合格者の声

2017年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:川崎 温恕 さん
合格校:University of California
入学校:University of California


1.留学を志したきっかけ

初めは、留学して損はないだろう、という感じで漠然とでした。ずっと日本で暮らしているので違う文化や価値観に触れて学びたい、海外のレベルの高い大学で優秀な学生と切磋琢磨しながら勉強したい、将来のために英語でコミュニケーションをとれるようになりたい、といった思いも留学を志したきっかけです。

2. なぜその進路にしようと思ったか

UCは世界的にも有名な大学ですし、日本で勉強している政治・経済をしっかり学ぶことが出来る大学だからです。
気候が穏やかなこと、スポーツが盛んなことなど、学業以外でもとても魅力的でした。また、キャンパスが広大でtheアメリカの大学という雰囲気に憧れたことも理由の1つです。

3.留学先/志望校はどのように絞っていったか

アメリカかカナダに行きたいと考え、その中でレベルの高い大学を交換留学先から絞り込みました。もし今年ダメだったら来年もう一度チャレンジしようという気持ちだったので、滑り止めの大学等は候補に入れず、本気で行きたいと思えるところにのみ出願しました。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

後の項目でもう少し詳しく書きますが、TOEFLとの戦いは長かったです。留学を志したらすぐに、始めるべきだと思います。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

Reading : アゴスで教えて頂いたトレーニング法に忠実に取り組みました。どんどん速く読めるようになったのが印象的です。また、ボキャブラリーは大切だと思いますが、僕は単語帳よりも、文章に出てきた知らない単語やフレーズを全て覚えることに集中しました。そうやって覚えたものは忘れづらかったです。最後の方は比較的高得点で安定しました。
Listening : 最も苦しめられたセクションです。20点前後から全く上がらず、ほんとに勉強をやめたいと思いました。ですが、「なぜこのトレーニングをするのか」という目的意識を持って地道にトレーニングを続けた結果、最後には見られるスコアになりました。105点ゼミでREX先生に頂いたアドバイスも、最後の一押しをしてくれました。
Speaking : 壊滅的な状態から始まったこのセクションですが、ストラテジーに従うと20点には割とすぐにいきました。最終的には23点をとることができたのですが、Lance先生やRex先生が仰るように、リラックスして自信を持って喋ることが一番だと思います。
Writing : あまり時間をかけませんでした。アゴスのストラテジーに沿って書けば、得点はでると思います。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどのくらいで取得したか

およそ11ヶ月です。高3の11月頃からアゴスに通い始め、最初のうちはTOEFLの勉強のみに集中できていました。しかし、大学進学後は少し怠けてしまい、なかなか勉強に身が入らない時期がありました。その結果、80点台で長く足踏みをして苦しみました。8月に藁にもすがる思いで105点ゼミを受講し、Rex先生の丁寧なご指導を受け、第一線で活躍される社会人の方々・同世代の優秀な学生の方々に囲まれ切磋琢磨できたことで、壁を破ることができました。最終目標の105点には届きませんでしたが、初受験から30点程スコアアップできたので良かったです。

7.出願準備について

エッセイを書き上げるにあたり、松永さんには本当にお世話になりました。今思うと目も当てられないような初回のドラフトから、5回ほど書き直しを行って提出できるエッセイができました。フィードバックを頂き、何度も書き直す中で、漠然としていた留学の目的がはっきりとしました。さらに、留学した結果将来どうなりたいのかということまでしっかりと考えることができました。

8.アゴス講師・カウンセラーへのコメント

授業を担当してくださった全ての先生に心から感謝しております。熱く、刺激的な授業はとても楽しかったです。家に帰って1人で勉強するのは気乗りしませんでしたが、アゴスに来ることはとても楽しみにしていました。
エッセイの添削だけでなく、勉強の進め方や交換留学先選びのアドバイスなど、松永さんには感謝の気持ちでいっぱいです。常に親身になって相談に乗ってくださり、本当に有難うございました。

9.留学/進学準備を振り返って、成功の秘訣とは

テンプレですが、とにかく諦めないことです。タフな戦いでしたが、絶対目標スコアを出すんだという気持ちが自分を鼓舞してくれました。また、一期一会ではありましたが、学生から社会人まで多くの方と一緒に授業を受けられたことは、僕のモチベーションを保ってくれました。皆さんがこれだけ頑張っているんだから、しっかりやろう!という気持ちになれました。

10.留学/進学に向けての抱負

まだキャンパスが確定していないのですが、やっとスタートラインに立てたと思っています。ここからが大変だぞと自分に言い聞かせ、さらに努力していきます。留学先でたくさんの経験をして、人間的に成長したいと思います。

11.今後留学・進学を目指す方へのメッセージ

諦めなければ、目標を自ら下げることをしなければ、最後には結果がでると思います。簡単な道のりではないと思いますが、自分を信じて、自分の限界を壊せるように頑張って下さい!