合格者の声

2016年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:M.S.さん
合格校:University of Florida
入学校:University of Florida


1.留学を志したきっかけ

大学で国際政治経済を学んでいく中で、講義だけでなく様々な考え方を共有しつつ自分の考えを発信していきたいと思うようになったからです。国際政治問題は答えのない学問で、それぞれの立場、主義主張によって正解が異なります。様々な文化背景をもつ人々と意見交換をする中で、より理解を深め自分なりの意見を持つことができると考えました。

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

日本の大学の授業は講義中心なので、海外の講義とディスカッション、ディベートを合わせて行う複合授業に魅力を感じました。また将来のために英語力の向上は必要不可欠だと考えたからです。

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

たくさんの人と交流を持ち学校の様々なイベントに参加したいと思っていたので大規模な大学に絞って考えていました。フロリダ大学では学びたい分野の授業が多数あり、またスポーツが盛んな学校で自分と学校の雰囲気が合っていると感じたので決めました。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

高校を卒業した時くらいから留学をしたいと思い始め、大学一年の6月頃に志望校や勉強の計画を立てました。実際にTOEFLの勉強は夏頃から始めて、希望のスコアが出たのは大学2年の5月でした。

5.TOEFL/IELTSテスト対策について

TOEFLは英語力も必要ですが、問題の解き方もスコアアップにとても重要で、各セクションの解き方を授業で詳しく習うことができました。しかし勉強をしない期間が空いてしまうと英語力はすぐ落ちてしまい、最初は点数が上がったり下がったりして安定しませんでした。継続して毎日少しの時間でもTOEFLの勉強をするようになってスコアが出るようになりました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強をはじめてからどの位で取得しましたか

1年弱です。

7.出願書類について

留学の志望理由、フロリダ大学で取りたい授業、自己アピールなどです。

8.アゴス講師へのコメント

アゴスの先生の授業はとても分かりやすくて、質問をするとすぐに返事をくださいました。柴崎さんとは授業が始まる前から面接をしてもらって、コースが終了した後も出願の面接対策など沢山お世話になりました。

9.学内選考に応募してから、英語力維持の為にどんなことをしましたか

ボキャブラリーを増やす勉強をしています。今後TOEFLの勉強をもう一度復習して留学前に試験を受けたいと思っています。

10.留学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

継続して勉強することと、モチベーションが上がるように留学先について色々調べたことだと思います。

11.留学・留学後に向けての抱負

日本では体験できないような色々なことに挑戦したいです。また勉強と遊びを両立してより充実した留学生活を送りたいです。

12.今後留学を目指す方へのメッセージ

私は英語が苦手で、喋るのは特に苦手なのでまだ留学に向けて英語力において不安なことは沢山あります。しかしまず交換留学に必要なスコアを取り、面接に合格し留学へのスタートラインに立てたことをとても嬉しく思っています。英語ができるようになるというのはとても時間のかかることですが、TOEFLのスコアを上げることは努力次第で目に見えて結果が出るものなので諦めずに頑張ってください!