米英のTopMBA卒業生パネルディスカッション

米英のTopMBA卒業生パネルディスカッション
〜北米のHarvard、Stanfordと、欧州のCambridge、“フィット”を求めて国、場所、カラー、学校別徹底比較〜


皆さんは、学校選定をする際はどのようなポイントで選んで、決定しますか?
ランキング?スコア?専攻?国?土地?etc...

学校選定を進める際には様々な情報を比較しながら、自分とのフィットを探り、
最終的にはそれらをエッセイ、インタビュー等に落とし込み、入学審査官を説得していく必要があります。

どんなにTOEFLのスコアが高くても、GMATやGREのスコアが高くても、
学校とのフィットは最終的な合否を左右する非常に重要なポイントとなります。

そのような”学校とのフィット”を知るべく、この度のパネルでは、米国、英国、
それぞれのトップスクール卒業生を招き、学校選択をする上で考慮すべき点や、
各大学の主だった特徴としてどのような事が挙がるのか、 パネリスト に様々な質問を投げかけていきます。

パネリストが挙げる母校の特徴やメッセージから、学校との”フィット”に少しでも
触れていただき、これからの学校選定の一助になれば幸いです。

現在、今年の出願に向け、スコアメイク、出願準備を進めている方や、これから
来年以降の出願を見据え、出願校の選定をどのように進めて行こうか考えている
方は勿論、MBAだけではなく、他の修士課程を考えている方なども、ぜひご参加ください。

なお、パネリストや参加校は常時、変わる場合がございますので予めご了承ください。

パネリスト・プロフィール:
加藤 道子(かとう みちこ)氏 
Harvard Business School, Class of 2014
国際基督教大学教養学部卒業。モルガン・スタンレー、世界銀行グループ国際金融公社を経て、
フルブライト奨学生としてHBSに留学。
HBS卒業後は、ユニゾン・キャピタルにてプライベート・エクイティ業務に従事。





篠崎 晋一郎(しのざき しんいちろう)氏
University of Cambridge, Judge Business School, Class of 2014/2015
大学卒業後、株式会社日本政策投資銀行及びグループ投資会社にて主に国内外のプライベート・エクイティ業務に携わり、バイアウト投資先の事業会社への出向も経験。
2014年より社費派遣にてケンブリッジ大学MBA留学、在学中は同大学空手部に所属し、伝統あるオックスフォード大学との対抗戦に組手部門代表選手として出場、勝利に貢献し、「ブルー(Blue)」の称号を得る。帰国後は、人事部において人財育成業務に従事。



高梨 佑太(たかなし・ゆうた)氏
Stanford Graduate School of Business,Class of 2014

東京工業大学理学部卒業。2007年金融庁入庁、サブプライムローン問題やAIG経営危機等に対応。2009年厚生労働省にてJALの経営問題対応等に携わる(この頃TOEFL iBT 59点からMBA受験準備を開始…)。2010年財務省に出向し日本銀行と協調したデフレ対応、震災復興、消費税率引上げ等に携わり、2012年からStanfordMBA留学。留学中はリベリアでNGO活動や香港で投資実務を学ぶ。卒業後は金融庁にて国際的な銀行規制に関する交渉に従事 。


■個別相談会(11:00-17:00)※11時、12時、13時、14時、15時、16時スタートの枠があります
当日の個別相談を受け付けております。
英語の勉強方法、学校の選び方、出願までの進め方、留学費用など
個別にご相談したいことがございましたら、何でもお気軽にご相談下さい。
お一人おひとりに最も適したプランをご提案します。ご相談は無料です。


■14:00 - 15:00 基礎からわかる!イギリス MBA・大学院留学セミナー


■16:00 - 17:00 基礎から学ぶ!アメリカ MBA・大学院留学セミナー


■14:00 - 15:00 TOEFL(R)攻略法〜高得点のカギを握るSpeaking & Writingテクニック〜


■16:00 - 17:00 IELTS攻略法〜高得点のカギを握るSpeaking & Writingテクニック〜




開催日一覧: 他の日には予定されておりません


このエントリーをはてなブックマークに追加