合格者の声

2017年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:三野 絵里佳 さん
合格校:Carleton College
合格校:Denison University
合格校:DePauw University
合格校:Grinnell College
合格校:Middlebury College
合格校:Mount Holyoke College
合格校:Smith College
入学校:Carleton College


1.留学を志したきっかけ

アメリカの大学院に留学した父の影響を受けていたので、小さい頃から私もいつか留学したいと考えていた。

2. なぜその進路にしようと思ったか

元々は国内の大学に進学し、大学院でアメリカへ行こうと考えていた。しかし高校入学後本格的に進路について考え始めたとき、日本の大学よりアメリカの大学の教育環境の方が自分に適していると気づいたので学部留学を決めた。

3.留学先/志望校はどのように絞っていったか

大学の規模・専攻の充実さ・留学生の割合・大学のある町の雰囲気など様々な要素を考慮して選んだ。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

留学を決意したのは高校2年の春だったが、四国に住んでいたので得られる情報に限りがあり、暗中模索の状態から全てが始まった。周りに海外進学する人は勿論一人もいなかったので、自分のモチベーションを保つのに苦労した。最初の6か月程は地元の英語学校でTOEFL対策を行っていたが満足できるものではなかったので、アゴスにやってきた。大阪校・東京校の両校で対策を行っていく中で点数は飛躍的に伸びた。もっと早くアゴスにくるべきだったと後悔している。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

TOEFLに関しては、いわゆる純ジャパである私はReadingFoundationから受講していった。様々なクラスを受講していく中で、同年代の人を全く見かけず周り殆どがMBA志望者というのは少し寂しかった。 SATに関しては、3年の春・夏のクラスを受講した。TOEFLの点数がある程度とれてから対策を始めたが、初めてのSATのクラスで先生が何を言っているのか殆ど分からず、泣きそうになったのを今でも覚えている。一番苦労したのは単語だ。配られた単語リストの1割も分からず、必死になって覚えた。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどのくらいで取得したか

TOEFLは2年弱程で目標である100を超えた。 SATは1450以上を目標としていたが、達成できなかった。

7.出願準備について

アゴスのサポートを受けていたので、自分の出願書類の準備はスムーズに行うことが出来た。だが、学校に用意してもらう書類の手配に苦労した。海外進学の例がない普通の公立高校に通っていたので、学校に許可をとることから始まり、Common Appなどの記入・推薦状の作成・School Profileの作成など多大な時間を要した。

8.アゴス講師・カウンセラーへのコメント

松永さんとなみこさんには特にお世話になった。 松永さんの出願過程における的確なアドバイス、なみこさんの素晴らしいエッセイ指導がなければ希望の進路を実現することはできなかったと思う。 本当にありがとうございました。

9.留学/進学準備を振り返って、成功の秘訣とは

同じ目標を持つ同年代の仲間と出会えたことが成功の秘訣だと思う。 未だ少数派である学部留学において、様々な感情・悩みを共有しサポートしあう仲間を見つけたことで、精神的に支えられた。

10.留学/進学に向けての抱負

楽しく充実した4年間を過ごしたい。

11.今後留学・進学を目指す方へのメッセージ

学部留学を目指すにあたって苦労することはたくさんあると思いますが、粘り強く頑張ってください。