合格者の声

2017年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:加藤 杏咲 さん
合格校:University of Birmingham
入学校:University of Birmingham


1.留学を志したきっかけ

多文化交流などの経験を経て留学はしなくても良いかなと迷っていましたが、やはりずっと日本で過ごしている中で学術的な英語能力の不足を強く感じ、交換留学を決意。「なんとなく伝わる英語」から「公式の場で自信を持てる英語」とするべく一歩を踏み出そうと思いました。また、日本ではあまりメジャーではない開発学という学問を、その道の最先端の場で学びたいと高校生の時から思っていたので、これを機に挑戦することにしました。

2.なぜその進路にしようと思ったか

学部を日本だけで過ごし続け、日本語で効率よく勉学に励む道もありましたが、交換留学先が全て高いレベルの大学ばかりで、世界のトップレベルの人と机を並べて学び、たくさん話すことで世界の常識を知りたいという、学部の今しかできない経験に対して大きな価値を見出しました。

3.留学先/志望校はどのように絞っていったか

開発学の本場ということで元々イギリスしか選択肢にはありませんでした。その中で、開発学が学部で学べる大学、かつ田舎であるという条件に合う交換留学先がバーミンガム大学のみで、とても気に入っていたので志望しました。田舎で過ごしたかった理由は、もともと東京でしか生活していなかったので、田舎で落ち着いて勉強したいということと、都市よりも田舎のほうが友達ができやすいかなという下心もありました笑。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

夏休み中に準備が進められたので、朝や日中に志望理由書などを作成しました。また、だらだら何日にも分けて書くというよりも、この日に書く、と決意して日程をあえて空け、集中して書くようにしました。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

IELTSでは、readingの精度が低く読むスピードも遅かったのですが、coreの授業にて速読の演習方法を教えていただき、スコアが1上がったので、非常に感謝しています。しかし、writingとlisteningは最後まで伸び悩んだので今後もしっかり、留学前に取り組んでいこうと思います。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどのくらいで取得したか

2ヶ月で取得しました。ただ、basicとcoreの全てのコースを2ヶ月で受講しきったという特殊なケースだと思います。夏休み期間だったこともあり、1日8時間勉強したりしたこともありました。

7.出願準備について

志望理由書では苦労しました。なんとなくこんなことが勉強したい、というのはあったものの、具体的な勉強内容やカリキュラムは知らなかったので、勉強と並行してリサーチを進めました。また、大学への書類だけでなく、奨学金を3つ出すために全ての書類を同時に用意するのに苦労しました。ただ、1度書いたものを引用するというよりは、それぞれに対して時間をしっかり割いて調査をし、書類作成を進めました。

8.アゴス講師・カウンセラーへのコメント

授業後、講師の方に質問した際とても丁寧にご指導いただきました。また、TOEFLを受けたことがありIELTSのスコアを所得しようと思っていた私には、両方の試験に精通している先生方が多かったので、TOEFLでの能力をどう応用するのかや、TOEFL教材を利用する方法などを教えていただけたのがありがたかったです。また、カウンセラーの方は志望理由書をなんどもなんども添削してくださり、稚拙な状態から合格するまでに引き上げてくださいました。具体化を推し進めるプロセスでは、私が何をどうしたいのかにたいして真摯に向き合い、引き出すべくたくさん話を聞いていただきました。

9.留学/進学準備を振り返って、成功の秘訣とは

語学のスコアを上げるためには、覚悟を決めて集中して取り組むことが重要だと思います。忙しい中やることはたくさんありますが、毎日継続してしっかり取り組むことで、スコアを伸ばせると思います。志望理由などを書くプロセスにおいては、自分のやりたいことや思っていることをできるだけ多くの人に語るといいと思います。その中で、どう伝えれば伝わりやすいかつかむことができるうえ、自分が具体化できてない点を認知した上で、人と話す中で答えを見つけられると思います。

10.留学/進学に向けての抱負

1年の交換留学(実質10ヶ月)なので、まずは世界の人と生活することを楽しもうと思います!語学に関しては、留学中にも日本でやったのと同じようにコツコツと勉強を積み重ねないと伸びないよ!!と忠告されているので、楽しさにかまけて努力を怠らないようにしたいです。

11.今後留学・進学を目指す方へのメッセージ

一般的な受験と異なり、自分と向き合うことが求められると思いますが、考えすぎたり答えが見えなくなった時は、顔を上げて色々な人と話し、気分転換を大胆にしながら自分らしくゴールを目指してください!