【学生対象】スワースモア大学卒業生が語る『リベラルアーツ大学で学ぶ意義』 〜トップリベラルアーツ大学事情〜

トップリベラルアーツ大学であるSwarthmore Collegeを昨年ご卒業の野田百詠子さんをお招きし、アメリカのトップリベラルアーツカレッジについて実際の体験をもとに語っていただきます。
 
留学に興味がある、または考え始めたばかりという方も、トップスクールに留学したいという方、体験談を聞きたい、具体的な質問がしたいといいう方まで必見のイベントです。
 
※保護者の方のご参加も歓迎いたします。
 
  Parrish Hall.jpg

<パネリストプロフィール>
野田 百詠子さん 

桜蔭高校在学時に日米併願し、東京大学とスワースモア大学に合格。スワースモア大学に進学し、比較文学専攻にて2017年5月に卒業。大学在学中はライティングプログラムでライティングメンターを務め、日米の出版社でのインターンシップも経験。卒業後はシリコンバレーのスタートアップに勤務。
 
<学校紹介>
名門リベラルアーツカレッジを総称するリトル・アイビーの1校で、1864年創立。1学年350人程度の少数精鋭教育でありながら、過去に5名のノーベル賞受賞者を輩出するなど、全米的にも高い学術レベルを誇る。卒業生の博士号取得率は全米3位。
US News社のリベラルアーツカレッジランキング2位、ForbesによるAmerica's Best Collegesの全米ランキングでも3位を誇る。
 
 
開催日
2018年10月21日(日)11:00〜12:30

オンラインサービス、イベントのご予約、資料請求等をご希望の方は オンライン登録(無料)をお願いいたします。

開催日一覧:
  予定日  
10月21日 (日) 11:00 - 12:30 アゴス・ジャパン(渋谷) login



このエントリーをはてなブックマークに追加