合格者の声

2018年度合格者からのメッセージ

Photo [UG]
お名前:N.Y. さん
合格校:Western Michigan University
入学校:Western Michigan University


1.留学を志したきっかけ

自分は慶應義塾中等部からの内部生だったので、中学生の頃から大学の交換留学制度について知っており、興味を持っていました。高校の部活引退後、大学生活を充実する上で何をすれば良いかを決めかねていた中で、大学に交換留学制度がある事を思い出し、挑戦する事にしました。

2.なぜその進路にしようと思ったか

交換留学については、高校の同級生の多くが體育會に進む中で、自分にしかできないことに挑戦したいという思いが強かったからです。また、慶應義塾大学の交換留学制度は他大学よりも求められるTOEFLのスコアやGPAが高く、選考を通過する事は難しいと聞いていたので、どうせなら高い目標を持って、それに取り組むことで大学生活を充実させたいと考えました。

3.留学先 / 志望校はどのように絞っていったか

ミーハーな性格なので、どうせ留学に行くなら英語圏でしょ。ってな感じで国をアメリカ、カナダ、イギリス、シンガポールに絞りました。ですが、慶應義塾のカナダとイギリスの協定校はTOEFLの要求スコアが高いという事、シンガポールはシングリッシュを聞き取れないだろうなと考えてやめました。私はTOEFLが70点代だったので、アメリカの大学の中でも出願できる大学は限られました。その中で、競争率の低さ、留学生へのサポートの充実を考えて、最終的にはウェスタンミシガン大学に出願することに決めました。

4.大学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

私は、何かを準備するにあたってはかなり前から準備するタイプなので時間が足りないみたいなことにはなりませんでしたが、ギリギリで準備を開始するタイプの人は交換留学準備に関しては命取りになるので、気を付けた方が良いのではないかと思います。出願までのスケジュールを逆算して、余裕を持って準備に取り組む事が大事です!

5.TOEFL/IELTS/SAT等テスト対策について

アゴスに入学してから初めてのコースだったSpeaking Foundationは、自分の低い英語力で話し続ける事にとても苦労しました。ですが、上手くしゃべれないからと言って、恥ずかしがってしまうと上達は見込めないと思うので、恥は捨ててたくさん話す事が大事なのではないでしょうか。ReadingやListeningに関してもアゴスのやり方を信じて勉強するのが大事かと思います。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

2016年9月 アゴス入校 模擬TOEFL 49点
   10月 TOEFL初受験 58点
2017年7月 2回目の受験 64点
   8月 3回目の受験 78点
目標には届きませんでしたが、11か月で約30点スコアアップしました。

7.出願準備について

慶應義塾大学の留学選考に関していえば、大事なのは書類。これに尽きます。僕自身TOEFLのスコアもGPAも高くなく、なおかつ1年での出願という不利な条件の中で選考を通過する事が出来たのは、留学書類が他の出願者と比べて秀でていたからだという理由以外にないと思います。留学書類を書く上で大事なのは、具体的な将来のビジョンを書いて、それを実現するために留学はなくてはならないという、留学の「必然性」を生み出すことです。これさえ書ければ、面接官にこの子を留学させたいと思ってもらえるような気持ちにさせる事が出来ると思います!

8.アゴス講師 / カウンセラーへのコメント

TOEFLのスコアアップに関していえば、近藤先生にスコアが伸び悩んでいるが、どうしたら良いかという事を相談させて頂き、具体的な勉強法を教えて頂きました。メールのご対応が早く、本当に助かりました。
選考準備に関しては、坂上さんに本当にお世話になりました。知り合いの方に坂上さんを紹介して頂かなかったら、私は留学できていなかったと思います。初めにお見せした留学書類は1か月を要して作ったものだったので、内容には自信がありましたが、初回の添削ではかなり厳しい指摘を頂いたことを覚えています。ですが、その指摘は的確だったので、逆にこの部分を直せばどんどん良くなるなという思いで、修正に修正を重ねました。最終的には面接対策まで担当頂き、自信を持って本番に臨むことが出来ました。

9.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

1年だろうが、TOEFLやGPAが低かろうが、留学書類と面接で何とかなるって事を理解してほしいと思います。そういった留学書類等をきちんと仕上げるためにも、逆算して余裕を持った出願スケジュールを組むべきです。

10.留学 / 進学に向けての抱負

10年後、20年後にこの留学があったから自分はここまで成長できたと思えるような留学にしたいです。ミシガンは寒くて、健康面では苦労しそうですが、学業も課外活動も全力で取り組んで来ようと思います。

11.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

正直、留学準備中は大変だと思いますが、何かを成し遂げた後に見えてくるものはあると思うので頑張ってください。応援しています。