合格者の声

2017年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:S.I.さん
合格校:California State University, Fullerton
入学校:California State University, Fullerton


1.留学を志したきっかけ

大学に入る前から大学生活の間で交換留学制度を利用して留学しようと決めていました。 交換留学は単位認定や経済的負担、学校の代表として行くことによる責任感などのメリットがあるため、この制度を利用して留学しようと思っていました。 そのために一年生の夏ごろから動いていました。最初は大学一年次に出願しようと思っていたのですが、結果的にはスコアがあと1点足らず出願することができず、2年次に出願しました。

2.なぜその進路にしようと思ったか

私にとって交換留学の最大のメリットは休学する必要もなければ、学年を落とすこともせず、また在学している日本の大学の学費だけで海外の大学に行けることでした。 正直、ただどこでもいいから留学したい!という気持ちで頑張っていました。

3.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

自分のスコアで出せる範囲の中から選んだのですが、私は海外の大学でコミュニケーションが学びたかったので、コミュニケーションの講義が多い大学にしました。またチアリーディングをずっとやってきて、海外の大学でもやりたいと思っていたので、部活動の中にチアがあるところを選びました。 気候や立地なども学校を選ぶ際に大事だとは思うのですが、やはりHPなどを見てわくわくして行きたい!と思える大学を選ぶのがいいと思います。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

勉強を始めた時はTOEFLの勉強をしていて、アゴスに通っていました。ですが、私自身の危機感の無さや、勉強も部活を理由にしてそんなにやっていないせいもあり、スコアが出ませんでした。 友達にアイエルツの方が簡単だとオススメされ、大学2年次の夏、秋ごろからアイエルツの勉強を始めました。アイエルツはパソコンでなく紙なので見やすく、スピーキングも人が相手なので身振り手振りをして会話を楽しんでいました。 今ではふとした友達からの勧めでアイエルツを受けて見てよかったなと思っています! 元から自分に甘くせず、もっと真剣に留学に対して向き合っていたら1年次で出願でき、就活にも影響しなかっただろうなと思います。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

アゴスでの授業で1番印象に残ったのはスピーキングの授業です。TOEFLでは1分で何かについて話すことが求められるため、実際に1分で隣の学生と色々なことについて話しました。どんどん違うお題が出され、そのことについて何か話すことによって頭の中の引き出しが増えました。また同じ目標に向かっている生徒の意見も聞けるので、とても勉強になりました。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

実際に最終的にアイエルツでスコアを出したので、アイエルツに関しては半年くらいでした。

7.出願準備について

志望理由書を書き始めるまでが大変でした。今までやってきたことがどう将来に繋がるのか、どうして留学が自分に必要なのかを理由付けなければいけないので自分と向き合い、考えました。私もそうだったのですが、おそらく就活するまではこのような経験がない方が多いと思うので、そこが1番苦労しました。 アゴスのカウンセラーの方に相談させていただき、他にも学校の先生、両親などたくさんの人にアドバイスをもらいながら完成させていきました。

8.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

授業もそうですし、交換留学についての相談や添削などでお世話になりました。他に交換留学についてやTOEFL、アイエルツについて頼るところがなかったため、大変助かりました。 授業だけでなく、交換留学についての相談もさせていただけるのでとても心強かったです。 ありがとうございました。

9.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

不安が消えるまで出来ることは全てやって、自信がなくなるときもありましたが、自分が受かるんだという気持ちでやっていたことかなと思います。

10.留学 / 進学に向けての抱負

充実した1年を過ごして、必ず成長して帰ってきたいと思います。

11.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

交換留学を勝ち取るまでの過程も必ず自分の成長に繋がると思うので、留学したいと思う熱意を常に持って頑張って下さい!