エグゼクティブトレーニング

エグゼクティブトレーニングエグゼクティブエデュケーションでは、経営戦略の創造と実行とができる“人財”育成を目指し、上級管理職・管理職が外的・内的企業環境変化への対応能力を高めるために、経営理論と実践を学ぶをこと目的としています。

一般的に、職務経験10~15年以上で、社長やCEOから2~3ランク以内のマネジャーを対象とする上級管理職者向けのものから、管理職経験5年以上の部署責任者以上で、今後マネジャーとして活躍を期待される幹部候補生対象のものまであります。参加者の英語力の目安は、TOEFL iBT(R) 100程度です。

Executive Training Camp(ETC)

2、3日間のテーマを絞ったものから1週間程度の短期集中プログラムです。プログラム修了後、参加者には修了証明書(Certificate)が発行されます。

【特徴】
●短期集中でフォーカスした経営知識を修得
●世界から集まる上級管理者との交流を通じた視野の広がり
●人的ネットワークの構築

Executive Development Program(EDP)

ETCよりも幅広い分野を学ぶ、2週間から1年間のプログラムです。その他に最長1年ビジネススクールに聴講生として参加するアレンジメントや語学教育とビジネストレーニングを組み合わせた4~12カ月までのトレーニングも手配可能です。プログラム修了後、参加者には修了証明書(Certificate)が発行されます。

【特徴】
●学位取得を必要としない上級管理者が体系的な経営知識を修得
●MBA取得者の経営知識のアップデート
●トップビジネススクール同窓生ネットワークの活用が可能

エグゼクティブMBA

すでにマネジャー職に就かれている方が、一定期間をかけて学位取得を目指すプログラムです。従来のフルタイムMBAプログラムと違って、既に職務経験を積んでいる中堅幹部(職務経験10年程度の管理職経験者など)が対象で、第一線で活躍するビジネスパーソンが仕事をしながらでも受講可能なように、週末や夜間コースを主体にパートタイム向けに組まれるものも多く、そのスタイルは多様です。

企業に属しながら参加することを前提としているため、企業にプログラムの柔軟性を理解してもらうことが重要です。ただし、企業から「参加支援同意書」など、在籍中の勤務形態に理解を求める書類に同意があった場合には、個人で参加申請をすることが可能な場合もあります。当校では、出願に当たって、合格実績が証明する質の高い留学指導サービスを提供いたします。

【特徴】
●キャリアを中断せずに学位(MBA)の取得が可能
●多様な履修期間とカリキュラム
●多数のケース・スタディーによる実践的な知識・スキルの修得

※上記EMBAの他、職務経歴10年程度の方を対象とした、Mid Career MBAプログラム(“Sloanプログラム”など、1年程度のフルタイムプログラム)の留学指導サービスも提供しております。

主なエグゼクティブMBAプログラム

  • Northwestern University「Executive MBA」
  • University of Chicago「Executive MBA」
  • University of Pennsylvania「MBA for Executives」
  • University of Southern California「Global Executive MBA」
  • UCLA-NUS「International Executive MBA」
  • University of California Berkeley「Evening & Weekend MBA Program」

主なエグゼクティブプログラム

  • Harvard University「Advanced Management Program」
  • INSEAD「International Executive Programme (IEP)」
  • Stanford University「The Stanford Executive Program」
  • Columbia University「The Columbia Senior Executive Program」
  • IMD「The Program for Executive Development」

エグゼクティブトレーニングに関するお問合せ先

アゴス・ジャパン
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町18-4二宮ビル
TEL:03-3463-1343