合格者の声

2019年度合格者からのメッセージ

Photo [MBA]
お名前:中條 貢希 さん
合格校:Tulane University
合格校:Southern Methodist University
合格校:Thunderbird
入学校:Tulane University


1.留学を志したきっかけ

他国の人々の考え方や文化を学びたかったからです。

2.なぜ海外の学校に行こうと思ったか

日本人として島国日本に生まれたので、外国の人々に触れる機会は海外旅行の時ぐらいでした。しかし、年齢を重ねるごとに自分が生きている世界の狭さを実感し、危機感を抱きました。自分とは異なった考え方を持った人たちと共に生活し、学ぶことで新しい考え方を身に付けたいです。

3.留学先や志望校はどのように絞っていったか

ビジネスを学びに行きますので、世界経済をリードするアメリカに決めていました。また、日本人が少ないところに行こうとも決めていました。その上で、自分が学びたいことや生活環境を重視して志望校を絞っていきました。

4.留学準備プロジェクトのタイムマネジメントについて

自らの英語力(現実)と真摯に向き合い、計画を練っていくことが重要だと考えています。また、調査しないと見えてこない不安な部分(出願書類準備やキャンパスビジット)は余裕のあるうちに調査をして、スケジュール化することで見える化し、自分に余裕を持たせていました。さらに、息抜きの時間をしっかり作ることでメリハリをきかせていました。

5.TOEFL/IELTS/GMAT/GRE/SAT等テスト対策について

英語が苦手でしたので、とにかく地道に階段を一歩ずつ上がっていく感覚で勉強していました。TOEFL70点代前半→80点代後半へステップアップ出来たのは、個人的には単語の力だと思っています。

6.テスト対策の目標スコアは勉強を始めてからどの位で取得したか

TOEFL、GMATのテストを受験しました。 TOEFLは、勉強を始めて9か月後ぐらいに目標スコア程度まで到達しました。試験は10回程度受験しました。GMATは、目標スコアには到達しませんでした。

7.出願準備について

出願に必要なアイテムやそのアイテムの提出方法などが学校ごとに異なっていたので、それを整理することが大変でした。しかし、そこをしっかり整理し、各校の共通項を発見することで、効率よく準備をすることが出来ました。

8.アゴス講師 / コンサルタントへのコメント

「アメリカMBA受験」という目標を最初はものすごく高い壁のように感じていましたが、それを「達成が十分可能な現実的な目標」へと変化させてくれた講師の方やカウンセラーの方々には感謝しかありません。しかし、まだスタート地点に立てた段階に過ぎませんので、今後も精進してまいります。

9.アゴスを選んだ理由

会社の先輩に勧められたからです。

10.留学 / 進学準備を振り返って、成功の秘訣とは?

苦楽を共に出来る仲間を作ることだと思います。

11.留学 / 進学に向けての抱負

せっかく留学というチャンスを獲得したので、面白い経験をたくさん味わっていきたいと思います。また、家族と共に楽しんでいけたらと思っています。

12.今後留学 / 進学を目指す方へのメッセージ

「留学」はまだしていませんが、「留学準備」というのもなかなか楽しかったイベントでした。とても大変でしたが、その分根性が付いた気がします。ぜひ頑張ってください!