合格者の声

2017年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:A.K.さん
合格校:Carleton College
合格校:Grinnell College
合格校:Oberlin College
合格校:Brandeis University
合格校:Lehigh University
合格校:Bucknell University
合格校:Bard College
入学校:Carleton College


1.留学を志したきっかけ

 私は帰国子女なので、小さい頃からアメリカの大学に憧れていましたが、実際に日本の高校からアメリカに行こうとは考えていませんでした。しかし、高校一年生の夏休みの語学研修でスミスカレッジに行き、そこの少人数でディスカッション型の授業を通してアメリカ大学の魅力に惹かれました。ディスカッションを中心とした授業は情報のインプットだけではなく、自分の意見をアウトプットする能力が必要だったため、想像以上に大変でしたが、高校の授業と違って学ぶことを楽しいと思えることができました。このような授業環境でまた学びたいと思い、本格的にアメリカの大学に進学することを考え始めました。

2. なぜその進路にしようと思ったか

 私は昔から人見知りで静かな性格でした。学校では授業中に手を挙げたり、先生に質問したりせずに、板書を写し、試験に向けて授業内容をただ勉強しているだけでした。私はこのような自分を変えたいと思い、自分のcomfort zoneから出るために、というよりかは、出ないといけない場所に行こうと思って少人数生でディスカッションやプレゼンテーションを学習に取り入れるアメリカの大学に進学するという進路に決めました。

3.留学先/志望校はどのように絞っていったか

 自分にはリベラルアーツカレッジと総合大学のどっちが向いているのかを決められなかったため、志望校には両方の大学を入れました。また、リベラルアーツカレッジでも研究やインターンシップなどの機会が豊富に揃っている大学、総合大学でも少人数制を用いている授業もあり、教育熱心な教授がいる大学を選び、両方の利点がある大学を主に調べました。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

 興味を持った大学の中から数校に絞ることができなくて22校出願すると決め、30題以上のサプリメントエッセイを書くことに苦労しました。私は早期出願をし、その結果を待っている間はレギュラーに向けてのエッセイの準備をしていましたが、焦りを感じることなく少しずつしか進めませんでした。そのため、早期出願した大学からの不合格通知が届いた12月の半ばからレギュラーの出願の1月1日までに30題以上のエッセイを仕上げなければならない状況になりました。私の経験から、行きたい大学は出願準備が本格的に始まる前からきちんと調べ、サプリメントエッセイを書くことは先に延ばさず、スケジュールを立てながらそれに沿ってエッセイを書くことをアドバイズします。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

 SATで苦労したことはエッセイの部分です。1回目は5/5/5で合計15点しか取れなかったため、次回の試験で点数を上げるためにSATの問題集に載っている以外のスピーチや記事を使ってエッセイの練習をしました。また、日々新聞記事を読むことを心がけ、エッセイを書く時のように筆者が用いているテクニックやそれが読者に与える影響などを考えながら読み、読解力とともに分析力を伸ばすことを努力しました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどのくらいで取得したか

 アメリカに留学をすることを決める前の年の中3の時からTOEFLの勉強を始めましたが、本格的なテスト対策はせず、ただ英語力を伸ばすために勉強しているだけでした。TOEFLを試しに受けてみようと考え、高2の春休みに今まで使ってきたTOEFLの参考書をもう一周してテストに挑んだところ、目標スコアを取ることができました。SATは新しいのに変わる前から少し勉強していましたが、変更後から約半年間New SATの勉強に集中し、1回目はEssayのスコア以外は目標のスコアに近いスコアを取ることができ、2回目ではEssayのスコアは上がったが、他のスコアは少ししか上がりませんでした。SATは合計で2回受け、目標には後少しのスコアしか取れませんでした。

7.出願準備について

 印象に残っているアドバイスは「アメリカの大学受験は合コンだ」です。充実した大学生活を送るためには自分が単純に行きたいと思う大学ではなく、自分に適切な大学に進学することが大切であることを再確認できたアドバイスでした。また、出願者が大学を選ぶのと同様、大学側も各大学に適切な人材を選ぶため、最終的に自分に合った大学でもあり、進学先の大学に合った人材でもあるような状態になるために、エッセイなどではこの大学は何を求めているのかなどと考えるのではなく、本当の自分を表現することが重要だと気づくことができました。

8.アゴス講師・カウンセラーへのコメント

 エッセイ添削でエッセイをほとんど毎回のように締め切り日ギリギリにいくつも提出していたにも関わらず、文法ミスの訂正に加えて、内容や書き方の工夫など的確なアドバイスをして下さり大変有り難く思っています。また、難しいエッセイのお題で書き悩んでいたときは一緒にブレインストームして下さり、全く書けなかったエッセイが少しの間一緒に話すだけで書き出すことができました。講師のエッセイ添削だけではなく、大学のリサーチや家庭外では普通話しにくいファイナンシャルエイドの悩み相談などもして頂き、受験全般のサポートをして頂いたことにとても感謝しています。アゴスの期待を背負ってアメリカで頑張ってきます!

9.留学/進学準備を振り返って、成功の秘訣とは

 成功の秘訣は正直分かりません。私はただアメリカの大学にどうしても行きたいという気持ちで出願を乗り越えた気がします。もしかしたらこの熱心さが私の秘訣だったかもしれませんが、気持ちだけでは不十分なこともあるため、これから出願する方に自分の秘訣を自ら探し出して頂きたいです。分かったら経験談と一緒に私に教えて下さい!

10.留学/進学に向けての抱負

 アメリカの大学受験という未知の世界に高一の時に踏み込んでから約2年後、4月から9月までのギャップタームという今までで最も長く感じるであろう5ヶ月間を過ごしてから今度はいよいよアメリカ大学というまたまた未知の世界に跳び込んできます!長期の休みなどで帰国する時にいい報告ができるよう頑張ってきます。

11.今後留学・進学を目指す方へのメッセージ

 勉強、自己分析、課外活動、エッセイ執筆などと大変だけど充実した受験期を楽しんで下さい!