合格者の声

2018年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:K.S.さん
在籍校:慶應義塾大学
合格校:ESSEC Business School
入学校:ESSEC Business School


1.留学を志したきっかけ

将来的に、ビジネスなどで行動や活動範囲を拡大したいと思ったときに英語力などに対して障壁に感じて行動できないということは嫌だなと感じ自分の可能性を最大にしたいなと思い、中高の頃から強く留学を志望していた。
単純に家族が海外旅行好きでよく海外に行ってたこともあり、異文化や新しい環境などに対し強い好奇心があったため。

2.なぜその進路にしようと思ったか

ただの交換留学だったらこの選択はしていなかったと思うという点で、1年間のビジネススクールでの勉強の後に、半年間グローバルインターンシップをでき、さらに、向こうの大学からも学位がもらえるというのが魅力的だった。グランセゴールの学位を持っていることで、海外での自分への信頼性があがり、行動範囲が広がるとも感じた。

3.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

ダブルディグリープログラムは自身の所属する学部では、ESSECだけだったので選択肢がそもそもなかった。
しかし私費留学などと比べたとき、学費は交換留学同様、在籍大学に収めるだけで済むため、経済的理由からこの選択に至った。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

大学生としてすべての遊びややりたいことを犠牲にしてTOEFLに賭けるというのはできませんし、あまりおすすめしません。
自分は海外インターンシップに出願前の夏に行きましたが、結果的にいい経験を積めましたし、TOEFLのスコアは上がりました。
ある程度線引きをしてTOEFLに専念する時期を探すので苦労しました。

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

特に印象に残っているのはTOEFL R/L Strategyコースであり、AGOSにきていなかったら知らなかったであろうたくさんのコツや解き方などを教えていただいた。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

当初掲げていた目標には到達しませんでしたが、出願校に必要な最低点数は、勉強をはじめてから、およそ9か月ほどかかりました。

7.出願準備について

面接を受けるコツとして、面接官や大学側の視点を教えて頂いたのが印象的で、的確に相手が自身に抱くであろう疑問をうまくつぶしながら、面接を受けることができたと思います。

8.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

とにかく質問に対して、クリアに、実践的に説明していただいたのが印象的です。
また大学生になって、自分の甘さを指摘してくれる人がいない中、正しい情報をもとに、厳しい言葉をかけ、奮起させてくれたカウンセラーの方には本当に感謝してます。

9.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

交換留学の選考に一度落ちて、同じように落ちた友人は落胆し諦めていたが、自分の場合落胆したというより、もう一度自分の人生の中で留学がどういう位置づけなのか、なぜ必要なのかということを客観的に分析できたことで、ある意味に気軽にDouble Degree Programに出願できたこと。
つまり、簡単に自分の夢を諦めず、願い続ければ必ず道は開けるということが一つだと思います。

10.留学 / 進学に向けての抱負

たとえその時は苦しくても、それにめげずに色んなことに挑戦しつづける1年半にしたいなと思います。

11.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

自分が憧れる自分を目指して頑張るのがいいのかなと思います。周りの人がどうとか関係ありません、自分に向き合って夢をつかみとって下さい!