【大手町「東京金融ビレッジ」MBA特別セミナー】 UCLA・アンダーソンとノースウェスタン・ケロッグ卒業生による体験談

今回の特別セミナーでは、アメリカのUniversity of California, Los Angeles のAnderson School of ManagementでMBAを取得され、日系企業のアジア進出で活躍された林 雄一氏と、Kellogg School of ManagementでMBAを取得され、現在は仕事と母親業を楽しみながら両立されている間瀬 陽子氏をお招きし、留学のきっかけ、難関校の合格をどの ように勝ち取ったのか、留学を通して得たものなど、体験談を踏まえて語っていただきます。 日時:11/26(水) 19:00-21:00  パネリストプロフィール: 林 雄一(はやし・ゆういち)氏 株式会社ローソンマート 上級執行役員 社長補佐 営業本部副本部長(東日本 担 当) 兼、株 式会社ローソン LM/LS100事業本部 副本部長 UCLA Anderson School, Class of 1999 米ペンシルベニア州ミラーズヴィル大学を1991年に卒業後、中外製薬に入社し国際事業部にて管理系業務に従事。企業派遣留学生 として UCLA Anderson Schoolに留学。卒業後、経営企画部にて事業計画策定、M&A等を手掛ける。2005年ローソンに転職し、経営戦略室にて事業計画策定、 M&A、更に海外進出業務を任される。2008年にローソンを退職。IPOをめざし外食の中堅である蟾掌涌譴防社 長兼 COOとして就任。ミッションの目途が立った2010年ローソンに再入社、海外事業に専念しインドネシア案件を取りまとめる。2011年5月イン ドネシアパートナー企業のVice President Directorに就任し、既存業態の改革及びローソン店舗の展開を任される。2014年3月インドネシアより帰任、現在に至る
間瀬 陽子(ませ・ようこ)氏 Kellogg School of Management, Class of 2001 国際基督教大学卒業。SI会社でSE職、大手ソフトウエア会社でマーケティング職を経てケロッグにてMBA取得。ベイン・アンド・カンパニー でコンサルタントとしてクライアント・プロジェクトに従事した後、友人とソフトウエア・ベンチャーを起業。出産を機にベイン東京オフィスに初 代HRマネージャーとして復職、現在に至る。アーク・コミュニケーションズ取締役。ケロッグ日本同窓会役員、公立小学校PTA役員として、そ れぞれのコミュニティの持つ力を最大化することを、楽しみながら実践中。 




ファシリテーター: アゴス・ジャパン代表取締役 横山 匡 会場:大手町フィナンシャルシティ サウスタワー5F 東京金融ビレッジ http://www.fine-tokyo.com/access/ 丸ノ内線「大手町」駅 A1出口直結 半蔵門線、千代田線、東西線、都営三田線「大手町」駅下車 E1・A4出口よりアクセス可能

オンラインサービス、イベントのご予約、資料請求等をご希望の方は オンライン登録(無料)をお願いいたします。

開催日一覧: 他の日には予定されておりません