留学FAQ(よくある質問と回答)

 メインページ »» LLM出願戦略・出願書類

目次


  LLM Credential Assembly Serviceとは何ですか?
The LLM Credential Assembly Service (LLM CAS)とは、成績証明書、TOEFLなど英語力のスコア通知、推薦状を出願先の学校に一括して送付してくれるサービスです。
学校によっては、LLM CASを使って出願をすることを必須としている学校もありますので、必ず各学校のインストラクションをご確認の上、ご利用ください。


•copies of all undergraduate, graduate, and law/professional school transcripts, as required by each school;
•an International Credential Evaluation report (for international applicants only);
•copies of letters of recommendation, if required; and
•copies of English proficiency exam scores, if applicable.

当サービスを利用される場合には、手続きに4-6週間はかかりますので、必ず早めに登録手続きを行っていただくことをお勧めします。

IMPORTANT: You should register and pay for the LLM Credential Assembly Service at least four to six weeks before your first law school application deadline. It takes approximately two weeks to process a US transcript or letter of recommendation from the time it is received by LSAC. Transcripts from non-US institutions may take longer.
 現在弁護士です。司法研修所の成績も送る必要がありますか?
はい、必ず提出してください。
 一般的な質問ですが、出願書類の記入欄のうちで、特に記入する内容が見当たらない場合はそのまま空けておいてもよいでしょうか?それとも、ブランクになりそうな欄については、すべて「n/a」などとする方がより正式なのでしょうか?
こうしてケースにおいては、n/aとご記入ください。
 LSACに送付する成績証明書について教えてください。
LSACの表記を紹介します。

特に交換留学で単位取得をされた方(学位を取得していない場合)も対象となりますので、
該当する方は早めにすべての成績証明書の発行依頼をお願いいたします。

Law schools require you to send all transcripts from the following institutions you may have attended:

•community colleges,
•undergraduate and graduate institutions,
•law/medical/professional institutions,
•institutions attended for summer or evening courses, and
•institutions attended even though a degree was never received.

Transcripts must be sent from institutions even if
•credit was transferred from an institution and it appears on another institution’s transcript;
•the institution has closed;
(These transcripts are usually maintained by the department of higher education or by another school in the state in which the school was located, so you will need to contact the state’s department of higher education. For international transcripts, contact the Ministry of Education or similar government agency in the country where the institution was located.)
•“Withdraw,” “Incomplete,” and so on, are the only grades listed; or
•you have just enrolled, in which case you should request that the registrar’s office send a transcript of courses “in progress” or a statement of current enrollment and the anticipated date of completion. The document must bear the official registrar’s seal.

http://www.lsac.org/llm/applying/llm-requesting-transcripts.asp
 LSACの記入方法:First degree in law informationのmajor名の箇所には何を記入するのでしょうか?
Lawと記入してください。
 LSACの記入方法:画面上に記されているTranscript Request Formというのは何のことを指しているのでしょうか?LSACへアカウントを作成した時点で何かformのようなものがでてくるので しょうか?
Transcript Request Formは出身大学(交換留学先も含む)の大学事務局へ提出するTranscript自体の作成と発行を依頼するための書類です。
こうしたTranscriptには個人情報が含まれるため、出願者本人を経由して大学側へ正式に作成依頼をし、それを受理したことを証明する役割をもちます。
この「Transcript Request Formが成績表と同封されないことには正式な出願書類として受付けることができません」、というLSAC側の回答内容を示す文面としてご理解ください。
 LSACの記入方法:G.P.A.(評定平均値)は卒業した大学からLSACへ英文成績表が送付されると、LSDAS側が自動的に計算してくれるのですか?
はい。LSACが診断を行い、出願先と出願者へ送付されるReportで記載される_Quality of Academic Record_箇所へは、Superior, AやB, C+etc.等の内容が明記されます。
そしてLSACのユーザー(出願者)へは、PDF版のレポートが届くシステムになっています。
 LSAC記入方法:成績証明書を取り寄せたところ、Gradingの方法が在籍時と変わっており、現在は3が最高ポイントでした。成績表内の記載には、“GRADE POINT AVERAGE(Total) 2.80/3.0”となっています。通常の大学と異なる制度ですが、LSACに説明が必要ですか?
成績所の裏面に、A=3、B=2、C=1とGradingの説明は英語で明記されているのでしたら、そのままGradingの評価はLSACのEvaluationに任せておけば問題ないでしょう。
ただし、既に作成済みの書類に複数の情報が行き違うことを防いでください、例えば、Resumeには3.8と記載されています。その一方でTranscriptには2.8ということを避けるために、Resumeの記載内容を2.80/3.0へ変更しておく、願書のGPA記載の部分も2.80/3.0としておいてください。
それでも不安であれば、出願校のApplication Formsで特記事項欄等を利用し、自身のGPAについて補足説明を加えておいてください。
 LSACの記入方法:ETSを経由して複数のTOEFLスコアをLSACに送付してしまった場合、複数のスコアがLSACのReportに表示されるのでしょうか?それとも、後に送付したスコアが反映されるのでしょうか?
過去に複数回ETSを通じて、スコア通知をしている場合には、申請されたスコアレポートが全て登録されるため、別途で入学審査用の申請スコアと受験日を記したカバーレターを添えて通知する形が宜しいと思います。

 LSAC記入方法:出願者から送付された成績表等をもとにLSACレポートを作成するそうですが、そのレポート以外にも出願校へ出願者の英文成績表そのものの写しを送付しているのでしょうか?
はい、送付する形で対応しています。
 LSAC記入方法:LSACに登録した情報は登録料の支払い後でも随時修正できるのでしょうか?
登録内容に関するテクニカルサポートにつきましては、以下のメールアドレスにお送りいただき、先方から正式回答を先方より頂戴する手順をお勧め致します。問い合わせ先はこちらになります:LSACinfo@LSAC.org
 LSAC記入方法:Application登録画面上の質問項目にあるSecondary Institutionというのは、卒業した高校を入力すればよいのでしょうか。 また、Degree, Certificate等の欄は、卒業証書という意味でDiplomaとして記入しておけばよいでしょうか?
Secondary Institutionの欄には学位を取得した高校名を入力してください。そしてTypes of Secondary Certificateは High School Diplomaと記入してください。
 レジュメとエッセイをオンラインで添付した場合、プリントアウトしたものも、併せて推薦状等と一緒に送るべきですか。
大学側からの指示がなければ送付する必要ありません。
 推薦状をLSACから送付してもらう方法を教えてください
LSACでの各自のID上に推薦者を登録し、推薦者からLSACに送付された推薦状アップロードするサービスです。アップロードされましたら、出願者が各学校に推薦状の送付指示を行うことで、LSACより推薦状が学校に一括で送付されます。

このサービスを使って推薦状を学校に送付依頼をする場合、手続きに約2週間かかります。締切に間に合うように、早めに手続を行うことをお勧めします。

http://www.lsac.org/llm/Applying/LLM-letters-of-recommendation.asp?view=1


 レジュメとエッセイはオンラインで提出しようと思っていますが、その場合、添付するファイルはPDF(読取専用)の形式でもよいのでしょうか?それともWordファイルの方がよいですか。
Wordファイルである必要はありません。学校側の指示に従うのが原則です。
 カバーレターとはどのようなものですか?(これとこれはオンライン出願に添付提出、これとこれを今回郵送で送ります、というリストのようなものでしょうか。)こういったカバーレターは、出願要綱で特に求められていなくても必ず添付した方がよいのでしょうか。
カバーレターを添付する際は、通常の範囲外で説明を要する時になります。下記に該当事例を幾つか列記します。
・TOEFL Scoreに対する説明(ETSやLSAC等からスコアレポートが届いていない場合は、Official Scoreのコピーを同封し、そのコピーを暫定的なスコアとして用いてもらう場合)
・指定書類以外の追加書類を提出する場合(追加推薦状)
・ETSやLSACでレポート済みのTOEFLスコアと差し替える場合
・直属の上司から推薦状をもらえない場合
・大学時代の先生から推薦状をもらえない場合
・大学時代の成績内容について特別に説明を要する場合
 送付状(カバーレター)は添付するものでしょうか。もし添付するとすれば、どのような内容を記載するのが通常でしょうか。
追加書類等(推薦状の日本語文等)を含む場合に、送付状(カバーレター)を含み、送付書類の中身をアドミッション側へ伝えます。a) 書式は英文レターフォーマット b) 宛先はLaw School Admissions Office c) その送付状の文章内容は、「下記の書類をお送りしますので宜しくご査収ください」という旨の文章を一筆明記し、その後に続く上記「下記の書類」の詳細内容については、箇条書きフォーマットにて記述することが適切です。
 オンライン出願をしない場合、エッセイと封をした推薦状をひとつの封筒にまとめてFEDEXで送ればよいでしょうか。
各校の出願要綱内容をまずはご確認ください。推薦状は推薦者から直接に送付するよう指示が述べられているケースが多く見られますが、このような指示が出ている際にはエッセイと一緒に送付する必要はありません。
 用紙で提出するものについて質問があります。こうした際に使用する紙の種類ですが、みなさんどのようなものをお使いでしょうか。普通のコピー用紙でよいのでしょうか。透かしの入ったコットン製のボンド紙や、和紙で独自性をアピールする旨を耳にしたことがあります。
普通のコピー用紙で構いません。
 出願書類を郵送する際にはカバーレターをつけるのが常識だと聞きました。各校のApplication Instructionにはカバーレターをつけるようにとの指示はありませんが、このような場合でもカバーレターは作成すべきでしょうか?
Application Formsに記載した内容やそれ以外において別途説明機会を要する際など、必要に応じて作成してください(必要なければ作成せずに出願してください)。なお、カバーレターそのものが含まれないことが、審査を不利にすることはありません。
 オンライン出願の際にエッセイや推薦状はどういう形で送ったらよいのでしょうか。
双方の書類をオンライン申請書類(Application forms)の指定先からアップロードをする形で対応します。
 出願要綱を確認していると成績証明書のみではなく、卒業証明書の提出をも要求している大学もあります。基本的な質問ですが、これはその要求通りに対応することで宜しいでしょうか?また、卒業証明書を要求しない大学へも念のため提出しておいた方が良いでしょうか?
卒業証明書は出願時に必ずしも必要となる書類ではありませんので、各校のリクエストに対応する形で対処してください。そのため要求していない大学へは提出する必要は特にありません。
 エッセイは自分のサインをするのでしょうか。
必要ありません。
 Other postsecondary Degree Informationのところに、大学時代に交換留学したフランスの大学を入れてもよいですか。またその際に、 Degree, Certificate等の欄はSeminarにしてもよいでしょうか(ちなみに当時履修したクラスはEU Politics & Environmental Lawのゼミ名でした
こうして日本の出身大学と提携先である海外の大学へ交換留学した等の情報は必ず入力してください。
 Application登録画面上にName of certificate, degree, or exams awarded in indigenous termsと書かれていますが、これは、HOUGAKUSHIと書くのかLLBと書くのかそれとも、BACHELOR'S DEGREEと書くのでしょうか?
Degreeの項目欄については、出身大学から発行された英文のTranscriptに記されている内容が正式名称となるため、そのまま転記してください。
 大学在学時における成績ランキングを示す事実内容確認のため、出身大学へ問い合わせしましたが対応してもらえませんでした。こうした際は、どのように対応すればよろしでしょうか?
そうしたランキングシステムが設けられていないのであれば、現段階で今以上のアクションを取る必要はありません。但し、ご自身の大学時代における成績内容からみても、その順位(何人中の学生が在籍する中で上位%)付けをする方法として、推薦者の方その旨を凡そ上位○%と示していただく形でアピールしてみることも表現手法の一つです
 出願締切日を調べていたところ、Early DeadlineとRegular Deadlineに分かれていました。このEarly Deadlineとは何ですか?出願は両方のDeadlineへ可能ですか?
Early Deadlineとは、そのプログラムへの進学を他校よりも優先的に検討している出願者のための締切日です。又、出願は両方へ出すことは出来ません。
 出願予定校の締切日にはEarly Application Roundがあり、こちらの締切日にあわせて出願した方が審査の上で有利だと聞いておりますが、現状のTOEFLスコア(98点)で出願してよいものでしょうか?
大学側が設定するMinimum Requirementをクリアした時点で出願することをお勧めします。出願書類が完成済みであっても、TOEFL Scoreを待ってRegular Roundでの出願が妥当です。
 私の出身大学では、大学3,4年次のゼミ(合計8単位)の評価はPass or Failのみで、成績そのものがつきません。ゼミで執筆した卒業論文(単位なし、成績のみ記載)の評価はA〜Dのレンジで成績が記載されます。こうして成績がPass or Failでつけられる場合、GPAの計算時はどう対
Passの成績を加重平均計算方式にて行な場合、分母となる総単位数には含まないでください。0と計算するのはTranscript上において、Failと記載された場合です。
 TOEFLのベストスコアは、103(R30,L29,S18,W26)ですが、先月に受験した101(R30,L25,S21, W25)もセクションごとのバランス配分を考えると捨て切れません。出願の最低条件(100点)はクリアしているのですが、英語力をアピールするためにも103を申請した方がよいでしょうか?
こうした状況下においては、総合スコアの高低もさることながら各セクションのバランス配分をも含んだ上で考察してください。
 Speakingでは10点台より20点台を使用された方が懸命です。
◆Listeningでは4点のギャップがあるものの25点取れていれば問題ありません。
 出願予定先が求めるMinimum TOEFL Scoreはいずれも100点であり、過去の出願状況及び結果と照らし合わせて101点を用いて問題ないと判断しました。
 出願締切日までにスコアが揃わない(もしくはLSACへの登録が間に合わない)場合、現状の最高点で出願をしておいて、後日100点が出たところで、スコアを再提出する、という方法で出願してもよいものでしょうか。またこの場合、いつまで再提出が認められるものでしょうか。
a) 再提出スコアを受理する・しないについては、各校のアドミッションズ・オフィスの対応によって異なります。
b) 締め切り日以降におけるスコアの再提出については、不慮でテストが受けられなかった等以外の場合を除き原則的には認められていません。
c) 再提出スコアの受理を申請する際には、締め切り以降7日以内を目安として考えてください。
 司法試験受験のため、大学卒業後にブランクがあります。こうした点については、何か説明が必要ですか?
はい、説明が必要となります。このブランク期間に関する説明の際は、司法試験のための受験勉強もさることながら、法律分野に対する見識の広がりなど、この時期が自分のキャリアにとって意味あるものであったことを記してください。
 出願先の募集要項には、レジュメの提出は必須ではないと記載されていましたので、提出する必要はないでしょうか?
短時間で出願者のバックグランド(概要)を知ってもらうためにも、レジュメは必ず提出してください。レジュメを提出することにより、自己の学業並びに職歴をアピールする効果を伴います
 出願してから2ヶ月が経過しましたが、いまだ連絡がありません。合否結果について大学側へ催促しようと思いますが、問題ありませんでしょうか?
結果をやたらと急がせることはマイナス状況を生みますが、一概に待つことだけに終始する必要はありません。合否を決定するまでの期間の目安は、6〜8週間(プログラムによっては8〜12週間)になります。現時点での対応策として、今後1週間待っても連絡がこない場合は、大学院へメールにて問い合わせをしてください。
 PennsylvaniaのEarly ApplicationとNYUの締切り日が同日です。今の作業状況とは、交換留学先の成績表発行待ちで、LSACのレポートがいまだに終わっていない状況です。双方の大学への対応方法についてアドバイスをもらえませんか?
両大学のAdmissions' Officeへは、
・LSACレポートの作成に予定以上に時間がかかっている事情を説明してください。その連絡手段としては、メールで連絡し書面記録を残した上で、その後は電話でフォローしてはいかがでしょうか。メールのみでコミュニケーションを取ろうとしますと、担当者が不在であればそのまま放置されてしまうケースが出てきます。記録+確認(お急ぎの際は電話)にて対応するコンビネーションが妥当です。


[ メインページ ]