合格者の声

2017年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:N.S.さん
合格校:国際基督教大学
合格校:早稲田大学国際教養学部
入学校:国際基督教大学


1.その進学先を志したきっかけ

もともと大学留学でリベラルアーツカレッジに行きたいと考えていたため、日本の大学でもリベラルアーツを学べるところを探しました。また、在学中に学部留学をしたいので、制度や協定校が充実しているところを選びました。

2.なぜその進路にしようと思ったか

ICUは、リベラルアーツカレッジとして歴史が長い上に、日本語でも英語でも学べるという点で、しっかりと学べる印象がありました。また、早稲田に比べICUは小規模な大学で、その校風が自分に合っていると感じたため、ICUに決めました。

3.留学先/志望校はどのように絞っていったか

私はAOで落ちた場合は早慶の一般入試を受ける予定でした。なので受かったら絶対に行きたいところだけをAOで受験しました。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

特に、ICUのエッセイはかなり苦労しました。カウンセリングなどで何度かアドバイスをいただきなんとか納得のいくものが書けましたが、かなりギリギリになってしまい焦りました。TOEFLも出願直前まで対策していたので、時間がとにかく足りなかったです。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

役に立った授業は、Lance Morreau先生のspeaking integratedと、松園先生のreading listening practiceです。speakingは、この授業を終えてからは23は確実に取れるようになりました。practiceクラスは、とにかく宿題が多いのですが、教えていただいた学習方法を的確にやっていきRLで高得点を取ることができました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどのくらいで取得したか

もともとの目標だった90点は、アゴスのstrategy受講後に取得できました。その後は100点を目標に2ヶ月に1度受験し、5ヶ月で103点取得できました。

7.出願準備について

ICUのエッセイは上記の通り、かなり苦労しました。SILSは筆記試験(critical writing)があったので、9月くらいから英字新聞やscientific american などのサイトからネタ集めをして、内容で差をつけられるようにしました。

8.アゴス講師・カウンセラーへのコメント

大変お世話になりました。出願のエッセイはかなり悩みましたが、カウンセラーの松永さんにダメ出し&アドバイスを頂いたおかげで、納得いくものを提出できました。本当にありがとうございました!

9.留学/進学準備を振り返って、成功の秘訣とは

TOEFLはとにかく復習をコツコツやることだと思います。strategy受講後、松永さんに徹底的に復習するようアドバイスを頂き、そこから徹底的に取り組むようにしたら、着実に点が伸びていきました。

10.留学/進学に向けての抱負

様々なことを勉強して、自分の本当に学びたいことを見つけたいです。

11.今後留学・進学を目指す方へのメッセージ

AOは、一般との両立が大変だと思いますが、TOEFLで高得点を取れれば、英語は心配ないと思います また出願時に成績が必要なので、学校の授業をベースに国語世界史にもしっかりと取り組んでいました。なので一般入試をあまり気にせずAO準備に取り組めました。1、2年のうちは英語もやりつつ、他教科もしっかりと取り組むことが大切だと思います。