合格者の声

2012年度合格者からのメッセージ【インタビュー】

Photo [MBA]
お名前:宮田 詩子さん
合格校:ESSEC(France:International Luxury Brand Management)
合格校:International University of Monaco
入学校:ESSEC(France:International Luxury Brand Management)


インタビュアー
岡田千瑞子(アゴス・ジャパン コンサルタント)

   <以下敬称略 ■…岡田>

■今日はお時間頂きありがとうございます。留学を志したきっかけを教えてください。

そうですね。楽しいだけの人生できましたので(笑)そろそろまじめに生きなくてはいけないんじゃないかと思ったんです。
今やっている仕事は自分の好きなことで、どうせやるんであれば、競争心、という訳ではないですが、人よりイイ仕事がしたいと思っていたので、それであればMBAしかないんだろうな、と考えました。

■その辺りのことは、留学することを決められてからお会いしたから、ちゃんとお聞きしたことがなかったですね。今携わっていらっしゃるブランドのお仕事が凄くお好きなんですね。

好きです、はい!

■それだけお好きなことに関わっていても、会社を辞めてでもMBAに行こうと思ったのは?

そうですね、やっぱり、日本のブランド業界に何か足りないものがあるのでは?と考えた時に、MBAの取得者がもう少しいたら、もう少し変わるんじゃないかと強く思う事がありまして。それと、この仕事、本当に私にとって楽しい仕事なんですね。
毎日、毎日、綺麗なものしか見ないわけですから、本当にこんな楽しい仕事はないと思うんです。もっと素晴らしい仕事はたくさん世の中にあるとは思います。震災の後とか、政府のお仕事、お医者さま、ほんとうに素晴らしいと思って。私は何をやったら役に立つんだろう?と思ったんですけど、でも、人は綺麗なもの、美しいものとか、夢なしでは生きていけないと思っています。その証拠に、ラグジュアリーブランドって、すごく今、回復してきていているんです。

■MBA留学への決断には、震災は大きく影響しているんですか?

その前に決めてはいたんですけれども(笑)
でも、震災が起きて、再確認したということです。

■留学準備を振り返ってみて、大変だったことは?

もう大変すぎてですね、あの、TOEFL(R)TESTの100点の後がこんなに長いなんて、と思いました。
今までは、勉強しないのが問題であって、勉強したのに出来なかったというのがあまり無かったので、相当困惑しました。「なんで解けないんだ」って。先生と一緒にやるとできるのに、本番ではできない、とか。そんなのばっかりで。でも、まぁ、辞めようとは思わなかったんですよ。
とにかく、大変すぎました(笑)

宮田さんは、コンサルティングの中でも、パッションをすごくお持ちという印象が強く、常に前向きでしたよね。

そうですね、出願準備のネタには困りませんでした。

■留学準備は、部分だけではなくて、総合戦みたいな感じだと思うんですけどね。宮田さんのコンサルティングセッションは、とても印象的でした。この話もネタとして使えるなとか、とにかくネタには困らないし、何よりも、ブランドマネジメントが好きである、パッションがあると毎回感じていました。

ブランドが好きなんじゃなくて、良い物が好きな結果ブランドが良いものをつくっているっていう(笑)

■あ、その通り、セッションで言われました。すみません!(笑)やっぱり、この強みが合格に大きくつながったと思うんですよね。
続いて、インタビュープロセスを聞きたいんですけど、ネタには困ってないし、たぶん普段から英語を使う機会って多いと思うんですけど、対策として意識されたことってありますか?

会社がずっとヨーロッパの会社だったのもあり、インタビューも社内のミーティングみたいでした。もちろん多少緊張はしますけど、重要な会議のひとつぐらいに思えたので。それに、雰囲気もやっぱりヨーロッパのファッションブランドのようでした。
例えば、合格校のインタビューの教授の1人は、アルマーニのフランスの元CEOでした。なので、なんとなく近い方でもあったので、仕事ぐらいだと自分で思えて、あまり違和感なく溶け込めました。緊張でものが言えなかったというのはなかったので、それはすごく得でした。

■普段かなり英語を使っている人でも、インタビューが自信がないという人が圧倒的に多いんですよ。

え、そうなんですか?!

■そう、だから、すごいですよ。最初に、雰囲気に溶け込めたっていうのは、みんななかなか出来ないんですよ。最初に何を話すか、とか、結構困るんですけど、面接官を前に、ちょっと固くなってしまったりとか。もちろん、全部の方がそういう訳ではないけども、さすが宮田さんですね。

あ、でもそれは会社ですごく鍛えられたんですよね。例えば、コレクション説明会時に、ファッションショーのビデオが急に流れて、では説明してくださいって、いうことがあるんです。

■どこでですか?

ブランド説明会やバイヤーとかとの打ち合わせの時に、「誰々さんお願いします」って、初めて見るコレクションであっても、初めてみる商品であっても、意見や感想がないなんてあり得ない、という世界なんです。「何も思わないんですか?」みたいな感じで。それで鍛えられたのかもしれないです。

■相当に怖いですね~

答えられないと怖くて!「なにも感想ないんですかっ??!」みたいな(笑)

■そういう経験が活きているんですね。

そう、自然とそうなるんです。そのノリで違う会社の方と接すると「何この人?」みたいになるみたいですけど(笑)
でも、そんな、仕事の時に一番近い自分を出せたかな。

■すごいですよね。ラッキーだったのもあるし、経験がとても活きたし、なによりも自信をもってやれているのがすごい!
では、他の対策についてお伺いします。その他には?

GMAT(R)ができなくて苦労しました。。。
もし、ダメだとすればGMAT(R)と思ってました。
でも私を入学させないのであれば、日本のマーケットのことはどう深く勉強するのでしょう?学生も学校も損するわ、くらいの感じで最後は進みました!!

■自信を持つこと、強味を活かすことですね。(笑)合格後こうしてお会いできて、私が知らなかったことを沢山聞けた気がします。

本当に岡田さんには、推薦状のことでも、もうぎりぎりになっちゃったりして、「社長と会えないからこの日まで」とか無理を言って。本当にありがとうございました!

■いえいえ。最後にこれから目指す人に、アドバイスをお願いできますか。

自分が大変すぎたのと、あまりいい受験生ではなかったと思うので、おこがましいですけど、「学校に行きたい」とか「学位がほしい」とか「将来こうしたい」とかっていう将来への気持ちが、唯一受験勉強をのり越えられるものかなと思います。月並みですが、夢をもって、ということが重要だと思います。

■そうですね。自分をコントロールするっていうのは、時間もそうなんだけど、モチベーションも同じですよね。頑張ってきてくださいね!ありがとうございました。