留学FAQ(よくある質問と回答)

 メインページ »» MBA出願結果

目次


 出願した学校からウエイトリストの通知がきました。これはどういう意味ですか?
ウエイトリストに載るということは、もしも合格者の中から入学辞退者が予想以上に出た場合は、繰り上げ合格の対象となっているということです。ウエイトリストの利用方法は各学校によって異なります。最も大切なことは学校のアドバイスや指示を確認し、従うことです。

ウエイトリストに載ったという連絡を学校から受け取られた方はウエイトリストに関する注意事項(PDF)をよくお読みになり、出願戦略カウンセリングをお受けになることをお勧めいたします。

 第二希望の学校に合格しましたが、そこに行くか行かないか第一希望校の結果が出る前に返事をしなければなりません。どうしたらよいですか?
もし、返事をせかされるようであれば、正直に「自分にとって人生でとても大きな意思決定なので、出願校のすべての結果が出揃ってから決めたい」、あるいは、企業派遣の方の場合には「全ての結果が出てから会社と相談し、承認を得ることになっている」と伝えれば、まず問題無いでしょう。ただし、その場合も学校側にDepositを支払うのが一般的なようです。高いところではINSEADは100万円以上、Columbiaでは6000ドルのDepositが2008年は必要でした。
 最終進学先を決定するのに迷っています。何かアドバイスはありますか?
学校訪問や、在校生と再度コンタクトを取ることをお勧め致します。特に2年生の方々はビジネススクールの経験を振り返り、卒業後の就職に向け学校側のサポートや、現地での生活面、授業の様子に関する話をシェアしてくださるなど、良い情報交換の機会になると思います。在校生との会話を通しても、まだまだ情報不足という方は、卒業生の方とコンタクトを取って、ネットワークの構築度合いや活用状況を確認してみるのも一つの方法です。

数ヶ月前の出願準備以前の状態とは異なり、合格通知書を手にした今、出願先とのコンタクトに対し過剰に意識する必要はありません。今度は自分の眼でその進学先を決定するわけですから、自分が知りたい、入学前に解決しておきたい問題等をアドミッション側へ積極的に質問を投げかけてください。


[ メインページ ]