合格者の声

2018年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:M.I.さん
卒業校:St. Michaels University School (Canada)
合格校:Ryerson University
合格校:Emerson College
入学校:Ryerson University


1.留学を志したきっかけ

母が英語の先生ということもあり、昔から英語に触れる機会が多かった気がします。そんな母親の影響もあり、高校一年生の時にカナダの寮学校に進学しました。伝統的な日本の女子校に通っていた私には苦しい時期もありましたが、今ではいろいろな人に出会えて、毎日刺激的な生活を送れたことに感謝しています。そんな高校生活後も日本には帰らず、カナダかアメリカの大学に進見たいという気持ちが大きくなっていきました。

2.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

私は大学で学びたいことが初めからはっきりとしていたので自然と学校も絞られました。Performing Artsに特化している学校をリサーチして志望校を決めていきました。

3.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

学校のテストや宿題の締め切りなどと並行するのが大変でした。早め早めに始めることを意識して、College Essayの先生にも積極的にskypeを頻繁に行ってもらいました。

4.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

TOEFLを一番最初に受けたのは高校一年生の終わりでした。その後TOEFL対策の授業を受け、テスト自体も5回受けてやっと自分の行きたい大学に出せるスコアを取得できました。(ちなみに自分の目標点には最後まで届きませんでした)
SATはAGOSで対策授業を受け、カナダの高校で2回受けました。TOEFLの方が断然スコアがよかったので大学に出願するときはほとんど使いませんでした。

5.出願準備について

早め早めが一番です。自分の想像以上に時間がかかるので夏から始めておいて本当によかったなと思います。

6.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

菜海子先生の授業はとてもユニークで、私がカナダの学校に戻ってもSkypeでとても親切に対応してくれました。Personal Essayは特に先生のアイディアや助けを借りていなければ志望校に合格できることはなかったと思います。本当にありがとうございました。

7.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

秘訣と言えるかはわかりませんが、自分の変化に恐れないことは大切だと思います。自分自身アメリカの大学に絶対行くと決めていたので実際にカナダの大学に行くと決めたときは1年前の自分に行ったら信じないだろうな何て思っていました。あまり一つの考えにとらわれずに、広く考えることが秘訣ではないかと思います。

8.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

私が何を言おうと大学進学準備は誰にとってもストレスの多いものには変わりがないと思います。どこに行くことになったとしてもその道は必ず自分の夢やこの先見つかる素敵なゴールに繋がっていきます。(はず!)
同じ経験をした仲間をたくさんをたくさん頼ることを恐れないで自分のペースで頑張ってください!