合格者の声

2017年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:R.K.さん
合格校:Wesleyan University
合格校:Carleton College
合格校:Depauw University
合格校:Grinnell College
合格校:Knox College
合格校:Mount Holyoke College
合格校:The College of Wooster
合格校:上智大学
入学校:Wesleyan University(フリーマン奨学金)


1.留学を志したきっかけ

リベラルアーツ教育に興味を持つようになったのが留学を目指すきっかけとなった。日本国内にも教養学部はあるものの、その数はアメリカと比べ圧倒的に少ない。自分のもつ選択肢を増やすためにも海外大学をも視野に入れて動こうと思った。

2. なぜその進路にしようと思ったか

まず国内大学に関しては、1クラスの大きさや専攻の種類の多様さが私の求めていたものではなかったので、本格的にアメリカのリベラルアーツ大学を受験していこうと決めた。通っていた高校も生徒の進路決定に対して制限をかけないところだったので、先生からの反対も受けず決めることができた。

3.留学先/志望校はどのように絞っていったか

私の場合は、奨学金をもらう事が進学への絶対条件になっていたので、比較的奨学金の予算が多い大学や授業料免除の枠をもつ大学を選んでいった。リベラルアーツ大学の中でも東海岸、西海岸、中西部などと地域によって異なるし、また共学校や女子大など考慮する要素は沢山あった。女子大にも興味があったので出願したが、常に全体のバランスを考えてタイプごとの出願校数はあらかじめ決めて動いた。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

高校1年の春からまずTOEFLの対策を始めたが、実際に本試験を受けた高校1年の冬まで、受験でやった事がどう役立つのか中々実感できずにいた。また、学校の英語も周りが帰国や在京の生徒が多かったせいか、いわゆる純ジャパの私にとっては授業についていき成績をとるのに一苦労した。学校と受験の勉強を同時並行でやっていくのが大変だった。さらにスタートが比較的早かった分、周りより気持ちがたるみやすかった気がする。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

宿題をこなしていくのが大変だった。学校が休みの間はまだラクだったが、テスト期間と重なったりした時は体力的にも辛かった。幸い高校1年から少しずつ授業を受けていたので、アゴスで同時受講をすることはほとんどなかったと思う。ただ、TOEFLではスコアが伸び悩み、受験シーズンもずっと試験を受け続けることになってしまった。アゴスの授業自体は、私はどれも好きだった。先生方も個性的で親身になってくださるので、授業にでることでエネルギーをもらえる。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどのくらいで取得したか

TOEFLに関しては最後まで目標に届かなかった。SATは、対策を始めた高校3年の春から約半年でベストスコアを出した。今年度から新しくなったので、目標スコアをどこに設定すべきかはよく分からなかった。ただ春にアドバイザーから言われたスコアは上回ることができた。

7.出願準備について

共通エッセイについては、早くからブレインストーミングをしとけとアドバイスを受けていたので、書くことには困らなかった。しかし実際に講習が始まったのが高校3年の夏からだったのに仕上がったのが11月だったので、同じエッセイ講習をとった人と比べると時間がかかった方かもしれない。その間何回も書き直しては添削してもらっていた。書く内容もさることながら、添削をお願いする先生なども早めに考え絞っておくと良いかもしれない。

8.アゴス講師・カウンセラーへのコメント

長い間支えて下さったカウンセラーのMさんには頭が上がらない。途中で何度か自信喪失した時も励まして下さった。また受験のことだけでなく、性格故の悩みなどについても相談に乗っていただき、改めて自分を見つることができた。アゴスの講師の方々がすれ違った時に声をかけて下さったり、久びさに同じ先生の授業をとった時に覚えて下さったりしたことは、些細なことではあっても私のモチベーション向上につながった。ありがとうございました。

9.留学/進学準備を振り返って、成功の秘訣とは

同じような目標を掲げている人との接点をもてたことが成功の秘訣なように感じる。辛い時に弱音を吐ける仲間がいるという事実だけでも心の支えになった気がする。また受験は情報戦でもあることに気付かされた。その点で、他者との接点が多いほど入ってくる情報の量も種類も増えたように感じられる。

10.留学/進学に向けての抱負

卒業生や先輩とお話ししていると、まだまだ自分が未熟であることを痛感させられる。学問面だけでなく、1人の人間としても深みをつけたい。

11.今後留学・進学を目指す方へのメッセージ

留学したいとおもった時点でまずはスタートしても良いのではないでしょうか。止めるのはいつでもできるので、やってみるだけ動いてみるのも一つの方法です。後悔のない選択をしてほしいと思います。