が合計50問、入っています。

(Problem Solving, Data Sufficiency, Sentence Correction, Critical Reasoning, Reading Comprehension が、各10問ずつ)

後から問題を1セット250問ずつ追加購入(合計800問まで)することができます。

アプリ自体の価格は、日本で購入する場合は600円、アメリカで購入すると$4.99です。

追加問題(250問)は、日本では1セット1200円、アメリカでは1セット$9.99で購入できます。

最初に入っている10問は、あっという間に終わってしまうのではないかと思いますので、追加問題の購入は前提として考慮しておくほうがよいかもしれません。

追加問題3セット分を含めると、合計 600円+1200円×3 = 4200円で Official Guide 12th 1冊分の問題数(800問)を購入できることになります。
私自身、アプリを購入してiPadで試してみましたが、十分に見やすく学習しやすいという印象です。

すでに Official Guide 12th を終えてしまった人には復習用として、これから Official Guide を解き始める人にとっては本の代用として、通勤途中などに重いオフィシャルガイドを持ち歩くことなくGMATの勉強ができるので便利なのではないでしょう か。

GMATPrep (模擬試験) のおすすめの使い方

こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

今日は、GMATの公式模擬試験であるGMATPrepのおすすめの使い方について紹介したいと思います。

GMATPrepは、www.mba.comから無料でダウンロードできるソフトウェアです。

(受験申し込みと同時に希望すればCD-ROMを無料で郵送してもらうこともできますが、到着まで1か月程度の時間がかかりますので、インターネットでダウンロードするほうがはるかに便利です)

GMATPrepには模擬試験が2回分入っていますが、本試験と同じComputer-adaptiveシステムを採用しているため、同じ模擬試験を再受験すると、前回とは違う問題が多く出題されます。

したがって、何度か受験しても未知の問題に出会うことが多く、本試験の受験までに何回もGMATPrepを受験しておくことで、テスト感覚を養うことができます。

一般的には、GMATPrepを受験するのは、GMATの学習を開始した数か月後、たとえばStrategyクラスを受講の直後くらいがお奨めです。

以下、使い方のおすすめ例です。

1. Test 1 を受験する。

2. 模擬試験を受けた後、科目ごとの正解率だけを確認する。
(各問題ごとに、どの選択肢が正解だったかは確認しない。)

3. 正解を知らないまま、同じ模擬試験(Test 1)を何回か本気で受験する。

4. 目標スコアが達成できる自信がついたころ(たとえば、2回目以降の本試験受験前)に、
Test 2を受験する。

Test 2 を受験する場合もTest 1 同様、受験後、正解をあえて確認せずに、本気で何回か受験するのがお奨めです。

受験後に正解を確認しないことのメリットとしては、実力が上がらない限り何度受験しても同じ問題を何度も間違え続けるためスコアがそれほど変わらないということが多いので、本当の実力を確認しやすいとこいうことがあります。

以上、おすすめの使い方でした。
ついでに補足ですが、GMATPrepは、Windows のユーザー名が日本語だとインストールできても起動しないままフリーズしてしまうので、注意しましょう。