合格者の声

2018年度合格者からのメッセージ

Photo [Master]
お名前:小椋 僚 さん
合格校:Columbia University SIPA MPA-Development Practice
合格校:Johns Hopkins University SAIS MA in International Developpment
合格校:Georgetown University MSPP, M in International Development Policy
合格校:Boston University MA in Global Development Economics
入学校:Columbia University SIPA MPA-Development Practice


1.留学を志したきっかけ

アメリカの大学に在学中、ニューヨークで開催された模擬国連の国際会議に出場した際、将来は国際機関で世界、特に途上国の人々のために働きたいと漠然と思うようになりました。
そして日系金融機関に就職後、ベトナムの首都ハノイに駐在し、途上国の高い成長可能性・途上国ならではの経済開発課題等を肌で感じたことで、金融・経済の側面から途上国の発展に貢献するという自分のキャリアゴールが明確になり、開発について学ぶため留学を決めました。

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

アメリカの大学を卒業していたため、自然と大学院はアメリカにしようと決めていました。
特に、卒業後の就職先として世界銀行、IMF等の国際金融機関を考えていたため、アメリカ東部の大学院への進学は卒業後のキャリア形成において都合が良いと思いました。

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

【志望校】
アメリカ北東部に位置する大学の中で、国際開発・国際開発経済プログラムがあるところをピックアップし、その中でより職歴年数等の受験要件を満たしているプログラムのみ受験しました。
【留学先】
開発学を幅広く学ぶことができ、多様なバックグラウンドを持った学生の集まるColumbia SIPAと、計量系の授業が充実しており、世界銀行等国際金融機関への就職を希望する学生が比較的多く集まるJohns Hopkins SAISの2校で悩みましたが、私のバックグラウンドを考えたとき(公共セクターでも開発の職歴もない民間金融機関出身)、開発キャリアへの足掛けとなる大学院では多様な人々と共に開発について幅広く学び、自分の視野を広げるべきだと考えColumbiaに決めました。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

もともと学生時代から経済学のPh.D留学を考えていたため、就職してすぐにGREの勉強を始めていました。そのため、比較的早い段階でGREの目標スコアを取得することができたため、願書締め切りまでの残り3か月間を全てエッセイに費やすことができました。 そのため、幸運にも少々時間に余裕をもって留学準備を終えることができました。

5.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について

アメリカの大学卒のため、GREのみに集中しました。
AgosではVerbal Strategyを受講し、QuantはオンラインのMagooshというアプリで練習しました。
Writingについてはネット上で無料で入手できるテンプレートを参考に文章を組み立てるようにしました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

2015年9月にGREの勉強を始めてから1年半程で目標スコアに達しましたが(2017年4月)、勉強開始後すぐに忙しくなり1年2か月程勉強していなかったため、実質の勉強期間は4か月程でした。

7.出願準備について

私は国際機関へのキャリアチェンジのための留学だったため、会社を退社するにもかかわらず職場の上司に推薦状をお願いする必要がありました。自分の思いを率直に伝えると、上司は快く推薦者の役割を引き受けてくれ、出願準備中はエッセイ・レジュメの添削もしてくれました。「いつか大きなことで恩返ししてほしい」という言葉を頂いた時、私の将来の道を開こうとしてくれている上司の協力を無駄にしないためにも必ず受験を成功させ、留学後のキャリアゴール達成に向けて直向きに努力し続けようと強く思うようになりました。今振り返ると、その思いがエッセイの文章にも表れたのではないかという気がします。

8.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

エッセイカウンセラーのFayeさんには大変お世話になりました。Fayeさんはいつも丁寧にエッセイを添削し、的確なアドバイスをしてくださりました。また、とてもフレンドリーな方なので、毎回のエッセイカウンセリングを楽しく受けることができました。 ありがとうございました。

9.アゴスを選んだ理由

以前から知人を通じてアゴスの存在を知っていたため、留学予備校を決める際、他の留学予備校とは比較することなく、アゴスに即決しました。

10.留学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

留学と留学後に実現したいキャリアに対して強い思いがあるかどうかだと思います。
あと、留学準備を楽しむことです。(特にエッセイ)

11.留学・留学後に向けての抱負

多くの方々の協力があって実現した大学院留学なので、貴重な機会を無駄にしないよう、一日一日を大切に生きていきたいと思います。

12.今後留学を目指す方へのメッセージ

直向きに頑張っていればきっと満足のいく結果がついてくると思いますので、諦めず、一喜一憂せず、自分の力を信じて一歩ずつ着実に前に進んでいってください!