合格者の声

2015年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:李 夢月さん
合格校:New York University,Babson College
入学校:New York University



1.留学を志したきっかけ

中学生のころに行ったサマースクールで海外の教育方針に惹かれました。

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

世界各国から集まる優秀な生徒達と共に学び、将来より一層グローバル化する社会に適応できるような人になりたいと思ったので。

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

私の学びたいカリキュラムが揃っている学校をリストアップし、ロケーション、在校生の意見、米国内ランキングなど全面的に考慮して絞り込みました。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

SAT対策はJunior Yearから、エッセイ対策はSenior Yearが始まる前の夏休みに始めました。

5.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について
[印象に残っている授業、苦労したこと、工夫したことなど]

SATはとりあえず単語を大量に暗記し、夏は毎週土曜に本番と同じ時間制限(朝の8時から4時間)のもとでモックをやることで本番に備えました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強をはじめてからどの位で取得したか

TOEFLは一度で目標点に達しましたが、SATは満足の行く点数まで1年費やしました。

7.出願準備について  [印象に残っているアドバイス、苦労したこと、工夫したことなど]

出願のエッセイをどうしたら他の出願者のエッセイと比べて目を引き、印象に残るものなるか苦労しました。

8.アゴス講師/カウンセラーへのコメント

アゴスの経験豊富な先生の沢山の為になるアドバイスとご指導のお陰で満足の行くエッセイを夏休みの終わり頃には書き終えることができました。出願プロセスでサポートしてくださった講師とカウンセラーの先生方には大変感謝しています!

9.留学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

なるべく全ての事において(テスト対策、エッセイ etc.)早めに準備を始めることが大事だと思いました。特にSATは慣れるのに時間が掛かるのと、膨大な練習を要するので高校のSophomore yearから準備を始めたほうがいいと思います。エッセイも Senior Yearの新学期が始まる前にだいたい終わらせておくと凄く楽です。

10.留学・留学後に向けての抱負

中学のころに掲げたアメリカの大学への留学という目標を達成した今、ようやく将来に向けて準備するスタート地点に立てたという思いです。大学に行ったら、ニューヨークという立地をいかして自ら様々なことにチャレンジし、沢山の人に出会い、学び、人間としてより一層成長したいと思います。

11.今後留学を目指す方へのメッセージ

留学をしたいと思ったきっかけと目的を見失わずに頑張ってください!