大学留学

大学留学 <欧米の大学は入試ではなく書類選考>
海外の大学に留学するためには、高校卒業もしくは同等の資格があれば誰でも可能です。日本の大学受験のような一発勝負の入学テストというものはなく、高校の成績や履修科目、エッセイ、そして授業についていける英語力が大切になります。入学審査は入試ではなく書類審査であるため、条件がそろえば誰でも出願でき、日本の大学との併願も可能です。

<国によって異なる教育制度>
教育制度は国によって異なるため、必ずしも日本と同じように大学は4年間とは限りません。アメリカ・カナダは日本の制度に近く、2年間の一般教養課程と2年間の専門課程を修了して学士を取得します。イギリス・オーストラリア・ニュージーランドなどでは、大学は専門分野を学ぶ高等教育機関で、一般教養課程はなく、3年間で学士を取得します。日本の高校卒業後、約1年間ファンデーションコースと呼ばれる大学準備コースで勉強し、大学へと進学します。

<圧倒的な大学数を誇るアメリカ>
世界の中では、アメリカが圧倒的な大学数を誇っています。4年制大学約2300校、2年制大学約1700校あります。日本の大学は4年制大学、短期大学、高等専門学校を合わせても1200校あまりで、アメリカの大学数とは比べ物になりません。世界のトップレベルの名門大学は大半がアメリカの大学が占めています。

<柔軟で多様性のある教育環境>
アメリカの大学の特徴は、柔軟性と多様性にあるといえます。アメリカの学部課程では、入学時に専攻を決める必要がなく、入学後に専攻を変えられる点も日本の大学とは異なります。最終的な専攻は2年次に決めればよく、いろいろな科目を学びながら自分に合った分野を決めることができます。また専攻の取り方も、主専攻(major)の他に副専攻(minor)を取ったり、2つの専攻を主専攻として同時に取ったりすることもできるなど、多彩で柔軟性があります。

<平等の教育の機会>
何よりも魅力なのは、性別、国籍、年齢を問わず平等に教育の機会を与えるという前提のもとに、多くの留学生を受け入れる教育理念にあります。その国の文化や言語だけでなく、世界の学生との交流を通じて国際感覚が身に付き、日本では得にくい大学留学ならではの貴重な経験ができることです。

アゴス・ジャパンの大学留学対策

アゴス・ジャパンは開校以来、独自のテスト対策と出願対策で世界トップクラスの大学院やビジネススクールへの圧倒的な合格実績を誇ってきました。当プログラムは、そのメソッドに基づいて高校生・大学生向けに開発され、海外トップ大学を目指す皆様の合格をサポートします。

無料オンラインサービス

無料イベント

大学留学プログラム