合格者の声

2015年度合格者からのメッセージ

Photo ウェルス・マネジメント[Master]
お名前:S.N.さん
合格校:Singapore Management University, Master of Science in Wealth Management
入学校:Singapore Management University, Master of Science in Wealth Management

1.留学を志したきっかけ

会社で海外留学候補生に選ばれたから

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

国内のみの自分のキャリアに手詰まり感のようなものを感じたから

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

会社より指定され選択の余地なし

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

英語が苦手でTOEFLスコアメイクに時間かかることが自明だったので、以下ステップで1日単位の勉強時間を算出、確実に実行しました。 土日とアフターファイブは全部潰れました。
①まずは本試験を受ける
②現状スコアと目標スコアの乖離を確認する
③乖離を埋めるのにかかる総勉強時間を調べる、相談する
④総勉強時間を週単位に落とす
⑤週単位の勉強時間を平日と休日に分解する

5.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について
[印象に残っている授業、苦労したこと、工夫したことなど]

<TOEFL>
対策総合パッケージ (S)を受講しました。Rex蒲田先生のR/L Practiceが最も印象に残っております。 初受験71から始まり人生で最も苦労した試験で、目標スコアを取れた時には本当に安心しました。 ただし日本人受験者の典型例に漏れず、Lが最後まで伸びませんでした。 半年間土日とアフター5を全て勉強に当てた結果、英語運用力は確実に上がりました。いい試験だと思います。 今は自信を持って海外顧客向けプレゼン等も行えており、自分の成長を実感できています。

<GMAT>
独学しました。中山先生の書籍(アルク)から始めました。 初受験で710(Q48V40)を獲得したのであまり書けることもありませんが、理系に向いているテストという印象が強いです。 苦労される方も多いみたいですね。 特に理系の方にお伝えしたいのは、決してQをなめてかからないように、ということ。 私は三日間に満たない勉強時間で本番に臨み、全然時間が足りませんでした。10問強ランダムクリックになりました。 「問題形式」「数学関連英単語」「ペース配分」は最低限押さえましょう。 V40を前提にすればQ51で合計750くらいになります。是非、Qの取りこぼしを防ぎましょう。

6.テスト対策の目標スコアは勉強をはじめてからどの位で取得したか

<TOEFL>
半年:71(R19L17S15W20)→95(R27L22S19W27)

<GMAT>
一ヶ月半:710(Q48V40)

7.出願準備について
[印象に残っているアドバイス、苦労したこと、工夫したことなど]

志望校選定の余地がなかったため、ある意味方向性で悩むことはありませんでした。 未出事項で言えば、エッセイや履歴書は、面倒でも確実なステップを踏むべきと思います。 つまり、
①日本語で案出し
②日本語で文章作成
③文章を英訳
④ネイティブに見てもらう
私は②を省きいきなり英作文したため内容が論理破綻しており、④で指摘を受け、②に戻る羽目になりました。 急がば回れ、です。

8.アゴス講師/カウンセラーへのコメント

Rex先生の授業には感動さえ覚えました。知識、情熱、経験共に最高レベルと思います

9.アゴスを選んだ理由

実績、評判、歴史に裏打ちされた安心感があったから

10.留学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

走り出す前の計画づくりとモチベーションの維持。 前者に関しては、私の場合、IELTS受験をもっと真剣に検討すべきだったかと思います。 最終的にTOEFLで目標点に達したから良かったものの、盲目的にTOEFLを選択したことを後悔する時期もありました。 特に私のように英国圏、欧州圏での受験がメインになる方は、検討の余地があると思います。 後者に関しては、仲間を見つけることですね。アゴスは良い出会いの場になると思います。

11.留学・留学後に向けての抱負

Lを鍛えます。iTunes-UでUploadされている授業を聴いています。 また、これまで英語を避けるあまり億劫になっていた米国証券アナリスト試験にも申し込みました。 留学先はアジア圏の民間金融機関、中銀、SWFなどのクラスメートが多く、価値ある人脈作りを行ってこようかと思ってます。

12.今後留学を目指す方へのメッセージ

スコアメイクから学校選びまで苦労の連続ですが、当初の志を忘れず頑張ってください。 相談や愚痴など、自分の悩みを共有、解決できる仲間作りを大切にしてください。