モデルプラン:大学留学を目指す方

海外トップ大学進学に向けて

欧米の大学の入学審査に臨むにあたり、国内大学入試と大きく異なる点は、日頃の学業(高校の成績、履修科目)、課外活動を通じてのユニークさ、人となりを重視した総合的な書類審査であるということ。海外トップ大学進学を目指す皆さんが必要となる準備項目は、いわゆる入試に向けた科目勉強ではなく、主に以下の3点です。

① 高校の成績を重視した学習への取り組み
② 課外活動への取り組み
(部活、ボランティア活動など)
③ 早い段階からの英語力・学力テスト対策開始
(TOEFL(R)TEST/SAT(R))

お勧め受講プラン

コロンビア大学、ハーバード大学などアイビーリーグを始めとした超難関校を目指すためには、高い高校の成績と英語力だけではなく、SAT(R)スコア、人物評価が重視されます。TOEFL(R)TEST対策、SAT(R)対策、出願エッセイ対策、人物評価でアピールすべきことの洗い出しや、進路など準備のすべてを万全にする必要があります。

受講プログラム(受講期間の目安)

≫ 学生対象 TOEFL(R)TEST 対策総合パッケージ 100点(S)(7ヶ月 ~ 13ヶ月)
≫ SAT(R)対策(SAT(R) Strategy+SAT(R) Practice)(3ヶ月 ~ 5ヶ月)
≫ 大学出願パッケージ(4ヶ月 ~ 10ヶ月)

※ 各パッケージ/コース名をクリックすると詳細をご覧いただけます。

学習スケジュール例 (目安:準備時間 1200時間/準備期間 12~18ヶ月)

学習スケジュール例