合格者の声

2016年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:S.Cさん
合格校:Boston University
合格校:UC Davis
合格校:UC Santa Cruz
合格校:Fordham University
合格校:Tulane University
合格校:University of San Francisco
合格校:Occidental College
合格校:Northeastern University
合格校:Miami University
合格校:American University
入学校:Boston University


1.留学を志したきっかけ:

中学卒業までアメリカ西海岸で育ったため、アメリカ東海岸の大学への進学を夢見ていたため。

2.なぜその進路にしようと思ったか:

将来国際的に活躍する経営ビジネスコンサルタントを志望しているので、アメリカの大学はその夢を叶えてくれるためのプログラムが充実していると思ったから。

3.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか:

ボストンはアメリカ東海岸の都市の中でも、比較的治安が良くアカデミックな雰囲気が溢れる大学街としても長い歴史と高い評価を誇る都市であるため。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて:

SATのREADINGとWRITINGのスコアが思ったほど伸びなかったことが悔やまれます。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について:

AGOSで10年生の夏休みにREADINGとWRITINGの対策コースを受講。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか:

READINGとWRITINGは最後のテストまで目標スコアに達しませんでしたが、MATHは勉強を始めて一年半くらいでほぼ目標スコアに達しました。

7.出願準備について:

高校時代はずっとバスケットボール部に所属し、練習や試合に時間を取られたのでSAT対策に中々時間を割くことができなかったのが残念です。

8.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント:

高校時代にあまり読書をしなかったことがREADINGやWRITINGの学力の伸び悩みに繋がったと思うので、これから海外への留学を目指している生徒さんへはネット記事だけでなく、じっくり良質の本を読むようアドバイスしてあげて下さい。

9.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?:

5歳から始めた大好きなバスケットボールを高校卒業までクラブの代表選手として12年間ずっとできたことは大変幸運であったと思います。 一つのスポーツに専念することによって、精神的にも肉体的にも鍛えられ、大学進学準備を進めていく上でもとてもプラスになったと信じています。

10.留学 / 進学に向けての抱負:

ボストンという歴史ある大学の街で世界中から多様なバックグラウンドを持つ学生達と切磋琢磨し合いながら、国際ビジネスについて勉強できるのが今からとても楽しみです。大学卒業後は、しばらく国際企業や国際協力機関で就労経験を積んだ後、再び大学へ戻りMBAを取得するのが目標です。

11.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ:

最近は国内での安定志向の若者が増えると共に海外留学志望者が少なくなっているようですが、日本がこれからも競争の厳しい国際社会で輝き続けるためには恐れずに外の世界に飛び込んでみる必要があると思います。英語力は多少はハンデでなるかもしれませんが、前向きな姿勢と貪欲な向上心さえあれば世界中どこでも生きていけるはずです。シャイな日本人は卒業して、アグレッシブな日本人を目指しましょう!