合格者の声

2012年度合格者からのメッセージ

Photo [MBA]
お名前:M.A.さん
合格校:University of California San Diego
合格校:University of North Carolina, Kenan-Flagler
合格校:University of Southern California
合格校:Johns Hopkins University
入学校:University of California San Diego


1.留学を志したきっかけ

 直近2~3年、勤務先で海外ジョイントベンチャー設立や会社統合等のワークを経験しており、次は海外勤務か小規模な系列会社でマネジメントを経験したいと思っていたところ、運よくMBA留学の社内推薦の話があり、飛びのったのが始まりです。近しい先輩がMBAに行っていた事も影響しました。

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

 英語コミュニケーション力のアップだけでなく、異なるバックグラウンドを持つ多彩な人材の中で刺激を受けつつ、自分を磨きたいと考えたからです。自分の殻を破るには、ある種のサバイバル経験が必要なので。

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

 学校説明会、Alumni、Web等から情報収集するとともに、自分が本当に何をしたいかを見つめ直し、自分との対話を続けました。学校選びのキーワードは、技術、イノベーション、新規性、チャレンジング、スモールサイズ、インターナショナル比率等。加えて、大企業に勤めている故になかなか接点のないスタートアップ企業やアントレの世界も見たくて、起業家教育に力を入れている点も意識しました。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

 震災と勤務先の業務影響もあり、6月頭の社内決定からようやく勉強や準備に手を付けました。その年に挑戦する条件だったので、12月~1月のROUND2への出願を目標とし、逆算でスケジュールを引いて、ストイックに準備する他ありませんでした。幸い夏休み1ヶ月程度を勉強に集中させてもらえたので、テストはそこで挽回すべく努力しました。

5.TOEFL(R)TEST/GMAT(R)/GRE(R)TEST等テスト対策について

 TOEFL(R)TESTは、AGOSのおかげで、リーディングとライティングはすぐに伸びましたが、特にスピーキングは最後の最後まで点が出ませんでした。但し、後のインタビューの事も考え、発音やイントネーションの訓練、短時間でオーガナイズして話す練習等、トレーニングを続けたことは結果的に意味有りでした。

 GMAT(R)は、Verbalが練習ではそこそこ解けても、本番で調子が出ず何度も涙をのみました。中山先生の励ましの言葉だけを心の頼りに、こつこつと練習問題を繰り返すこと、加えて本番に向けては、フィジカル・メンタル両面のコントロールを心がけました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強をはじめてからどの位で取得したか

 TOEFL(R)TESTは7月からAGOSの各コースを受講し、10月末で奇跡的にMAX点が出ました。但し課題としたスピーキングは19点しか届かず、この後何度か受けましたが、スコアの更新はなりませんでした。

 GMAT(R)は同じく7月から中山先生の個別指導を受け、目標点までたどり着いたのは最後に受けた2月頭(後追いでスコアを報告する前提)でした。

7.出願準備について

 上述の通り、もともと超短工期の中で、テストスコアに伸び悩む形となりましたが、AGOSコンサルタントの方とレジュメやエッセイコンサルティングで対話するのが気分転換になりました。自身の表現力のなさやアチーブメントの少なさに気づかされるのはショックでもありつつ、逆によい発奮材料でありペースメーカーとなったのではないかと思います。

8.アゴス講師/コンサルタントへのコメント

 AGOSの講師、コンサルタントの方々は、皆さん大人の落ち着きの中にユーモアと遊び心のある人ばかりで、勉強漬けでネガティブスパイラルに入りそうになるのを随分と助けていただいた感じがします。授業や指導そのものも、ストラテジックかつ情熱的で、MBA受験とは何たるか、をあまり知ることのないまま準備に突入した私に、受験モードの一つのあり方を教えて下さいました。

9.留学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

 あきらめず、自分自身のポテンシャルと自分の夢を信じること。嘆くよりも、半歩ずつでもいいから足を前に進め続けること。そして、自分の成功した姿を常に思い浮かべること。

10.留学・留学後に向けての抱負

 留学体験そのものを、力の出し惜しみをすることなく、最大限に楽しみたいと思います。そして、留学で得た経験を糧にさらに成長し続ける事が、本当に大事な事だと思っています。

11.今後留学を目指す方へのメッセージ

 ランキングやテストスコアももちろん大事ですが、一番大事なのは、自分が本当に大事にする価値観・人生観と、その学校が提供するであろう成長の場や出会いが、ちゃんとフィットするかどうか、だと思います。自分を見つめ直し、自分の良さを再認識しながら、進み続けていってください。