合格者の声

2018年度合格者からのメッセージ

Photo [Master]
お名前:江種 壱騎 さん
合格校:University of Chicago
合格校:Hong Kong University of Science and Technology
入学校:University of Chicago


1.留学を志したきっかけ

日本の大学院を調べていると、アメリカの大学院の学位も同時に取ることができる、ダブルディグリー・プログラムというものがあることを知り、そこから海外の大学院にも興味を持つようになり、調べ出しました。

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

自分の場合は、専攻したい科目がコンピュータサイエンスだったので、最先端の環境が整っているアメリカに興味が湧きました。もちろん、日本の大学院でもハイレベルな勉強はできるのですが、よりチャレンジできる道を選ぶ性格なので、留学を決意しました。

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

基本的には、U.S.Newsというサイトの「大学院・コンピュータサイエンス」のページで調べました。ランキングの上から順に、それぞれの学校のホームページにとび、ひとつひとつ内容や条件を見て絞っていきました。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

自分の場合、最終的には、2016年12月からアゴスに通い始め、2018年4月に合格をもらい、6月に入学という形になりましたが、TOEFLやGREの点数を上げるのに時間がかかり、出願の時期が早い学校はあきらめざるを得ませんでした。準備を始めるのは、精神的にも余裕ができるので、早ければ早い方がいいと思います。

5.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について

講師の皆さんの言う通りに勉強するのが一番だと思います。やはり講師の方々は、実績のあるプロの方々ばかりなので、何も知らない自分の自己流を信じるより、よっぽど確実だと思います。あとは、なかなか成績が上がらなくても、あきらめず、地道に勉強し続けるのみです。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

TOEFLは1年と1、2か月かかりました。GREは、結局半年も勉強しなかったです。

7.出願準備について

出願理由などを書くのは初めての経験で、分からないことだらけだったので、カウンセラーの方々のアドバイスや添削は本当に助かりました。

8.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

ほんの少しまで想像もしてなかった人生を歩んでいます。これもすべてアゴスの皆さんのおかげ様です。本当にありがとうございました。

9.アゴスを選んだ理由

Facebookの広告のところに出てきたので調べてみました。実績があると安心できると思います。事前に話を聞きに伺わせてもらった時の対応も良く、印象が良かったです。

10.留学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

周りに同じ境遇の人があまりいないと思うので、孤独感との戦いにもなりますが、アゴスを信じ、自分を信じ、粘り強く勉強することが大事だと思います。

11.留学・留学後に向けての抱負

アゴスの方々、家族、親せき、友人などなど、たくさんの方々に助けて頂きました。いつか恩返しが出来るように、精いっぱい勉強してきます。

12.今後留学を目指す方へのメッセージ

ほとんどの方々の場合、今までの人生で経験の無い、未知な挑戦になると思うので、体力的にも精神的にも結構きついと思いますが、合格を勝ち取ったあかつきには、新しい人生の第一歩が始まります。夢や目標に向かって頑張って下さい!