合格者の声

2016年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:篠田 侑李さん
合格校:Boston University
合格校:California State University-Long Beach
合格校:University of Texas at Austin
入学校:University of Texas at Austin


1.(大学留学)留学を志したきっかけ

中学生の時に旅行でたまたまUCLAのキャンパスを訪れ、そのキャンパスに心を奪われて、海外の大学に行きたい!と思ったから。

2. なぜその進路にしようと思ったか

元々映画関係に興味があり、将来映画製作に携わりたいので本場の米国で学びたかったから、又日本の大学の在り方に疑問を持っていたから。

3.留学先/志望校はどのように絞っていったか

一つの専攻に絞って決めるのではなく、他に少しでも興味がある教科も充実している大学を探し、その中から金銭的に大丈夫そうなものを選んでいった。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

TOEFLの十分なスコアを取るのが遅かったので、SAT対策と被って苦労した。できるだけ通学時間を利用してできる勉強は終わらるようにして、家では缶詰状態でTOEFLとSAT対策を並行して行った。午前中がTOEFL,午後SATテスト&復習、夜~寝るまでがもう一度TOEFL、のようにして時間を区切って行った。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

授業の復習をおろそかにしたことでTOEFLのスコア到達が遅れたので、SATでは真面目に勉強をした。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどのくらいで取得したか

TOEFLは一年と四カ月余りかかった。SATは目標スコアに到達できなかった。時間的には勉強を始めてから7カ月程で最後のテストを迎えた。

7.出願準備について

エッセイを何度も書き直していると、自分の書く文章に見慣れてきて「もう改善するところはない!」と思いがちだが、カウンセラーの方から客観的なコメントを頂くことでより良い文章を作っていくことができた。エッセイ作成は大変だったが、自分を見つめなおすこと、自分の強みを見つけることができたので、出願のプロセスの中で一番有意義だった。また、カウンセラーさんが褒めてくれるので、嬉しかったし楽しかった。

8.アゴス講師・カウンセラーへのコメント#

質問、添削を丁寧に対応してくださり本当にありがとうございました。先生方のアドバイスに従って勉強を重ねてスコアを上げることができました。また、エッセイ添削ではカウンセラーさんのアドバイスが行き止まりの壁を打破する鍵になりました。志望校に進めるのはお世話になった皆様のおかげです。本当にありがとうございました!!

9.留学/進学準備を振り返って、成功の秘訣とは

なめない・諦めない・努力を怠らない

10.留学/進学に向けての抱負

どん底に落とされても這い上がる覚悟で貪欲に学びます!

11.今後留学・進学を目指す方へのメッセージ

特に自分は英語ができると思っている純ジャパの方、TOEFLをなめないでください!全部早め早めに終わらせましょう!
エッセイについて:collegeessayを受ける前に、IVYリーグに受かった人たちが書いたエッセイがまとまって載っている本があるので、そういうものを読んで”格好良いエッセイ”のイメージをふくらましておくといいと思います。