LLM留学

LLM留学通常、日本人が留学するプログラムは、ロースクール(法学専攻の大学院)のうち、法学専攻の大学を卒業して法学士の資格を取得した方が、さらに研究を深める「Master of Laws(LLM)」のプログラムです。欧米では本来、LLMは研究者や教育者育成のプログラムですが、日本の場合、企業や弁護士事務所からの派遣でロースクール留学をし、帰国後は企業のLegal Adviser(法律顧問)として活躍するケースが多数を占めます。しかし最近では、私費留学をして、帰国後に留学キャリアを活かして企業に就職して活躍する方も、徐々に増えてきています。

>≫ 主要LLMのプログラム出願情報ダウンロード(要ログイン)

2つのロースクール留学パターン

2つのロースクール留学パターン

1.法学部卒業の方(法学士を取得している方)

LLMプログラム(1年間)に直接出願できます。

2.法学部以外の大学を卒業した方(法学士を取得していない方)

まずはJuris Doctor(JD)プログラム(3年間/日本の大学の法学部に相当します)に出願し、卒業後、LLMプログラムを目指します。出願にあたってはTOEFL(R)TESTの他にLSAT(R)のスコアが必要です。ここでは主として1のケースについてご説明します。2のケースや、その他、不明点がある方はご相談ください。

どのぐらいの学校がLLMプログラムを提供しているのか?

アメリカ法曹協会(ABA:American Bar Association) 認定のロースクールは全米に200校(2008年6月時点)あります。ABAは法律の専門分野認定団体です。

アメリカのロースクールは法律家(ロイヤー)養成のJDプログラムが主体で、すべてのプログラムにLLMが用意されているわけではありません。全体の約1/2の学校や大学院プログラムで法学修士号が取得できるLLM(Master of Law)/M.C.L.(Master of Comparative Law)プログラム、法学博士号が取得できる S.J.D./J.S.D.(Doctor of Juridical Science)が用意されています。

アゴス・ジャパンのLLM対策

トップスクールの合格に不可欠な2つの柱「テスト対策」「出願対策」をトータルにサポートします。テスト対策プログラムでは、独自の攻略法「Strategy」が短期間でのスコアアップを可能にし、出願対策プログラムでは、長年に渡る指導経験や、海外教育機関とのネットワークなど最新の情報を基に受講生の力を最大限に引き出す指導で、志望校合格をサポートします。

無料オンラインサービス

無料イベント

LLM/大学院出願対策プログラム