合格者の声

2017年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:似内 祐太 さん
合格校:The College of Wooster(Early Decision)
入学校:The College of Wooster


1.留学を志したきっかけ

高1の夏に、あるサマースクールに参加して“海外大進学”という進路の存在を初めて知りました。そのサマースクールのコンセプトが“リベラルアーツ”で、アメリカにある“リベラルアーツカレッジ”の存在を知ったのもそのときが初めてです。サマースクールを通して、もしかしたら自分は日本よりアメリカで学びたいのかもしれない、と思ったのがきっかけです。

2. なぜその進路にしようと思ったか

最初は自分がなにを学びたいのか定まっておらず、割と幅広い分野を学ぶことができるアメリカのリベラルアーツカレッジを漠然と目指しました。徐々に自分の興味の方向性が見えてきてからは、多様性溢れる生徒が集まってきていて、複数の学問を絡めて学びやすい小規模のリベラルアーツカレッジの環境の方が自分に合っていると思い、進路を固めました。

3.留学先/志望校はどのように絞っていったか

まず初めに、私は経済的に奨学金が必要だったので大学が奨学金を比較的出してくれる学校を中心に探しました。その際は“International Student Handbook”に情報がまとまっていたのでそちらを利用しました。同時に、大雑把な各大学のイメージを持つために、各大学のウェブサイトやアゴスの先生に紹介していただいた学校比較サイト、“Best Colleges”という大学の情報が集約された本を読み込んだりもしました。私はコミュニケーションやリーダーシップなどの分野に興味があるので、勉強面だけではなく、コミュニティーの質を重視し大学生同士の交流が比較的盛んな大学を探しました。 志望校をある程度絞れたら学校の雰囲気をつかむために、実際にアドミッションオフィサーと直接お会いしたりビデオチャットを使ったりして志望大学のイメージを掴んでいきました。直接話してみると不思議と自分に合いそうな学校や合わなさそうな学校が感覚的にわかるようになってきました。学校を絞る際に少しでもリアルな話を通してイメージを掴むことはとても大切だったと思います。最終的に第1志望校を決定した理由は、アメリカの大学に在学中の先輩から学校のことをいろいろ紹介してもらったのがとても魅力的だったのと、アドミッションオフィサーから受けた学校の雰囲気が自分にとっても合っていると強く感じたからでした。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

私の学校には国公立クラスと普通クラスの2種類のクラスがあり、私は国公立クラスに所属していました。日本の大学受験のための勉強を必要としない私にとって、学校で好成績を収めることはとても難しかったです。学校の成績は一定ラインでキープすることを意識しつつ、自分がチカラを入れているエッセイや課外活動などに特に時間をつぎ込みました。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

とにかくモチベーションを維持するのが大変でした。(苦笑) 嫌になって放置していた時期も正直ありました。英語の勉強を「やらないといけない」という義務感ではなく、「楽しんで勉強しないと伸びないな!」と思うようになってからは、高校のネイティブの先生に毎日つきあってもらって、スピーキングとライティングを中心にひたすら練習しました。ひたすら本に向かって勉強するだけが対策ではなく、自分で楽しみながら勉強できる方法を見つけることが大切だと思いました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどのくらいで取得したか

1年6ヶ月

7.出願準備について

私の高校には海外大進学に対応した先生もカウンセラーもいなかったので、ほとんど自力で計画を立てて実行しました。日本の受験とはシステムがまったく異なるため理解してもらうのには本当に時間がかかりましたが、その分先生や両親といろんな話をすることができ、結果的に良かったと思っています。たくさんの壁にぶつかって悩むたびに、友だちと話していろんな言葉をかけてもらい、「アメリカで待ってるよ!!」と言ってくれる先輩の言葉にも支えられながら、なんとか頑張ることができました。

8.アゴス講師・カウンセラーへのコメント

なみこ先生、松永さん、柴﨑さん、TOEFLクラスの先生方、こんな私ですが最後まで支えていただき本当にありがとうございました。なみこさんの作る場の雰囲気はとっても素敵で、本当の意味で“安全”な空間でみんなと考えられたのはとても大切だったなと振り返ってみて思います。エッセイもとても丁寧に指導していただき本当にありがとうございました。松永さんには、自分の甘い部分を厳しくご指摘いただき、もっと1つ1つ丁寧にこなしていこうと思いました。柴﨑さん、最後はいらっしゃらなかったですが最初から面倒を見ていただいて、両親にも何度も説明していただきありがとうございました。皆さん本当にありがとうございました。

9.留学/進学準備を振り返って、成功の秘訣とは

実際にアメリカに進学している友だちと常に連絡を取り続けることは、勉強も出願準備も含めたすべてのモチベーションになりました。もしアメリカに進学している友だちがいない場合は、ぜひ積極的に探してみてください! もう1つ大切だと思ったことは、色々な方法を試してみることです。高3の秋の終わりの頃、最後までTOEFLのスコアで悩んでいた私は、たまたまある大学のアドミッションオフィサーにスコアについて相談しました。するとそのアドミッションの方から「とにかくSkypeで話そう!」と言われて、最初はためらったのですが結局Skypeで話すことになり、話し終わる頃に「TOEFLのスコア免除でいいよ!」と言われました。スコアや成績などの数字だけにとらわれず、様々な方法で合格をたぐり寄せることができます。アメリカ受験のいいところはいろいろな方法で、情報を得ることができたり、交渉できたり、自分をアピールすることができたりするところです。ちょっとした小さなコミュニケーションの積み重ねが合格をたぐり寄せるかもしれません。

10.留学/進学に向けての抱負

これからどんな人たちと出逢ってどんな未来が広がっているのか、とても楽しみです!苦しいことを乗り越えながら、また1つ大きく成長します。

11.今後留学・進学を目指す方へのメッセージ

アメリカ受験は大変なこともたくさんありますし、時にはいろんな人とぶつかるかもしれませんが、1つ1つ丁寧に向き合えば結果はきっと出ます。今を全力で、好奇心とチャレンジャー精神を忘れずに頑張ってください!