合格者の声

2019年度合格者からのメッセージ

Photo [Master]
お名前:R.K.さん
合格校:Harvard University John F. Kennedy School of Government
合格校:Columbia University, School of International and Public Affairs
合格校:Tufts University, The Fletcher School
合格校:Johns Hopkins University, School of Advanced International Studies
合格校:University of Chicago, Harris School of Public Policy
合格校:New York University, Robert F. Wagner Graduate School of Public Service
合格校:University of California, San Diego, School of Global Policy and Strategy
入学校:Harvard University John F. Kennedy School of Government


1.留学を志したきっかけ

学生時代に海外の学生と交流する機会があり、いつかは自分も海外留学をしたいと思っていました。
卒業後、国際交渉の仕事に携わる中で、将来自分が中心となって、日本の立場をグローバルな場で主張し、様々なバックグラウンドの方々と合意形成をしていくためには、その前提となる国際関係の知識や英語力を身につける必要があると感じたため、今後のキャリアアップを図るために志望しました。

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

米国には公共政策・国際関係の分野でトップレベルの大学院があること、海外の大学で様々なバックグラウンドの学生と議論をする環境に身を置くことで、国際的な視座を養うとともに、将来、国際分野の仕事でも使える英語力を身に付けたいと思い、海外、中でも米国の大学院を目指すことにしました。

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

公共政策・国際関係の大学院の世界ランキング、先輩からの口コミ、大学のホームページ、大学の説明会などで情報収集し、自分の勉強したい国際安全保障の分野は東海岸に有名な大学があると知り、東海岸の大学を中心に受験しました。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

TOEFLについては、出願の年までには目標点を達成していた方が余裕を持って出願の準備を進められると思い、TOEFLの勉強を先に集中して行いました。その結果、出願の年の2月頃には一定の点数を取ることができました。エッセイについては、Early Actionにもチャレンジできるよう出願の年の4月頃から取りかかりました。全ての志望校について、締め切りの1ヶ月前くらいには書類を完成させるよう逆算して準備を進めましたが、第一志望の大学については、特に納得のいくものを出したいという気持ちから、最後まで粘ったため、提出は、締め切りの数日前となりました。

5.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について

印象に残っている授業は、岡田先生のReading Advancedと松園先生のListeningです。岡田先生のReading Advancedでは、演習問題を通してTOEFLの出題トピックを網羅するだけでなく、本番の時間配分を意識して問題が解けるようなトレーニングができました。また、この時期TOEFLを月に1回程度受験していたのですが、その結果を岡田先生に報告し、アドバイスをいただけたことも勉強の励みになりました。松園先生のListeningの授業では、効果的なシャドーイングの方法を教えていただき、TOEFL本番でも集中力を切らさないようなListeningの基礎作りができました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

私は、学生時代から勉強を始め、途中、社会人になって勉強を休んでいた時期もあったため、トータルすると4年くらいかかりました。ただ、休んでいた時期から勉強を再開し、休日もアゴスに通うなど”本気モード”で勉強を始めてからは1年くらいで目標を達成しました。

7.出願準備について

出願準備についてはアゴスのサービスを使っていなかったのですが、全部で8校受けたため、それぞれの大学の特色に合わせてエッセイの内容を調整したり、自分を効果的にアピールできるよう、エッセイの表現や具体的エピソードを工夫しました。 んでいきました。

8.アゴス講師 / コンサルタントへのコメント

常に親身に相談に乗ってくださり、時に厳しく指導してくださった、岡田先生と松園先生に大変感謝しています。

9.アゴスを選んだ理由

学生時代に、母校で、アゴスのTOEFL講座が開講されており、将来の留学に備えて受講していました。そこで、加藤先生、岡田先生にお世話になり、TOEFLの指導法が体系化されていて分かりやすかったため、社会人になって勉強を再開した時もアゴスを選びました。

10.留学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

仕事をしながらの準備で時間が限られていることを意識して、自分の目指すゴールに向かって、積極的に情報収集を行い、自分に最適なリソースを選択して、戦略的に準備を進めたことです。

11.留学・留学後に向けての抱負

留学中は、授業で積極的に発言し、議論に参加するなどして、大学院のコミュニティに貢献していきたいと思います。留学後は、今の職場に戻って、大学院で身につけた知識や人脈を国際交渉や政策立案の仕事に生かして、さらに活躍の場を広げたいと思います。

12.今後留学を目指す方へのメッセージ

大学院留学の準備は長い道のりで地道な努力が必要であるため、他にもっと楽な道があるのにと落ち込んだりしたこともありましたが、結果的に第一志望に合格することができ、これまでの努力が実りました!皆さんも夢を叶えるために頑張ってほしいと思います!