調子が悪いとき・疲れているときのGMAT勉強法

こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

最近、不覚にも風邪をひいてしまい、授業中も声がかすれて出なくなることがあり、ちょっと大変でした。先日の個別レッスンでは、翌日にGMAT試験 という方だったので、風邪をうつさないようにマスクをしながら小さな声で授業をしたのですが、最後の方には咳も続いて声も枯れてしまい、「明日の試験で は、、、SCでは、ゴホッ、、、お、落ち着いて、ゲホン、、選択肢の、、、ゴホッゴホッ、、、す、す、、、すべての違いを比較して。。。」と、弟子に遺言 を言い残す師匠のようになってしまいました。
まだまだ寒い日が続きますので、皆さんもぜひ体調管理には注意してください。

さて、本題の『調子が悪いとき・疲れているときのGMAT勉強法』です。

GMAT Verbalは、疲れている時でも無理やり「1日10問」などと決めて、とにかく問題を解く、という勉強をしてしまうと、勉強すればするほど実力が落ちてしまうこともよくある怖い科目です。

疲れている時に問題を解くと、どうしても小手先のテクニックや表層的な知識だけを使って問題を解く習慣がついてしまいがちです。

したがって、少し「ひねり」が入った一定レベル以上の難問になると間違えてしまい、「正解率が6~7割のあいだを変動するだけで、それ以上伸びない」というような『壁』にぶつかってしまうわけです。

そこで、お奨めしたいのは、疲れている時・調子が悪いときと調子が良いときとで勉強する科目を分けるという学習法です。

たとえば、以下のような方法はいかがでしょうか。

■ 調子が良いとき

・苦手科目を長時間、集中して学習する。 → 長時間集中して学習することで、一気に深い理解に到達することができます。

・実戦形式の訓練を多く取り入れる。 → 模擬試験を受けるのも頭がすっきり冴えているときがお奨めです。

■ 調子が悪いとき・疲れているとき

・「暗記もの」を中心に学習する。 → 『睡眠学習』というものが一時期ブームになったこともありましたが、疲れているときや眠いときでも頭が冴え ているときでも、暗記の効率は大きく変わらないことも多いものです。イディオムや単語など、大量に暗記する必要があるものに関しては、多少疲れているとき の時間を利用するのが一番だと思います。

・得意な科目を集中して訓練する。 → 試験で少し集中力が鈍った場合でも実力を発揮できるように、多少のハンディキャップがある状態で得意科目の訓練をしておくのに疲れているときは絶好のチャンスとも言えます。

・繰り返し同じ問題を学習する。 → 頭が冴えているときは同じ問題を何度も繰り返し復習する気にはなれないことも多いと思います。疲れているときや調子が悪いときは、単純作業的に同じ問題を徹底的に復習し、パターンを体で覚えてしまうというのも1つの方法です。

・問題パターンのカード化や情報の一元化など、事務的な作業を行う。 → 時間がかかる単純作業は、疲れているときにまとめて片付けてしまいましょう。

GMAT Verbal Strategyクラスでは、短期間で効果的に目標スコアを達成するための効果的な学習法も紹介しています。

GMAT 『悪い勉強法』

こんにちは。アゴス・ジャパンの中山です。

今回は、GMATの『悪い勉強法』についてお話ししたいと思います。

GMATという試験は、たくさん勉強して何回か試験を受けてもなかなかスコアが上がらない、あるいは受験する度にスコアが下がる、という方は、実は意外に多いです。

そのような方から学習相談を受けたとき、「どんな勉強をしていますか?今までどんな勉強方法を採用してきましたか?」と質問することが多いのですが、ときどき、びっくりするほど間違った勉強法をしている方がいらっしゃいます。

■ GMAT勉強法 『悪い例』

(1) 「とにかく問題量をこなす」という勉強法

GMATクラス終了後しばらく期間が経過した方の学習法として目立つのが「問題数をこなすことが自己目的化してしまっている勉強法」です。
「SCは1日5問、CRは1日10問」などと決め、疲れている時でも調子が悪いときでも、学習スケジュールを厳格にこなすというやり方は、努力家の方に多く見られる学習法です。
しかし、GMATという試験では、授業で学習した知識を十分に思い出せないまま、あるいは十分に復習ができていないと感じたまま、自己流の思考法でたくさん問題をこなせばこなすほど、どんどん正解率やスコアが下がっていく、ということが非常によくあるものです。
いうまでもありませんが、試験のための勉強の目的は、学習時間や問題量という『ノルマをこなすこと』あるいは『これだけの努力をした』と納得することではなく、試験日に最大限の実力を発揮して『目標スコアを達成すること』です。
「何冊の教材を終わらせたか」や「同じ教材を何回復習したか」よりも、「どれだけ深く体系的に問題のポイントを理解したか」が、本番でのスコアを決めるものだということは、強調してもしすぎることはないと考えています。

(2) 「問題文と選択肢を全て書き写す」という勉強法

実際に何人かこの方法を実践している人がいたので驚きました。膨大な時間がかかり、また、問題の解法に関する要点をピンポイントで発見する実力を養成するには、むしろ逆効果になることも多いのではないでしょうか。

(3) 「問題文中に、解法や単語の意味を細かくメモする」という勉強法

GMAT学習においては、どんどん新しい問題を解くよりも、同じ問題を何度も解きなおして復習することに重点を置く方が、学習効果が高くなる傾向があります。
また、「一度間違えた問題を再び本気で解きなおして、もう一度間違えることから学ぶことの方が、新しい問題を間違えて学ぶことよりも、はるかに得るものが大きい」と言われます。
したがって、問題文にはメモなど書き込まずに、何のヒントもない状態で再び解きなおすという復習ができるようにしておくことがお奨めです。
メモをどんどん書き込むのは、解説冊子や問題のコピーの方にすべきだと思います。

GMAT Verbal Strategy では、今回紹介したような悪い学習法の例に陥らないため、短期間で効果的に目標スコアを達成するための効果的な学習法も紹介しています。

GMAT Verbal クラス受講後の学習法

こんにちは、アゴス・ジャパンの中山です。

今日は、GMAT Verbal のクラス受講後のお奨めの学習法についてお話します。

Strategy クラスや Practice クラスを受講した後、試験に向けてどのように学習すべきか、以下、お奨めの方法です。

1.GMATPrep模擬試験を受験して、実力を確認する。

現時点での弱点を把握し、目標スコアまでの距離や優先事項を確認します。

2.授業テキストの復習をする。

1つ1つの選択肢に関して、正解・不正解の理由が言えるようになるくらいに、綿密に問題研究します。

3.復習しながら、「細かい知識メモ」「重要事項メモ」を作成する。

「細かい知識メモ」とは、長期記憶に残す必要がないようなあまり重要でないイディオム等を1~2ページのメモとして集約しておき、試験前日などに一夜漬けで憶えるためのものです。

逆に、「重要事項メモ」は、特に自分にとっての苦手や弱点、または、長期記憶に残して普段の問題練習に応用していくべき非常に重要な事項を1~2ページのメモとして集約しておくものです。

4.授業教材の復習と並行して Official Guide for GMAT 12th Edition など、まだ解いたことがない問題を使って練習する。

すでに解いたことがある問題の復習だけをしていると「惰性」で問題を解くクセがついてしまいます。

ときどき、新しい問題を使って本気で問題を解く練習も取り入れていくべきです。

5.必要に応じて、随時、模擬試験を受ける。

上記の学習例の順序を基本にして、ご自分に合った方法へと応用してみてください。

今回紹介したような一般的な学習法に関するご相談についても、担当講師や私のほうにお気軽にメールでご相談ください。

GMATPrep (模擬試験) のおすすめの使い方

こんにちは。アゴス・ジャパンGMAT講師の中山です。

今日は、GMATの公式模擬試験であるGMATPrepのおすすめの使い方について紹介したいと思います。

GMATPrepは、www.mba.comから無料でダウンロードできるソフトウェアです。

(受験申し込みと同時に希望すればCD-ROMを無料で郵送してもらうこともできますが、到着まで1か月程度の時間がかかりますので、インターネットでダウンロードするほうがはるかに便利です)

GMATPrepには模擬試験が2回分入っていますが、本試験と同じComputer-adaptiveシステムを採用しているため、同じ模擬試験を再受験すると、前回とは違う問題が多く出題されます。

したがって、何度か受験しても未知の問題に出会うことが多く、本試験の受験までに何回もGMATPrepを受験しておくことで、テスト感覚を養うことができます。

一般的には、GMATPrepを受験するのは、GMATの学習を開始した数か月後、たとえばStrategyクラスを受講の直後くらいがお奨めです。

以下、使い方のおすすめ例です。

1. Test 1 を受験する。

2. 模擬試験を受けた後、科目ごとの正解率だけを確認する。
(各問題ごとに、どの選択肢が正解だったかは確認しない。)

3. 正解を知らないまま、同じ模擬試験(Test 1)を何回か本気で受験する。

4. 目標スコアが達成できる自信がついたころ(たとえば、2回目以降の本試験受験前)に、
Test 2を受験する。

Test 2 を受験する場合もTest 1 同様、受験後、正解をあえて確認せずに、本気で何回か受験するのがお奨めです。

受験後に正解を確認しないことのメリットとしては、実力が上がらない限り何度受験しても同じ問題を何度も間違え続けるためスコアがそれほど変わらないということが多いので、本当の実力を確認しやすいとこいうことがあります。

以上、おすすめの使い方でした。
ついでに補足ですが、GMATPrepは、Windows のユーザー名が日本語だとインストールできても起動しないままフリーズしてしまうので、注意しましょう。