College of William & Mary MBA 学校説明会

     College of William & MaryはVirginia州Williamsburg市に所在し、1693年創立で米国の大学ではハ―バ―ド大学についで2番目に古く、325周年を迎える由緒ある大学です。Williamsburgは大学創立時はイギリス統治下の13植民州の首府でした。コロニアル・ウイリアムバ−グ地区では、独立当時の歴史的な建物を参観出来ます。キャンパス内に所在する歴史的なWren Building は、米国教育界で常時使用されている中で一番古い建物と言われています。
 
当大学の初代総長は、米国初代大統領ジョ−ジ・ワシントンで、卒業生の中には 第3代大統領ト−マス・ジェファ−ソンをはじめ3人の大統領が含まれます。ロバ−ト・ゲイツ現総長(前国防大臣)、並びに、映画界の最高賞オスカ ―賞をいただいた、大女優メリル・ストリ−プ、オバマ政権でNASA(航空宇宙局)の最高責任者、FBI(連邦捜査局)元長官、リオデジャネイロ・オリンピックで米国女子サッカーチームを金メダルに導いた女性監督も当大学卒業生です。
 
歴史のある当大学は、同窓会活動が活発です。米国内だけではなく、日本でも同窓会活動が活発です。2018年2月、第28代新学長に、キャサリン・ロウ氏が就任いたしました。ロウ氏は名門Smith College でProvost(学長代理)の地位にあった方です。  
 
Mason経営大学院は、全米の経営大学院MBAランキングはPrinceton Review(2013)でBest Campus Facility 2位、Best Professor Category 5位、Most Family Friendly 7位。Bloomberg BusinessWeek(2018)で42位、Faculty A+。Forbs (2018)で56位。US News & World Report (2018)で56位。The Financial Times(2013)で世界97位。Deloitte Tax Challenge全国大会(2013)では1位(参加83校中)。MBAProgram.org(2013)は、Environmentally Aware部門でTop10などです。さらに、学部ランキングは、US News & World Report (2014) 公立大学の部6位、全大学の部32位、Forbs (2014)公立大学の部6位、全大学の部41位などです。
 
Mason経営大学院は充実したカリキュラムを提供していますが、特にユニ―クな科目は、Executive Partner Programで、このプログラムの一部であるLeadership Development Experience Program、Field Consultancy Programは、全米の経営大学院関係者から注目を集めています。また、2009年10月にBusiness Schoolの新校舎落成式を行い、充実した施設で学びに集中することが可能です。
 
さらに、同伴家族に対しても過ごしやすい環境を提供しています。文部省認可の日本語補習校(週末開校)も近くにあります。
 


今回8月23日(木)の説明会には、Executive Partner 兼 Japan Coordinatorである松島 晃氏、並びにJapan CoordinatorであるDR. キャサリン・マツシマ氏が来日予定です。
卒業生による体験談も予定しています。こ の特別な機会を逃さず是非ご参集下さい。
Website: http://mba.wm.edu      
 
お問合せ先E-Mail: apmatsu@aol.com、 krmatsu@aol.com

※ご予約の方の情報はアゴス・ジャパンと主催学校にて共有させていただきますので、あらかじめご了承ください。


オンラインサービス、イベントのご予約、資料請求等をご希望の方は オンライン登録(無料)をお願いいたします。

開催日一覧:
  予定日  
8月23日 (木) 19:00 - 21:00 アゴス・ジャパン(渋谷) login



このエントリーをはてなブックマークに追加