合格者の声

2018年度合格者からのメッセージ

Photo [MBA]
お名前:H.W.さん
合格校:Cambridge Judge Business School
入学校:Cambridge Judge Business School


1.留学を志したきっかけ

・子供の頃から留学をしたかった
・Careerを考え直すきっかけが欲しかった
・外資系企業に就職したがGlobal Executivesとはうまく会話ができなかった
と思っている時に、帰国子女の会社同期がUCLA MBAに留学しており、話を聞いた際に、「帰国子女じゃなくてもいい」と言われたこと

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

MBAを学ぶというより、知見と洞察を広げるという意味では色々な国の人と交流し議論できる環境が欲しかったから

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

1. ネームバリューで米国
2. 元々歴史が好きで、OxfordやCambridgeの町並みや校舎を見て、Europaの方が文化としての歴史が古いことに気づき、そういう場所で勉強したいと思った
3. 最初は2年間のつもりだったので上記2校は除外していた
4. 最終的にDiversityや他学部生徒の交流議論の優先度を思い出し上記2校再考慮
5. 理系が強いというのでCambridge

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

私は比較的時間に自由がきいたため、あまり参考にならないと思いますが、毎日朝6時頃起きて、スタバで3時間以上勉強してから会社に行っていました。朝方なので、夜はあまり勉強せず、寝る前に紙の英語雑誌や本を読んでました(電子機器を見ると睡眠に影響が出るため)。 ちなみに、留学準備という意味では、英語もできず、周りにも先輩がいない中、ここが唯一で最大のAdvantageだと思います。

5.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について

IELTSはテストの解き方は教えてくれるが勉強方法を教えてくれるところは少ないように思う。塾を受けたからといって、点数は上がらないので、毎日のReading, Listening, Speaking, Writingの勉強をローテーションできるように勉強スケジュールを組むべき。すぐには点数は上がらないので継続するしかない。 GMATも基礎から勉強が必要だと思われる。これも継続するしかない。
私は純ドメ私費なのでですが、IELTSとGMATの並行はよくなかったと思っています。IELTS7.0出るまではIELTSの勉強だけで忙しいはずです。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

IELTSは5.5から7.0まで3年で、7.0からGMATに移行して、移行してからは8ヶ月くらい。ただし、GMATに関してはIELTS7.0の1年前から少し勉強していた(これは失敗だったと思っている)。GMATで680取った後に、再度IELTS受講で一度だけ7.5が出た。

7.出願準備について

そもそも何からしていいかわからない。 卒業生に話を聞きにいくように、と言われても、何を聞くのか?自分の夢を喋るのか?でも自分の夢すごい漠然としているけど?
という形になった。
が、結局人に話さないと自分の考えていることが正しいのかわからないので、ある程度考えたら、数人には相談した方が良い。

8.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

長い間支援いただきどうもありがとうございます。授業もそうですが、色々なセミナーが企画されていて本当に助かりました。
戦友や卒業生の皆様と知り合いになれたのもおかげさまです。

9.アゴスを選んだ理由

総合的な情報量。MBA受験は情報戦でもあるので、この点は非常に助かった。
また、IELTSの授業は質が高いと思う。

10.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

諦めない継続
勉強し続ける意志
点数が出なくてもどこかで糧になっていると信じること
家族や周りの支えてくれる人々への感謝

11.留学 / 進学に向けての抱負

この現状の準備期間も有効に使いつつ、必ずや自身のNetworkを大きくして、今後の自身の世界への影響力を強くする礎とする。

12.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

本当に辛いことばかりだと思いますが、合格者はみんなそうです。時間がない方もいらっしゃると思いますが、諦めずに頑張ってください。頑張っているとたまに幸運の女神が味方をしてくれて、良い結果が出ることがあります。